町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
墨だし
2008年10月30日 (木) | 編集 |
本日はテナントで「墨だし」が行われたので確認にいって来ました。

「墨だし」とは工事の進行に必要な基準線を引く作業で、「墨つぼ」をつかって地面や天井に基準線を引いていきます。

墨だし

この基準線を引くことで、実際の間取りが地面に描かれていきます。
この線にあわせてベニヤ板を立て、それを壁代わりにして、実際の部屋の大きさをイメージしていきます。

ほぼ問題はなかったのですが、診察室が若干窮屈に感じました。

そこで、診察室横の通路を少し狭めることで診察室に余裕を持たせることにしました。
その他は図面どおりで進めることになりました。
十分に広いというわけではないですが、能率的に働けるスペースは確保できたと思います。

その後すぐに、基準線にしたがって水道の配管が始まりました。

水道配管 水道配管2

動物病院では水場が多く必要になります。
検査室、処置室、手術室、ドッグラン(走れるほどのスペースではないですが)、洗濯機、医局、受付トイレなどなど・・・

部屋によっては処置台用と食事管理用など複数のシンクが必要になるので、病院全体で合計10ヶ所も水道設備が存在します。
合計10部屋の病院なので、1部屋に1ヶ所の計算ですね。

これらの配管を既存の床に張り巡らせて、この上に新たに床を新造するようになります。

一週間後には内装の柱が出来上がるそうです。
着々と形になりつつあります。