FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
消化管内異物  ~長毛猫の毛玉~
2019年03月30日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




突然の吐き気と、元気消失・食欲不振を主訴に来院した猫ちゃん。



腸閉塞の疑いが濃厚であったため、造影剤を使用してのレントゲン撮影。



20190330tah03.jpg



経口投与した造影剤が、胃から腸へ流れていくのですが・・・



〇で囲った部分。


腸が急に太くなって、その先に造影剤が流れていきません。


どうも、この部分に何かが詰まってしまっているようです。


腸閉塞は命にかかわる状態です。


今回の猫ちゃんも、すでに急性腎不全を併発しており、猶予はありません。


その日のうちに緊急手術となりました。


20190330tah01.jpg


閉塞部分。


小腸に異物が詰まって、腸がパンパンに腫れています。



腸切開をおこない、異物を摘出。


異物の正体は・・・



20190330tah02.jpg



「毛玉」です。



めったにあることではないのですが、長毛の猫ちゃんでは、自分自身の毛玉が大きくなりすぎて腸閉塞を起こしてしまうことがあります。



これを防ぐには、普段からまめにブラッシングをするか・・・


一番確実なのは、バリカンで毛を刈って毛を短くしておくか・・・


「長毛種」好きの飼主様にとっては、なかなか悩ましい問題です。


今回の猫ちゃんでは、術後の経過もよく、併発していた腎不全からも回復。無事に退院していきましたが・・・



来院があと1~2日遅れていれば、どうなっていたことか・・・



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院