FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
鼻炎が治らない・・・
2018年04月27日 (金) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院

2月のことなのですが・・・


「数日前からゲッ、ゲッ!と何か吐きたそうにしているんです・・・」


ということで来院された猫ちゃん。


確かに、診察室でも咽喉~鼻にかけて違和感がある様子で、咳こむような様子が見受けられます。


熱も出ているし、レントゲンを撮ってみると咽喉周辺に炎症が起きている様子。


咽頭炎を疑って抗生物質と消炎剤で治療です。


しばらく治療したところで、ある程度症状が改善したので


「では、お薬飲みおわったら終了です」


と治療終了したはずなのですが・・・


今月になって


「どうも治りきっていないようで、まだ鼻水や鼻血がでてくるんです・・・」


とのお電話が。


嫌な予感です。


鼻水や鼻血の症状が長期間続く場合は、腫瘍や異物混入の可能性を考えなければなりません。


その場合は、通常のレントゲンでは診断は困難で、CT撮影が必要になります。


動物にとっても、経済的にも負担の大きな検査になります。


はたして・・・診察室にはいると・・・



20180427tah02.jpg
カルテより・・・


心の中でズッコケました。


診察室で待っていたのは、鼻から植物の破片が飛び出した猫ちゃん。


20180427tah03.jpg


こんな大きな植物の破片が出てきました。

どういうわけか、こんなに大きな草の破片を吸い込んでしまい、それが原因で慢性の鼻炎・咽頭炎を起こしていたようです。


2月に診察にいらっしゃったときに、喉の周りに起きていた炎症はこれが原因だったんでしょうね。
※気道内に侵入した植物の破片をレントゲンで見つけることはほぼ不可能です。


消炎剤や抗生剤で炎症が和らぎ、症状がやや治まったものの、原因となるこの植物が鼻の中に残ってしまったために、完治しなかったというわけです。


ずーっと鼻の奥に残っていたものが、ちょうど診察の時になってくしゃみと一緒にピョコっと鼻の穴から飛び出てくるミラクル。


ピンセットでそ~っと取り出して事なきを得ました。


わんちゃんでは、散歩中に草むらに顔を突っ込んで臭いをかいでるうちに草の破片を吸い込んでしまうことはよくあるのですが・・・


猫ちゃんで、しかもこんなに大きなものを吸い込んでいる症例は初めて見ました。


おそらく、ネコジャラシのような草を齧っているうちに、間違って飲みこんでしまったものの、喉に引っかかって咽頭炎を起こし・・・


それをゲッ!ゲッ!と吐き出そうとしているうちに、今度は鼻の方に入ってしまったのでしょうね。


むせた時にご飯粒が鼻の中に入ってくるのと同じですね。


年齢的に異物の可能性よりも腫瘍の心配をしていただけに、ほっとしましたが・・・まさかこんなに大きな異物を吸い込んでいるとは・・・


いまだに動物の診療では、思いもよらないことで驚かされます・・・


町田市 動物病院 谷口動物病院


子宮水腫/粘液症
2018年04月17日 (火) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院

おなかが急に大きくなってきた・・・



ということでご来院いただいたわんちゃん。



中高齢のチワワの女の子。


確かに、ずいぶんと不自然におなかが膨らんでいます。



まだ避妊手術をしていない女の子でしたので、妊娠の可能性について伺いましたが・・・どうもそういったことはないようです。



そこで、腹部レントゲンと超音波検査で確認をすると・・・



20180417tah01.jpg
※腹部超音波検査 *印は液体を貯留して膨らんだ子宮


どうやら、子宮内部に液体が貯留して膨らんでいるようです。


このような所見が得られた際に一番に心配をするのは子宮蓄膿症。
子宮蓄膿症についてはこちら→CLICK


中高齢の未避妊の女の子に多い疾患で、病名通りに子宮内に細菌感染を起こし膿が溜まってしまう病気で、致命的な疾患です。


子宮蓄膿症の場合は、食欲不振や発熱、血液検査で白血球数の異常が観られることが多いのですが・・・


どうも、今回のワンちゃんではそういったようなことはないようです。


とすると・・・子宮蓄膿症ではなく、子宮水腫(粘液症)が疑われます。


子宮水腫(粘液症)の場合は、子宮蓄膿症とは違って子宮内部に細菌感染は見られず、単純に水分や粘液が貯留した状態です。


子宮蓄膿症と違って、すぐに命にかかわる状態ではありませんが、内部に細菌が侵入すると致命的な子宮蓄膿症に進行する恐れがありますので、基本的には診断したら外科的に摘出することが望ましいです。


子宮蓄膿症と子宮水腫(粘液症)を血液検査と超音波検査だけで完全に診断をつけることは難しいことです。


子宮蓄膿症でも、初期の段階では、発熱や食欲不振、白血球の増加は見られないことも珍しくありません。


そういったことからも、子宮に液体貯留が見られた場合には、状況が許す限り速やかに摘出手術を行うことが望ましいと考えています。



20180417tah02.jpg



手術中の様子。


内部に液体が貯留して、パンパンに膨れ上がった子宮。


体重2.5kgの小さなチワワちゃんから、こんなに大きな子宮が出てきました。



町田市 動物病院 谷口動物病院




かわいい・・・
2018年04月16日 (月) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院

チョコレートのパッケージ・・・




20180415tah01.jpg



可愛いですね~ 


町田市 動物病院 谷口動物病院


本日のわんにゃんドック
2018年04月12日 (木) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院



先日に続いてわんにゃんドックのお知らせです


本日ご紹介するのは、ロシアンブルーの青空(そら)ちゃんです 


20180401tah02.jpg



先日ご紹介したシャルトリューの海ちゃんにそっくりですが、ロシアンはシャルトリューに比べてほっそりとした体形と、エメラルドグリーンの瞳が特徴です 



青空ちゃんも、今年で6歳。


青空ちゃんは過去の健康診断で腎臓に少し気になる点がございましたので、わんにゃんドックCで詳しく検査です 



当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております 



町田市 動物病院 谷口動物病院




本日のわんにゃんドック
2018年04月10日 (火) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院

本日ご紹介するのは・・・



シャルトリューの海(うみ)ちゃん 


20180410tah01.jpg


ふっくらとしたお顔が可愛らしい海ちゃんなのですが・・・




写真撮影はちょっと苦手・・・



3月で6歳になったばかりの海ちゃん。


わんにゃんドックBでしっかりと健康診断させていただきました 



当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております






町田市 動物病院 谷口動物病院