町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
縫合糸反応性肉芽腫と、それに伴う無菌性脂肪織炎 3
2014年02月13日 (木) | 編集 |
免疫機能が暴走し、無菌性脂肪織炎を発症したワンちゃんの続きです。


20131222trtah01.jpg


前回お話ししたように、この種の炎症反応は細菌感染などとは無関係に発症しますので、抗生剤を投与しても効果がありません。



暴走した免疫反応を抑えるために、免疫抑制剤を使用します。


動物医療で主に使用されるのは、プレドニゾロンというお薬。


免疫力を抑制する作用があり、様々な免疫疾患に使用するお薬で、アレルギー治療にも使用されます。


ただ、プレドニゾロンは免疫反応を抑制するため、細菌感染を起こしやすくなるという副作用があります。


そのため、感染予防として抗生剤を併用する必要があります。






さて、プレドニゾロンの投与を開始してどうなったかというと・・・





投与開始から二日後の12月24日



20131224trtah01.jpg


たった2日でこの状態です。



まだ所々、皮膚に穴が開いた状態ですが、あんなに激しかった組織の炎症が、すでに下火にななり、皮膚の再生が始まっています。
※この症例の治療には、プレドニゾロンだけでなく、皮膚の修復を助けるジェル剤も使用しています。


穴のところは、縫合して治すのが一番良いのですが、この段階ではまだ皮膚組織が脆弱で、縫合しても皮膚が裂けてしまう可能性が高いので、このまま様子を見ます。



つづいて、12月28日の様子。



20131228trtah01.jpg


穴の部分の皮膚組織もだいぶしっかりしてきました。


そこで、この部分の縫合をおこないます。


とはいえ、まだまだ皮膚組織は弱い状態なので・・・



20131231trtah01.jpg


このように、傷口の修復を助ける作用のあるパットを利用し、皮膚にかかる圧力を分散させてやります。




そうして、年をまたいで2014年1月14日


20140114rtah01.jpg



まだ一か所、抜糸が済んでいないところがありますが、ほとんどの皮膚が再生してくれました。



ただし、ここまで良くなっても安心できないのが免疫異常による疾患です。



炎症が治まったら、免疫抑制薬(プレドニゾロン)を徐々に減量していくのですが、その過程で、また免疫が暴走を始め、症状が再発する可能性があるのです。



時間をかけて、徐々に投薬量を減らし、再発の有無を慎重に見極めなければなりません。



こちらのワンちゃんでは、2月6日の時点では、再発もなく順調に投薬量を減らすことができていますが、まだまだ油断せず、慎重に様子をみている途中であります。