町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
甲状腺ホルモンの測定
2014年12月12日 (金) | 編集 |
ここ最近、やたらと続いた病気の中からのご紹介です。



「甲状腺」についての病気であります。



「甲状腺」と言うのは、喉のあたりにある臓器で、甲状腺ホルモンを分泌する働きを持っています。



「甲状腺ホルモン」は、生体の代謝機能の調節や、正常な成長・発育に大きな役割を果たしています。



この「甲状腺ホルモン」の分泌バランスが崩れることで、病気として症状があらわれてくるのですが・・・



不思議なことに、ワンちゃんでは甲状腺ホルモンの分泌が低下する「甲状腺機能低下症」が多く・・・


一方、猫ちゃんでは甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる「甲状腺機能亢進症」が多いのであります。








20141212tah01.jpg
甲状腺機能低下症のワンちゃんの検査結果。
T4・FT4が犬の甲状腺ホルモンの値。
参考値=正常値と考えて下さい。



甲状腺機能低下症では、代謝や発育に係わる甲状腺ホルモンが不足するため・・・


活動性の低下・低体温・無気力・肥満・皮膚症状(脱毛、感染症、フケ症など) といった症状がみられます。








20141212tah02.jpg
甲状腺機能亢進症の猫ちゃんの検査結果
T4が甲状腺ホルモンの値。



甲状腺機能亢進症では、代謝や発育に係わるホルモンの分泌が過剰になるため・・・




行動の変化(攻撃的・活動的)・体重減少・食欲増進・下痢や嘔吐・頻脈(心拍数の増加)といった症状が認められます。




どちらの病気も、比較的高齢になってから発症する病気ですので・・・


「最近、あまり動きたがらないけど年のせいかしら?」(甲状腺機能低下症)


「最近フケっぽくなって、毛が薄くなってきたけど、年のせいかしら?」(甲状腺機能低下症)


「最近痩せてきたけど・・・年だし仕方ないかな? でも、元気に動き回ってるし、食欲もあるから大丈夫じゃない?」(甲状腺機能亢進症)


と言った感じで、飼い主様が気が付きにくい病気であります。



症状だけを見ると、それぞれ大した症状には見えませんが・・・



生命の根幹である代謝活動に係わるホルモンの異常ですので、長期間放置してしまうと、命にかかわることもある病気であります。




自分で言葉をしゃべることのできないワンちゃん・猫ちゃんの健康管理においては、日頃のちょっとした体調の変化や行動の変化が、重大な病気の発見につながる大切な手掛かりになることも珍しくありません。




「あれ、どうしたんだろう?」



と疑問に思ったことは、どうぞ御遠慮なさらず、獣医師・看護師・受付スタッフにご相談くださいませ。