町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本日のわんにゃんドック
2013年11月25日 (月) | 編集 |
本日もわんにゃんドックの話題です。




先週の土曜日におこなった「わんにゃんドック」。MIX犬の福ちゃんです 




20131125tah01.jpg



今月末で6歳になる女の子です 



2010年から毎年継続してドックを受けていただいており、今年で3回目のわんにゃんドックであります 



以前から、少し心電図上での異常が認められていたり、肝臓の血液検査数値に軽度の異常があったりと経過観察が必要な点があるのですが・・・



それらの問題については、今年も大きな変化はなく、引き続きの経過観察で




・・・だったのですが・・・ 




今年は歯槽膿漏が見つかってしまいました 




20131125tah020.jpg


上の前歯。丸で囲った部分が歯槽膿漏で、すでに歯にグラつきが認められます。



その他の歯は、歯石は付いているものの、それほど歯周病は進行している様子はなく、この歯だけが極端に病状が進行してしまっています。



おそらく、食べ物のカスが挟まってしまい、その部分だけが他の部分よりも早く歯周病が進行したのでしょう。



歯周病が進行すると、その部分の歯茎がやせてしまい、ますます歯と歯茎に隙間ができてしまうので、また汚れが溜まりやすくなるという悪循環に陥ってしまったのかもしれません。



残念ながら、この歯は抜歯治療が必要です 



後日、あらためての歯科治療となってしまいました 



ただ、今回、この異常に気がつかなければ、あと数カ月後には歯槽膿漏が進行し、両隣の歯も抜かなければならなくなるところでした 



プラス思考で考えれば、今回気がついたことで、「両隣の歯は守れた」ということになりますね