町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
子宮蓄膿症
2015年10月22日 (木) | 編集 |
御存じの方も多いかと思いますが、ワンちゃんの発情期は春と秋の年2回訪れます。



およそ半年間隔です。



この時期になると我々獣医師が警戒するのが「子宮蓄膿症」。



中高齢の女の子(もちろん避妊手術をしていない)に多い疾患で、発情後の子宮内に細菌感染を起こし、膿がたまってしまう病気です。



この疾患には女性ホルモンの分泌が大きく関与しているため、発情と関連して発症することが特徴です。



症状としては、通常よりも発情の出血が長く続いたり、膿状のオリモノが出てきたり・・・



初期の段階では、元気食欲に影響はないのですが、細菌が増殖するとともに毒素が体内に蓄積し、徐々に食欲が無くなり、最終的には多臓器不全で命を落とす恐ろしい病気です。



20151022tah02.jpg
子宮蓄膿症の症例の超音波検査。
※の部分が膿の溜まった子宮。



この超音波画像は、先日、子宮蓄膿症で緊急手術をおこなったワンちゃんの画像です。



発情が終わったはずなのに、出血が見られたということで来院されました。



この時点ではまだ元気も食欲もあり、一時的にわずかな出血が見られただけ。
普通なら見逃されてもおかしくなかったのですが・・・



たまたま飼い主様が子宮蓄膿症について耳にされたということで、「ひょっとしたら・・・」ということでご来院いただきました。



20151022tah01.jpg
術中の様子。画面右側の子宮が左側に比べて太くなっています。この部分に膿がたまっています。



子宮蓄膿症の治療は、基本的には外科治療。



膿の溜まった子宮を摘出します。



この症例は、飼い主様が初期の段階でお連れ下さったので、膿の貯留はわずかですが・・・



重度の症例では、フランクフルトなみの太さになることも珍しくありません。



20150213tah02.jpg
過去の症例 1

20141003tah01.jpg
過去の症例 2


膿の蓄積が多くなれば、それだけ体内に毒素が吸収されるため、症例の全身状態は悪くなっていきます。



今回の症例では、飼い主様の素早い判断で、体への悪影響も最小限で、翌朝には元気に退院していきましたが、膿の貯留の多い症例では1週間ほどの入院が必要になります。



酷い症例では、手術が成功しても、すでに体内に吸収された毒素によって多臓器不全を起こして亡くなってしまうことも珍しくありません。