町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
猫白血病ウイルスと縦隔型リンパ腫
2013年09月30日 (月) | 編集 |
呼吸困難を起こした症例のレントゲン画像です。




20130930tah01.jpg


胸を横から見たレントゲンです。

左側が頭の方向。

右側がお尻の方向。


胸の前側に大きな腫瘍(黄色○で囲った部分の白いところすべてが腫瘍)があるせいで、気管が圧迫されています(赤矢印部分)。


正常な猫ちゃんのレントゲンはこちら。

20130930tah02.jpg



腫瘍の部分を、超音波で検査すると、こんな具合です。


20130930tah03.jpg



「縦隔型リンパ腫」を疑う所見です。
※縦隔:胸の中心部で、食道や気管が通る部分。


「リンパ腫」というのは、リンパ細胞が腫瘍化する「悪性腫瘍」のこと。


発生場所によって、「腎臓型」や「多中心型」、「縦隔型」などに分類されます。


この中でも、「縦隔型」は、1~3歳程度と若い年齢のネコちゃんで発症するのが特徴。


さらに、発症したほとんどのネコちゃんに「猫白血病ウイルス」の感染が関わっています。


20130930tah06.jpg
同症例の血液検査結果。「FeLV」というのが「猫白血病ウイルス」のことです。
「FIV」は「猫エイズウイルス」。



つまり、ほとんどの「縦隔型リンパ腫」は、「猫白血病ウイルス」によって引き起こされているということが言えます。



抗がん剤を用いた治療は可能ですが、治癒することは少なく、90%は数カ月~2年で亡くなってしまいます。


抗がん剤を用いない場合は、診断から1~2カ月程度の余命とされています。



20130930tah04.jpg
「縦隔型リンパ腫」では、胸の内部に「胸水」が溜まることがあります。
「胸水」に含まれていた腫瘍細胞。



悪性の腫瘍細胞は、盛んに細胞分裂をおこないます。


20130930tah05.jpg
赤い矢印の部分が、核分裂を起こした細胞核。


核分裂を起こしている細胞が見つかるということは、これらの細胞が「ガン細胞」で、盛んに増殖していることを示しています。



先ほども述べたとおり、「縦隔型リンパ腫」は「猫白血病ウイルス」に感染した、極めて若い猫ちゃんに発生する致死的な病気です。


「猫白血病ウイルス」は、地域差はありますが、野良ネコちゃんを中心に、外出する家庭猫など世界中のネコちゃんに発生が認められます。


本来、「猫白血病ウイルス」はそれほど強力なウイルスではなく、成猫であればウイルスに接触しても、一時的な感染で済むことがほとんどです。



ですが生後4カ月までの若い猫ちゃんは、「猫白血病ウイルス」に対する感受性が高く、ウイルスに接触すると、70~100%の症例で、「持続感染」に陥ります。
※持続感染:ウイルスが常に体内で増殖している状態。


そして、持続感染を起こした猫ちゃんのほとんどが、ウイルスに関連した疾病で2~3年のうちに亡くなってしまうのです。



近年では、猫ちゃんを自由に外出させるお宅は減ってきていると思いますが、野良ネコちゃんを保護された場合や、「お外に出るネコちゃんが生んだ子猫」を譲り受けた場合などは、ウイルスの感染の有無を確認しておく必要があります。


とはいえ、ウイルスの持続感染が見つかったとしても、残念ながら治療法はありません。


保護して飼い始めた猫ちゃんがウイルスに感染していた場合は、いずれ何らかの問題が起きることを覚悟しつつ、別のネコちゃん(特に仔猫)への感染を広げないように注意して飼育するしかないのです。。。



猫白血病ウイルスに対しては、ワクチンも開発されていますが、一番確実なのは猫ちゃんを外出させないことと、家庭内にウイルス感染した猫ちゃんを入れないこと。


ウイルス感染自体は、血液検査で簡単に調べることができますので、複数の猫ちゃんを飼育する場合や、野良ネコちゃんを保護したりする場合には、事前に調べておくことをお勧めいたします。