町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
心エコー検査
2018年05月07日 (月) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院


聴診の際に心雑音が気になった中高齢の小型犬・・・



10歳前後の小型犬の20~30%程度に僧帽弁閉鎖不全症が見られるといわれています。



心臓内の血流をコントロールする「僧帽弁」の不具合により、心臓内で血液の逆流が起きてしまう病気です。



確定診断を行うには、心エコー検査が必要です。



20180507tah01.jpg
緑色の部分が逆流した血液。



心エコーで僧帽弁周囲の血流を観察すると、弁の隙間から逆流する血液が確認できました。


僧帽弁の不具合は、多くは加齢とともに生じます。


10歳近くなったら定期的な検診で心音を確認し、必要に応じて超音波検査などで詳しく調べることが大切です。



町田市 動物病院 谷口動物病院