町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
エコーで見つけた消化管内異物
2016年01月28日 (木) | 編集 |
まずはこの超音波画像。



20160128tah01.jpg




胃の中に白く輝く二つの物体。



大きさは5~8mm程度。



薄っぺらい構造のようですが・・・




20160128tah02.jpg




正体はビニールの破片でした。




続いてこちら。



20160128tah03.jpg



吐き気と腹痛を主訴にご来院いただいたワンちゃんの超音波検査画像です。




2cm程度のだ円形の物体。




超音波画像としてはうんちと見分けがつきませんが、触診で触ると便とは明らかに違う弾力がありました。




これの正体は・・・



20160128tah04.jpg



ウンチにまぎれて解りにくいですが、ぬいぐるみの鼻です。




20160128tah05.jpg
被害者




このようなビニール片やぬいぐるみのようなものはレントゲンには写りません。




超音波検査でもそれほどハッキリとした画像が得られるわけではありませんので、評価にはある程度の経験が必要です。



また、ぬいぐるみの鼻のように、画像上は糞便とほぼ変わらないような画像では、触診の所見と総合して判断する必要があります。




一般の飼い主様からすると、「レントゲンや超音波検査をすればお腹の中が詳しくわかるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが・・・




実際には結構難しい部分もあり、検査機械の性能や獣医師の技量、経験にかなり左右される部分があるのです。