町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
カーペットの飾り紐 1
2013年11月04日 (月) | 編集 |
2~3日前から吐き気が続くということでご来院いただいたワンちゃん。



初めに吐いた時には、カーペットの飾り紐が出てきたそうです。



その後、普通に元気にして食欲もあったので、様子を見ていたそうなのですが・・・



数日たっても吐き気がおさまらず、元気・食欲もなくなってきたので、これはおかしいということでご来院いただきました。




身体検査では明らかな異常は見当たりませんでしたが・・・




超音波検査をおこなったところ、




20131103tahecho.jpg
stomach=胃  duodenum=十二指腸



胃の出口から十二指腸につながる部分に白い謎の物体が・・・



角度によっては、細長く十二指腸の先にまでつながっているようにも見えます。



もしかしたら、カーペットの飾り紐かもしれません。



グシャグシャと塊になった部分が胃の出口にひっかかってしまっているように見えます。



さらに詳しく状況を把握するために、「造影剤」を使ったレントゲン撮影をおこないます。



20131103tah01.jpg



中央に写っているのが胃。



白く光っている部分が「造影剤」です。



正常なら、造影剤は、投与後30分程度で胃から腸に流れ始めるのですが・・・




このワンちゃんでは1時間待っても造影剤が胃から流出する様子はありません。




「カーペットの飾り紐」かどうかはともかく、やはり何かが胃の出口に詰まってしまっているようです。




残念ながら、試験開腹で胃内・腸内の状況を確認しなければならないようです。



診療後の緊急手術となりました。



つづく