町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
食道炎を疑った症例
2015年07月30日 (木) | 編集 |
「御飯を食べると、すぐに吐いてしまう」



と言うことでご相談いただいた症例です。



1歳前後と若いトイプードルの男の子で、基本的には元気で身体検査も問題ありません。



だけど、どうも食欲がイマイチで、御飯を食べてもすぐに吐いてしまうとのこと。



ここで重要なのが、「吐いてしまう」という症状が、「嘔吐:おうと」なのか「吐出:としゅつ」なのかを見極めること。



「嘔吐」というのは、「胃内の食物を吐きだす」ことで、一般的に「吐く」というのはこちらです。



一方、「吐出」と言うのは「食道内の食物を吐きだす」現象です。



食道の狭窄や閉塞、運動異常により、食物が胃内に流入せず、食道内に停滞。それを吐きだすのが「吐出」です。



嘔吐との見分けは、「横隔膜の収縮を伴うかどうか」です。



嘔吐の場合は、横隔膜が収縮し、「オエッ、オエッ」と苦しみながら吐きだします。



吐出の場合は、食道内に残った食物が、何かの拍子にゲボッ!と吐きだされるため、苦しむ様子や横隔膜が収縮する様子がみられません。



「嘔吐」の場合は、基本的には胃・腸の疾患として検査・治療を行うのですが、「吐出」の場合は食道疾患として考えなければならないため、これらの見極めは非常に重要になります。



特に、若いワンちゃんでは、先天的な心臓血管の奇形により、食道狭窄が発生する場合があるため、非常に重要なポイントになります。



ということで、こちらのワンちゃんでは「嘔吐」ではなく「吐出」が疑われましたので、食道の運動性を評価するため、レントゲン検査をおこないました。



20150730tah01.jpg



バリウムを含ませたドッグフードを食べさせてからレントゲン撮影。



胃の中に飲み込んだ食物が写っていますが、左側の食道内にもフードが残っている様子が観察されます。



どうやら、完全な食道閉塞や狭窄はないようですが、食道の運動機能の低下が起きているようです。



そのため、食道内に飲み込み切れずに残った食物を、「吐出」しているようでした。



「食道炎」を疑う所見であります。



「食道炎」は、胃酸の逆流や、異物誤嚥による食道外傷、化学物質の誤嚥などが原因となって発症します。



症状は、嚥下時の痛みや、食欲不振、吐出などですが、症状がハッキリしないことも多く、見逃されることも多い疾患であります。


確定診断には内視鏡が必要になりますので、今回の症例でも、あくまでレントゲン所見と臨床症状からの推測になります。



軽度の食道炎であれば、自然に治癒することもあるようですが、重度になると食道狭窄を起こし、治癒困難になることも少なくないため、注意が必要な疾患です。