町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
拡張型心筋症 1
2015年02月26日 (木) | 編集 |
小型犬としては珍しい心臓病の症例です。



「1週間ほど前から余り動きたがらなくなった。昨日からは食欲も無くなってしまった」



と言うことで来院された症例です。



症例は、今年15歳になるミニチュア・ダックスフンドの男の子。


こちらのワンちゃんは、昨年の11月に一度、椎間板ヘルニアの疑いで治療した経歴があるので、電話でお話しを伺った時点では、「また腰痛かな・・・」と思っていたのですが・・・


実際に診察を始めると、意識はあるものの、ぐったりとして、立ち上がることすらできません。



どうも呼吸状態がおかしいようです。



一生懸命胸を動かして呼吸をしている(努力性呼吸)のですが、聴診器を当てても呼吸音があまり聞こえません。



本来、これだけ大きく胸を動かして呼吸をしていれば、聴診器をあてた際に通常よりも大きな呼吸音が聞こえるはずなのですが・・・


こういったときに、一番に疑われるのは、「胸水」です。




すぐに、超音波・レントゲンで胸の内部を確認します。



20150226TAH01.jpg
※重度の呼吸困難症例では、レントゲン撮影は負担になることがあるため、省略する場合があります。



超音波では、案の定、胸の内部に液体貯留を示す所見がありました。レントゲンでも同様です。



正常なレントゲンと比べると一目瞭然ですが、胸の内部に液体が貯留(胸水)しているため、心臓の陰影が覆い隠されて見えなくなってしまっています。



20150226TAH04.jpg
別症例のレントゲン。心臓の陰影がハッキリと解ります。





胸水が溜まる原因は、心臓病、腫瘍などが一般的ですが、まずは原因究明よりも一刻も早く胸水を抜いてあげなければなりません。



胸水が溜まると、肺が圧迫されて膨らむことができなくなるため、重度の呼吸困難をおこします。



そのため、色々な検査をするために、体を押さえたり、ひっくり返したりすると、呼吸状態のさらなる悪化を招き、最悪の場合、呼吸停止・心停止につながる場合があります。



胸水が確認された症例では、その他の追加検査は後回しにして、まずは胸水を抜き、呼吸状態を改善するのが最優先なのであります。



今回の症例も、すぐに胸水を抜き、酸素室での管理となりました。
※胸水は、ほとんどの症例で無麻酔で、肋骨の間から注射針を刺して抜くことができます。




つづく・・・