FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
消化管内異物  ~長毛猫の毛玉~
2019年03月30日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




突然の吐き気と、元気消失・食欲不振を主訴に来院した猫ちゃん。



腸閉塞の疑いが濃厚であったため、造影剤を使用してのレントゲン撮影。



20190330tah03.jpg



経口投与した造影剤が、胃から腸へ流れていくのですが・・・



〇で囲った部分。


腸が急に太くなって、その先に造影剤が流れていきません。


どうも、この部分に何かが詰まってしまっているようです。


腸閉塞は命にかかわる状態です。


今回の猫ちゃんも、すでに急性腎不全を併発しており、猶予はありません。


その日のうちに緊急手術となりました。


20190330tah01.jpg


閉塞部分。


小腸に異物が詰まって、腸がパンパンに腫れています。



腸切開をおこない、異物を摘出。


異物の正体は・・・



20190330tah02.jpg



「毛玉」です。



めったにあることではないのですが、長毛の猫ちゃんでは、自分自身の毛玉が大きくなりすぎて腸閉塞を起こしてしまうことがあります。



これを防ぐには、普段からまめにブラッシングをするか・・・


一番確実なのは、バリカンで毛を刈って毛を短くしておくか・・・


「長毛種」好きの飼主様にとっては、なかなか悩ましい問題です。


今回の猫ちゃんでは、術後の経過もよく、併発していた腎不全からも回復。無事に退院していきましたが・・・



来院があと1~2日遅れていれば、どうなっていたことか・・・



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



本日のわんにゃんドック
2019年03月19日 (火) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


わんにゃんドックのご紹介です 


本日ご紹介するのはMIX犬のハルちゃん 


2月で9歳になったばかりの男の子です。




20190319tah01.jpg



ずっと小さいころからホームドクターとして診せていただいているので、ハルちゃんもすっかりスタッフと仲良しです 




診察台に乗るとご褒美をもらえるのを知っているので、目がキラキラしてます 




当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております 




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




消化管内異物
2019年03月12日 (火) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



吐き気やふるえといった症状で来院されたワンちゃん。



慎重に診察をすすめると・・・



どうも腹部触診で痛みがある様子。



レントゲンで確認です。



20190312tah01.jpg



消化管内異物です。



金属製のワイヤー状の異物。



飼主様のお話によると、普段からお散歩中などにいたずらして落ちているものを口にすることがよくあるそう。



さて、こいつをどうするか。



症状とレントゲンの画像を見る限り、完全に腸に詰まっている様子はありません。



おそらく、時々ひっかかりながらもなんとか流れ進んでいるようです。



すでに盲腸のあたりまで進んでいるようなので、このままうんちに出てくる可能性が高い。



もちろん、金属製の異物なので腸を傷つける可能性や、今は大丈夫でもこの後、腸閉塞を起こす可能性もあります。



飼主様には、慎重に様子を見ていただくこととして一晩・・・



20190312tah02.jpg



でました。



幸い、腸を傷つけたりしている様子もなく、一件落着です。



今回は大きな問題を起こすことなく排泄されましたが、こういった異物が原因で開腹手術になることも少なくありません。


どうぞ、ご注意くださいませ。



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



肥大型心筋症
2019年03月05日 (火) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



6歳 アメリカンショートヘアの女の子。



健康診断の際に、心臓の雑音が聴取されたので精密検査です。



ネコちゃんの心臓の異常となると・・・


第一に疑うのは「肥大型心筋症」




アメリカンショートヘアやペルシャなどに多い心臓病で、心筋のタンパクにかかわる遺伝子の異常が原因と考えられており



心臓の筋肉(左心室壁)が徐々に分厚くなることで、心臓の収縮・拡張に異常が生じます。


心臓は血液を全身に循環させるポンプとして働いています。


左心室壁が異常に分厚くなると、十分に膨らむ(拡張)ことができなくなります(拡張不全)。


左心室に拡張不全が生じると、心臓内に血液を十分に吸い込むことができないので、いくら頑張って血液を送り出そうとしても、必要な血液量を送り出すことができなくなってしまいます。



一般的なネコちゃんの心臓の筋肉の厚みは4~6mm程度。



20190305tah01.jpg
青丸で囲った部分が心臓の筋肉の厚み。



この猫ちゃんの心臓の筋肉の厚みは7mmを超えていました。


左心室の拡張不全が生じると、心室内に取り込めなくなった余剰の血液は、心房内に貯留します。


結果、左心房拡大となります。


20190305tah02.jpg
左心房の大きさを計測する際には、中央にある大動脈の直径と比較します。




正常なネコちゃんであれば、左心房の大きさは大動脈の直径の1~1.5倍程度ですが・・・



この猫ちゃんでは大動脈径5.8mmに対して、左心房の大きさは20.0mmと3倍もの大きさになっています。



重度の左心房拡大が認められました。


肥大型心筋症で左心房拡大が重度になると、左心房内に停留した血液内に「血栓」が生じます。


この血栓は、体の主要な動脈に詰まることがあり、肥大型心筋症の大きな問題の一つとなります。


ネコちゃんの肥大型心筋症の怖いところは、かなり重症化するまで飼主様が気が付くような症状が現れないところ。




ネコちゃん自身は、疲れやすさや、息苦しさなどの症状を感じていても、もともとネコちゃんというのは丸まって寝ていることが多い動物ですから、飼い主様が気が付くことは困難なのです。


そして、「呼吸困難」などの目に見えてわかるような症状が出た時には、すでに病状は重くなってしまっているのです。



どんな病気でもそうですが、一見健康そうに見えても、定期的な健康診断は大切です。




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院