町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
胆泥症
2014年09月21日 (日) | 編集 |
わんにゃんドック等で、日常的に健康診断をおこなっていると、一見健康に見える中高齢のワンちゃんで、肝臓の血液検査数値が上昇しているような症例に良く遭遇します。




本人は元気・食欲など問題なく、数値自体も極端に悪いというわけではないのですが、正常値の2~3倍程度の上昇を示します。




肝臓の血液検査数値の上昇の原因は、加齢、肥満、食生活、炎症、ホルモン異常、腫瘍etc 色々な原因が考えられます。



肝臓の血液検査では、肝臓の数値が上がっている(=何らかのダメージが肝臓に加わっている)ことは解っても、「なぜ数値が上がるのか?」は解りません。



肝臓数値の上昇の原因を知るには、レントゲン検査や超音波検査、場合によっては組織検査(肝臓の一部を採取して検査する)を組み合わせなければなりません。



組織検査をおこなうには、肝臓の一部を採取するなど外科的な処置が必要になりますので、まずはレントゲンや超音波など動物への負担の少ない検査から進めていきます。



そうして、検査をしていて、よく遭遇するのが「胆泥症」。



「胆泥」と言うのは、胆嚢(たんのう)と言う消化液を分泌する袋状の器官の内部に、消化液が停留して泥状に濁ってしまった状態です。



この「胆泥」が肝臓数値の上昇の原因になっていることがよくあります。



胆嚢(たんのう)は、肝臓で生産された胆汁(たんじゅう=消化液)を貯蔵・分泌する役割を持っています。



20140921tah01.jpg
正常な胆嚢(たんのう)。黒く空洞に見える部分は、内部に貯留した胆汁(たんじゅう=消化液)。



正常な状態の胆汁は、超音波で濁りの無い透明(=黒)の状態に描出されます。


「胆泥症」の症例では、「白い濁り」が超音波で観察されます。



20140921tah02.jpg
左側の白く濁った部分が胆泥



「胆泥」の貯留は、犬種や体質、加齢、食生活が原因になることもあれば、ホルモン異常、脂質代謝異常、消化器の炎症などの疾患が原因となっていることもあります。



したがって、少量の胆泥貯留であれば、生理的なものであることも多く、治療が必要になることもありません。



しかし、胆泥の貯留が重度になると、胆汁の分泌が妨げられたり、胆嚢炎を起こす場合があります。



また、胆泥症の症例の中には、「胆嚢粘液のう腫」という状態に進行するケースがあります。



20140921tah03.jpg
重度の胆泥症から引き起こされた、「胆嚢粘液のう腫」。固くゼラチン状に固まった胆泥と、炎症を起こした胆嚢が描出されています。




「胆嚢粘液のう腫」になると、胆嚢炎や膵炎などに進行したり、最悪の場合は胆嚢破裂を起こし、致命的な腹膜炎を起こす場合もあります。



すべての「胆泥症」の症例が、「胆嚢粘液のう腫」に進行するわけではありませんが、進行してしまってからでは手遅れです。



したがって、中程度~重度の胆泥症の症例では、生活習慣の改善や、投薬によって、胆泥症の悪化を防ぎ、経過観察をする必要があると考えられます。



胆泥症・胆嚢粘液のう腫は、重症化するまでは目立った症状を起こさないことも珍しくありません。



定期的な健康診断で、早期発見することが大切になります。