町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
変形性関節症
2015年11月30日 (月) | 編集 |
「1か月ほど前から後ろ足に力が入らないみたいで・・・」



と言うことでご来院いただいたワンちゃん。



様子を見ると、たしかに右後ろ足をかばうような動きをしています。


そこで、レントゲン撮影をしてみると・・・



20151130tah01.jpg



左の膝関節に比べて、右側がなんだか白っぽくなってモヤモヤしたように見えます。



「変形性関節症」です。



解りやすく言えば「関節炎」。



関節への日常的な負荷(肥満、過剰な運動など)や加齢によって関節構造が消耗、変形していく疾患です。



痛んだ関節軟骨は擦り減り、骨組織の表面はガタガタに荒れていきます。



今回の症例のレントゲンでは、右膝周辺の骨表面が荒れて不整に見えますね。



関節軟骨や周囲の骨が摩耗・変形すると関節の痛みや、可動域の減少につながります。




「変形性関節症」によって生じる軟骨や骨の変化は「不可逆性」です。



つまり、「元に戻ることはない」ということ。


したがって、痛み止めやサプリメント等を使って、症状を緩和し、進行を遅らせることはできても、一度変形を生じた関節を元取りにすることは不可能だということなのです。


一度関節がこのような状態になってしまうと、一生痛みや関節の不具合に悩まされることになってしまうのです。



近年、人間同様にペットとして飼育されているワンちゃん・ネコちゃんでは肥満が大きな問題になっています。



こういった関節疾患も日頃の食事管理が大きく関わっていますので、皆様にはご注意いただきたいと思います。