FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
両側会陰ヘルニアの手術 トイプードルのケース
2019年09月19日 (木) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




今までにも何度かご紹介してきた疾患ですが・・・




「会陰ヘルニア」です。




今回の症例はトイプードルの男の子(未去勢)。



会陰ヘルニアは肛門周囲で直腸を支えている筋肉が虚弱化することで、肛門横に「脱腸」を起こす疾患です。




筋肉が弱体化する理由ははっきりと分かっていませんが、男性ホルモンが関与している可能性が示唆されています。




実際に未去勢のワンちゃんに多い疾患で、去勢手術をおこなうことで予防につながるのではないかと考えられています。



今回のワンちゃんも未去勢の男の子。




しかも、今回は両サイドの会陰ヘルニアです。




20190910tah01.jpg
矢印で示した部分が会陰ヘルニア。肛門両側に脱腸のふくらみが認められます。





20190910tah02.jpg
直腸を支える筋肉郡が虚弱化してしまったため、指を入れるとこんなふうに・・・




会陰ヘルニアの治療には外科手術が必要です。




いろいろと手術法が開発されていますが、当院ではシリコン製のプレートを使用した術式を採用しています。





20190910tah03.jpg





骨盤内の筋肉が虚弱化し、空洞化した部分に・・・





20190910tah04.jpg





シリコンプレートを挿入してナイロン製縫合糸で固定します。




傷口が修復されるとともに、再生された組織がシリコンプレート内に食い込んできてガッチリと固定されます。




術式そのものは単純ですが、骨盤周囲には、重要な血管・神経が存在するために、慎重な作業が必要です。




さらに、肛門周囲の手術ですので、衛生面の配慮が重要。



シリコンプレートに感染を起こしてしまうと、再手術が必要になります。




20190910tah05.jpg





無事に手術終了。



左右の会陰ヘルニアに加えて、再発予防として去勢手術も行ったため、3つの手術を連続で行うマラソン手術となりました。





町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


本日のわんにゃんドック
2019年09月14日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




わんにゃんドックのご紹介です 




まずはMIX猫のささみちゃんです 





20190914tah02.jpg





ふわっとした茶色い毛皮が可愛らしい女の子です 




そして、チワワのノアちゃん 




8月で6歳になったばかりの女の子です 




20190914tah01.jpg





ちょっと緊張してますね・・・ 





当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております 





町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

猫の吸収病巣 Uちゃんのケース
2019年09月07日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



くしゃみと鼻水が気になる・・・ということで来院された猫ちゃん。



くしゃみ、鼻水については特に問題はありませんでしたが・・・



その診療の際に歯周病が見つかりました。



猫ちゃん特有の歯周病で、「吸収病巣」と呼ばれる歯周疾患です。



20190907tah01.jpg



「破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)」とも呼ばれる疾患で、本来は乳歯の生え変わりの際などに活動する「破歯細胞」が異常な活動を示し、正常な永久歯を溶かしてしまいます。




20190907tah02.jpg




原因ははっきりとわかっておらず、効果的な治療法もありません。




進行すると痛みを伴いますので、それを和らげるために抜歯治療を行います。



猫ちゃんの奥歯は、根っこが二本・三本に分かれているので、そのままスッポリ抜歯することはできません。



歯根周囲の骨を削り、歯根を分割して抜歯します。



20190907tah03.jpg
歯肉を切開し、歯槽骨を切削。歯根を分割して、半分抜歯を終えたところ。
後ろの歯根はまだ残っている状態。



「吸収病巣」に侵された歯はもろくなっているので、慎重に抜歯を行います。




20190907tah04.jpg



抜歯を終えたら、切開した歯肉を縫合して終了です。






町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院