FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
黄疸
2018年11月30日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



こちらは、ある病気で入院した猫ちゃんのおしっこ。



20181130tah01.jpg




猫砂がおしっこで濡れて固まっていますが・・・



色がなんだかおかしくないですか・・・?



いくらなんでも黄色すぎるような・・・



こういったおしっこが見られた場合、「肝臓・胆道系」の疾患が疑われます。




「黄疸(おうだん)」と呼ばれる現象で、体内にビリルビン(胆汁色素)が増加することで起こります。



20181130tah02.jpg
「黄疸」。増加したビリルビンにより、皮膚が黄色く見える。



ビリルビンは、血液細胞に含まれるヘモグロビンが代謝されて産生されます。



寿命を迎えた血液細胞(赤血球)が破壊され、代謝される過程で産生されたビリルビンは



肝臓で処理され、胆汁と呼ばれる消化液に含まれる形で十二指腸へと排泄されます。



肝臓・胆道系に異常がおこると、このビリルビンの排泄サイクルが上手く働かなくなり、体内に過剰にビリルビンが蓄積してしまいます。
※血液系の異常でも黄疸が起こるケースがあります。


このビリルビンは黄色い色素ですので、その色素によって尿や皮膚、粘膜が黄色く色づくのです。




ネコちゃんで「黄疸」が見られた場合は、重篤・緊急な疾患であることがほとんど。



すぐに診断を受けて、治療を始めなければなりません。




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

「僕とシッポと神楽坂」 動物医療監修担当します!
2018年11月30日 (金) | 編集 |
待合室の本棚でもおなじみの、漫画家たらさわみちさんの「僕とシッポと神楽坂」がドラマ化されることになりました 


相葉雅紀さん主演で、秋に放送予定です 
番組ホームページ



この作品に、「動物医療監修」として台本監修をお手伝いすることになりました 



20180615tah01_2018061510384650c.jpg




実は、原作者のたらさわさんとは勤務医時代からお付き合いがございまして、原作でも獣医療についてのアドバイスをさせていただいております。




原作を読んでいただくと、「あれ?うちの子もこんなことあったけど・・・?」って思うようなシーンがあるかもしれませんよ。



10年近く原作のお手伝いをさせていただいておりますが、獣医療についてのアドバイスには私の動物医療に対する思いが込められています。




作者のたらさわさんもそういった私の想いをくみ取ってくださって、単なる獣医療の監修だけではなく、キャラクターの動物に対する思いや、セリフなどにも私の想いが反映されている部分も多々あり・・・



原作は、私にとっても大変思い入れのある作品なのです。



そんな、思い入れのある作品がドラマ化され、その作品作りにも協力させていただくことができて、本当に光栄なことです 



10月放送とのことで、まだ先ですがお楽しみに 

町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院