町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
歯周病治療 15歳 ミニチュアダックスフンドのAちゃん
2015年12月29日 (火) | 編集 |
先日行った歯周病治療の症例です。



15歳と高齢のワンちゃん。



20151229tah012.jpg



特に前歯は状態が悪く、まるでピアノの鍵盤のようにグラグラな状態。



このような歯はすべて抜かなければなりませんが、前歯は抜歯が容易なため、それほど治療に苦労はしません。



治療が大変なのは、こちらの犬歯。



20151229tah03.jpg



歯石を取り除いた後の写真なので、一見すると問題ないように見えますが…



20151229tah04.jpg



歯周プローブと呼ばれる器具が、ブスリと奥まで入ってしまっているのがお解りいただけると思います。



歯周プローブは歯周ポケットの深さを測定する器具。これが、奥まで入るということは、この歯の根っこはもう役に立っていないということになります。



犬歯の歯根は非常に深く、その最深部は鼻腔とわずか数ミリのところまで達しています。



ここまで歯周病が進行していると鼻腔にまで病変が達している可能性があります。歯の根っこの部分の周辺の組織が壊死して、鼻の穴まで貫通してしまうことがあるのです。



さて、歯槽膿漏が進行しているとはいえ、犬歯の歯根はものすごく頑丈ですから抜歯するのは大仕事です。


まず、歯肉を切開し、歯根周辺の骨を削ります。



20151229tah05.jpg



犬歯の歯根は非常に深く、頑丈なため、無理な力をかけて抜歯しようとすると顎の骨が割れてしまう危険性があるのです。



特に、歯周病が進行した症例では、部分的に顎の骨がもろくなってしまっているので、ますます無理な力をかけるのは危険であります。



20151229tah06.jpg



犬歯を抜いた後には、こんな大穴があきます。これを見ると、ワンちゃんの犬歯の頑丈さが良くわかると思います。



さて、この症例では、幸い鼻腔まで病変が広がることはなかったようですが・・・



隣の前歯の方まで病変は広がっていたようです。



写真の○で囲んだ部分に白く見えてるのが、前歯の歯根。犬歯周辺の歯周病が広がって、前歯周辺の歯周組織まで壊死してしまっているのです。



当然、この前歯も抜歯となります。歯周病は、放置しておくと周辺の歯にまで被害が及ぶことがあるので、なるべく早期に治療した方が良いのです。



20151229tah07.jpg



抜歯した部分には大穴があくのですが、この部分を塞ぐには頬の粘膜を移植する必要があります。


歯周病が酷い症例では、周辺の組織全体に炎症や壊死が生じているため、こういった縫合部の治りも悪くなるで慎重な経過観察が必要になります。




結局、このワンちゃんは2本の犬歯を含め、計14本の抜歯治療となりました。



麻酔時間も2時間半を超えており、15歳の高齢犬にとってはこれも大きな負担になります。



さて、本日で2015年の診療も最終日。ブログの更新も年内最後となります。



また、来年も皆様の大切な御愛犬・御愛猫の健康管理に役立つような情報をブログでとりあげてまいりたいと思います。


もちろん、日常の診療でも、皆様のご信頼、ご期待に添えるように、スタッフ一同精一杯努力を続けてまいりますので、どうぞ来年もよろしくお願いいたします