町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
前歯の歯周病
2015年07月10日 (金) | 編集 |
歯科治療の様子です。


症例は、今年で10歳になったばかりのダックスフンド。



実は、2年ほど前にも一度歯石クリーニングをしたことがあるので、一見、歯は奇麗なように見えます。



20150710tah011.jpg



ですが・・・



下唇をめくってみると・・・



20150710tah022.jpg



下顎の前歯が重度の歯周病で全滅です。



残念ながら、この前歯はすべて抜歯となりました。




飼い主様は普段から、歯磨きをしていらっしゃったのですが、下唇をめくったことはなかったそうです。



そのため、他の歯はとても奇麗に維持されていましたが、下顎の前歯の部分だけが極端に歯周病が進行してしまっていました。



さらには、このワンちゃんは、普段からタオルを咥えて引っ張る遊びが好きなんだそうです。



タオルを引っ張る遊びをすると、前歯・前歯周辺の歯肉に負担がかかり、このように歯周病が極端に進行する症例が多いようです。



ワンちゃん・ネコちゃんお歯を健康に維持するためには、普段からしっかり唇をめくって、隅々まで観察することが大切です。