町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
咳がでる
2014年08月08日 (金) | 編集 |
「咳が出る」



というのは、心臓疾患の代表的な症状であります。



その原因の一つが、先日もお話しした「肺水腫」



20140721tah01_20140721112325c3c.jpg


心不全により血液循環に滞りが生じることで、肺内部に水分がしみだしてきてしまいます。


そのため、咳や呼吸困難が生じます。プールで水が肺に入ってきた感じをイメージしていただければ解りやすいですね。



心不全時の咳の原因は、他にもございます。



そのひとつが、拡大した左心房による気管圧迫。



心不全に陥った心臓は、血液循環の異常から心臓内に血液が過剰に貯留してしまいます。



その結果、心臓が水風船のように大きく膨らんでしまいます。


心臓(特に左心房と呼ばれる部分)が膨らむと、その真上にある気管が圧迫されてしまいます。


20140807tah01.jpg
黄色い線で示した部分が気管。拡大した左心房に圧迫され、つぶれている様子が解ります。




正常な心臓と気管
20140807tah02.jpg



このように、気管が物理的に圧迫を受けることで咳が出てしまいます。



首を圧迫して気管を押すと、咳が出るのと同じことですね。



同じ「咳」という症状でも、このように原因が微妙に異なることがあるので、しっかりとそこを見極めて治療を行うことが大切です。