町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
股関節の変形
2014年07月07日 (月) | 編集 |
股関節のレントゲン写真です。


1.このワンちゃんの股関節と・・・
20140707tah02.jpg




2.こちらのワンちゃんの股関節。
20140707tah01.jpg


ずいぶんと関節の形が違うのですが、お解りいただけますでしょうか?



1のワンちゃんの股関節は、奇麗な円形をした関節で、ガッチリと固定されている様子が良くわかると思います。



それに比べて、2のワンちゃんの股関節は、関節全体が平べったく変形して、しっかりと固定されていないように見えます。



「変形性関節症」です。



「変形性関節症」というのは、股関節や肘関節、膝関節と言った関節部分の、骨と軟骨が変形し、痛んでいってしまう病気です。



原因は様々ですが、生まれつきの関節の緩みや、形成不全がもともとにあり、そのせいで日常的に関節にストレスがかかった結果、関節と軟骨が傷んで変形してしまうことが多いようです。



2の写真は4歳の小型犬なのですが、すでに関節の変形が重度です。



このままでは、近い将来関節の痛みで歩けなくなってしまう恐れがあります。



このワンちゃんが、4歳という比較的若い年齢でここまで関節が変形してしまったのには、「肥満」が大きくかかわっています。



本来はベスト体重が2.5kgくらいの、かなり小さめのワンちゃんなのですが・・・



1歳の誕生日の頃には3.2kg。



3歳になった頃には5.2kgと、極度の肥満。
※ベスト体重の2倍。人間に例えると、ベスト体重50kgの女性が100kgと言うことです。


4歳になった現在は、何とか体重4kgまで減量しましたが・・・それでもベスト体重からは程遠い状態。



このように、生後間もない時期からの極度の肥満が、関節に常に負荷をかけ続けた結果・・・



ご覧のように、重度の「変形性関節症」を引き起こしてしまったのです。



もちろん、肥満だけが問題なわけではなく、おそらくもともとの関節にも、ある程度の緩みなどの生まれつきの不具合があったものと思われます。


さすがに、肥満だけが原因ではここまでは酷くなりません。



ですが、重度の肥満が無ければ、ここまで急激に悪化はしなかったはずです。



現在、重度の肥満は「肥満症」として病気の一つと考えられています。



重度の肥満は、今回のワンちゃんのように、関節や骨格に障害を及ぼしたり、心臓や肺などにも悪影響を及ぼします。



また、ホルモン分泌や代謝機能などが関わる病気にも大きな影響を与えるのです。




厳しい言い方になりますが、動物の肥満と言うのは、100%飼い主様の責任です。



どんな理由があったとしても、そのワンちゃんに食事を与え、運動に連れていくのが飼い主様である以上、食事量や運動量を適切に管理する責任が飼い主様にあるのです。



可愛い顔で、「オヤツちょーだい!」と要求されると、ついつい与えたくなってしまう気持ちも解りますが・・・


そこは、やはり飼い主として、家族(父・母)として、健康を第一に考えて、適切に管理をしていただきたいと思うのです。