町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
狂犬病ワクチン接種時の諸注意
2014年03月31日 (月) | 編集 |
狂犬病ワクチンの接種は、4~6月です!。


おそらく、ワンちゃんを飼っていらっしゃるお宅には、町田市から狂犬病ワクチン接種のご案内が届いていることと思います。



6月を過ぎても接種は可能ですが、あまり遅れると市から督促状が届いてしまいますので、ご注意くださいませ。



さて、狂犬病ワクチンを接種する前に、皆様に知っておいていただきたいことがいくつかございます。



1.過去に一度でも狂犬病ワクチンで強い副作用が出たワンちゃんは、接種できません。


狂犬病ワクチンに限らず、ワクチン接種にはある程度の副作用が付き物です。
「接種後少し熱っぽいな・・・」とか、「なんか元気なくなるな・・・」という程度なら問題ないですが、「顔がパンパンに腫れてむくんでしまった」、「完全にぐったりとして動けなくなった」などの重度の副作用が出たことがあるワンちゃんでは、命にかかわる場合があります。
安易に接種せずに、獣医師にご相談くださいませ。



2.接種後は安静に。


ワクチン接種後に、激しい運動をすると、副作用が出やすくなる可能性があります。




3.混合ワクチンとの同時接種はできません。


狂犬病ワクチンと、それ以外(8種混合・5種混合など)のワクチンを同時に接種することはできません。
種類の違うワクチンを同時に接種すると、お互いの効力が邪魔しあってしまい、十分に免疫力が身につかない場合があります。

「狂犬病ワクチンを接種した後は、次のワクチンを接種することができるのは1週間後」

「混合ワクチンを接種した後は、次のワクチンを接種することができるのは4週間後」

と、それぞれ決まりがあります。
特に、3月中に混合ワクチンを接種された方は、4月中の狂犬病ワクチンの接種については、よく日付をご確認くださいませ。



4.牛肉や卵にアレルギーをもっているワンちゃんは要注意


ワクチンに、卵や牛の血液の成分が含まれている場合があるために注意が必要です。



5.何らかの疾患を治療中のワンちゃんは、接種の可否について獣医師とご相談ください。


ワクチン接種は、万全の体調でなければ、十分な効力が発揮できません。
何らかの病気を患っている場合は、投薬中のワンちゃんは、接種の可否について、獣医師にご相談くださいませ。




当院でも、4月から狂犬病ワクチン接種の受付を始めます。

ご要望の方は、電話にてご予約くださいませ。

042-711-7612

※接種手続き・接種料は町田市集合注射と同様です。
※ワクチン接種の受け付けは、平日は夕方5時まで日曜日は午前10時までとなっております。