FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
診療時間変更のおしらせ
2019年06月30日 (日) | 編集 |
試験開腹(消化管内異物疑い)
2019年06月11日 (火) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




まだ2歳と若い猫ちゃんですが、急な嘔吐を主訴にご来院です。



もう10回以上吐いていて、元気がなくぐったりしているとのこと。



今まで元気食欲に全く問題がなかった若い動物で、急に頻回の嘔吐が発症した場合は、まず消化管内異物を疑います。



こちらの猫ちゃんも基本的な身体検査と血液検査を終えたら、超音波検査で消化管の状態を確認。



やはり消化管内異物による腸閉塞が疑わしい・・・



飼主様にも心当たりが・・・



どうもミシン糸を、戸棚から引っ張り出してきて遊んでいたらしい。



超音波検査だけでは確定できなかったので、造影検査を行います。



造影剤を経口投与して、それが胃から腸へと流れていく様子を観察します。



20190611tah05.jpg




造影剤投与後、6時間程経過していますが、造影剤の大部分が胃内に残ってしまっています。



やはり腸閉塞のようです。



直ぐに緊急手術の準備をして、試験開腹。



すると・・・やはり腸閉塞です。



おそらく飼主様が心配した通り、ミシン糸でしょう。



糸が腸内で絡まって、腸がアコーディオン状に捩れてしまっています。




20190611tah01.jpg




このように腸がアコーディオン状に捩れるのは「糸状異物」に特徴的な所見です。




2013年11月03日09時35分51秒
胃壁に絡まった糸を懸命に送り出そうとしているうちに、腸がどんどんと手繰り寄せられてアコーディオン状に捩れてしまいます。




この「糸状異物」の摘出がとっても大変。




腸壁に糸が食い込んでいるので、無理やりに引っ張り出そうとすると腸が裂けてしまう恐れがあります。




20190611tah02.jpg




腸壁を損傷しないように、慎重に引っ張り出しますが・・・




ある程度引っ張ったところで、完全にひっかかってそれ以上引っ張れなくなります。



これを無理に引っ張り続けると腸が裂けてしまうので・・・




いったん糸を切断。



また別の場所を切開してそこから糸を取り出します。




20190611tah03.jpg






そんなこんなで合計3か所の腸切開と1か所の胃切開をおこなって異物を除去しました。




20190611tah04.jpg




これ、糸を伸ばしたら2~3mもしくはそれ以上の長さがあるかもしれませんね・・・




ミシン糸なので、くるくるくるくるくるくる・・・




延々と伸びてくる糸を飲みこんでしまったんでしょうね・・・






町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院