町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
目の下が腫れてきた!
2014年03月07日 (金) | 編集 |
「左目の下が、急に腫れてきた!」



ということで来院された症例のレントゲン写真です。



20140307tah.jpg

クリックで拡大


青い矢印(長)で示した部分を見ていただくと、右側に比べて腫れあがっているのが解ります。



この「腫れ」の原因は歯にあります。



青い矢印(短)は、上アゴの奥歯を示しています。


左右の矢印の部分を比べていただくと、左側の骨の一部が歯周病で溶解してしまい、黒く隙間があいているのがお解りいただけると思います。



この部位の歯周病が悪化し、内部に膿がたまったために、眼の下まで腫れが広がってしまったのです。



ワンちゃんで、眼の下が腫れたりした場合は、この部分の歯周病が原因になっていることがほとんどです。



とりあえず、抗生物質と消炎剤で一時的に症状を緩和することはできますが、根本的に治療するには、歯周病を起こした歯を抜歯しなければなりません。



ところで、右側の奥歯を指しているオレンジ色の矢印は何かというと・・・



この部分も歯周病で骨が溶けてしまっているのです。



左側の同じ部分と見くらべると、黒く骨が透けてしまっているのが解ると思います。



今回、目に見える症状として現れたのは左側でしたが、この右側の歯も抜歯しなければ、近い将来同じような症状を引き起こす可能性があります。