町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
食物アレルギーの典型的な症状
2014年07月28日 (月) | 編集 |
こちらは、典型的な食物アレルギーを発症したワンちゃんの写真です。



20140728tah01.jpg



アレルギーの引き金になる食物を食べて、その日のうちのご覧のように口周りに赤く皮膚炎が発症しました。



痒みが強く、自分で引っ掻いてしまうので、ところどころカサブタになっています。



20140728tah02.jpg



眼の周りにも同様の症状がでています。



ワンちゃんでは皮膚炎の症例が多く、当院で診療するワンちゃんの20~30%程度には、何らかの皮膚炎が認められるくらいです。



ワンちゃんの皮膚炎には、犬種の特性や、アトピー、ノミアレルギー、食物アレルギーなど様々な要因が関わります。



食物アレルギーがワンちゃんの皮膚炎に係わっている割合はそれほど高くないようで、全皮膚疾患中の1~5%程度だということです。



実際に診療していても、だいたいその様な感じですね。



食物アレルギーを起こしたワンちゃんでは、ご覧のように口周りや眼の周り、耳などに痒みが生じることが多いようです。



今回の症例では、普段あまり食べさせていないオヤツを食べさせた後に症状が発症したので、食物アレルギーを疑うことが比較的容易でしたが・・・


普段から食べている食物に、いつの間にかアレルギーを起こすようになってしまったような症例ですと、飼い主様が気がつかないうちに少しずつ皮膚炎が進行するので、一般的な皮膚炎や、アトピー性皮膚炎などと区別するのが難しいことがあります。



耳や目、口周りに慢性的な皮膚炎が続いているような症例では、一度食物アレルギーを疑って検査してみるのも有効な手段となります。