町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
脾臓の腫瘍
2014年09月23日 (火) | 編集 |
前回は、健康診断で見つかる異常として、胆嚢の異常についてとりあげましたが・・・



本日も、同じように健康診断で見つかることの多い異常です。



こちらは、わんにゃんドックで撮影した腹部レントゲン画像。



元気も食欲も全く問題なく、一般身体検査でも何も異常は見つからなかったワンちゃん。


20140923tah04.jpg


ですが、腹部レントゲンで、直径3cm程度のボール状の「しこり」が見つかりました。



位置からすると、「脾臓」にできた腫瘤が疑われます。



超音波検査で詳しく調べると・・・



20140923tah03.jpg



やはり、脾臓の先端部分に直径25mm程度の腫瘤が見つかりました。







脾臓は、比較的腫瘍ができやすい臓器です。



しかも、脾臓に発生した腫瘍の1/3~2/3は悪性であるというデータがあります。



脾臓にできる悪性腫瘍としては、「血管肉腫」と呼ばれる腫瘍が多いのですが、この「血管肉腫」は急速な増殖と、広範囲な転移を特徴とするため、慎重な診断・治療が求められます。



脾臓の良性腫瘍としては、「血腫」や「結節性過形成」などが一般的です。







脾臓の腫瘍は、良性・悪性関わらず、ほぼ無症状のまま経過し巨大化していきます。



そして、ある日突然、巨大化した腫瘍が破裂し、大出血を起こすことで急激な虚脱状態に陥り、緊急で病院につれてこられるケースが多いのです。




脾臓腫瘍の恐ろしいところは、良性腫瘍であっても、巨大化した腫瘍が出血し、命にかかわる事態に陥る可能性があるところです。



また、腫瘍の良性・悪性の区別は、レントゲン検査や超音波検査ではできず、切除した腫瘍組織そのものを検査しなければ判別できません。



そのため、脾臓に腫瘤が見つかった場合は、良性・悪性に係わらず、積極的な外科切除が勧められるのです。




20140923tah01.jpg
術中の写真。レントゲン、超音波で観察された通り、3cm弱の腫瘤が脾臓先端部に存在します。
組織検査の結果、「結節性過形成=良性」との診断でした。



出血が起きるまで発見されなかったような脾臓腫瘍では、手術中の死亡率も高く、術後の生存期間も転移等の問題から6か月~1年程度と短くなっていますが・・・




今回のように、無症状のうちに早期発見できた症例では、悪性であったとしても完治が望めます。





我々人間もそうですが、ワンちゃん・ネコちゃんにとっても、定期的な健康診断は非常に大切ですね。