町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
歯周病治療
2016年05月14日 (土) | 編集 |
少し前に歯科治療を行ったネコちゃんのレントゲン写真です。



20160506tah02.jpg


左の頬の部分に、骨のふくらみのようなものがあるのが解るでしょうか?(黄色く囲った部分)



実際にこの部分を手で触ると、骨がゴツゴツと盛り上がっているのが解ります。



また、黄色く斜線を入れた部分は奥歯の歯根部分なのですが、黒く空洞が出来ています。



これは、奥歯の歯根部分に歯周病が生じ、その炎症の影響が頬の骨にまで及んだものと推測されます。




20160506tah03.jpg


問題の部分の術中写真。



歯肉を切開してめくりあげた状態。歯根部周囲の上顎骨が壊死しているのが良く解ります。



この部分がレントゲンで黒く空洞状に写っていた部分(黄色い斜線部分)。



当然、この歯は抜歯処置となりました。




歯根部での歯周病は、歯の問題だけではなく、その周辺組織に大きな影響を与える場合があります。



特に、犬歯や臼歯(奥歯)の歯根は、鼻腔や眼窩(眼球周囲)に接しているため、こういった部分の歯周病が鼻腔疾患や眼窩疾患へと進行することも珍しくありません。




普段の生活で、飼主様がワンちゃん・ねこちゃんのお口の中を詳しくみることはあまりないかもしれませんが、ちょっと意識して唇をめくって観察してみてください。



日頃から観察をしておくことで、歯茎の腫れや口臭などわずかな変化に気づくことができ、歯周病の早期発見につながるかも知れません。