町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
針生検
2018年02月09日 (金) | 編集 |
「皮膚にデキモノができたんですけど・・・」



腫瘍性疾患の中でも、皮膚腫瘍は発見が容易であり、日常診療でもよく目にする疾患です。



こういった時に、まず行う検査が「針生検」です。


注射針を使用して、デキモノ内部の細胞を採取し、顕微鏡で調べます。


針で細胞を少量取り出すだけなので、「確定診断」を得られるほどの検査ではありませんが・・・


そのデキモノが単なる炎症による腫れなのか? 

腫瘍の疑いがあるのか? 良性の可能性が高いのか? 悪性の疑いが高いのか?


ある程度の「傾向」をつかんで


様子を見てよいのか? 早めに切除して詳しい検査をした方がよいのか? 大まかな診療方針を立てるのに役立つ検査です。



採取した細胞が、炎症細胞が主体であれば「炎症によって腫れている」と推察されるので、まずは消炎剤や抗生剤の投与で様子を見ることができます。


一方、「腫瘍」の場合は、血液細胞や炎症細胞のほかに、「単一の細胞の異常増殖」が見られます。



20180209tah01.jpg
腫瘍細胞。単一の細胞が多数出現しています。



「腫瘍」というのは、細胞が異常を起こして、異常増殖する疾患です。


乳腺細胞が異常を起こして増殖すれば乳腺腫瘍/乳がんということになります。


白血球(血液細胞の一種)が異常増殖すれば「白血病」というわけです。


むかし「マトリックス」という映画がありましたね。あの映画のクライマックスで、敵役のエージェント・スミスがどんどんと分身を増やして増殖していくシーンがありましたが、腫瘍細胞はまさしくあんな感じです。



20180209tah02.jpg
異常増殖した腫瘍細胞。
色の濃い部分が「細胞核」。色の薄い部分が「細胞質」。
目玉焼きの「黄身」と「白身」の関係です。




腫瘍には「良性」と「悪性」があるわけですが・・・


おなじ異常増殖をするにしても、「悪性」の腫瘍細胞は「良性」の腫瘍細胞に比べて、細胞の増殖が無秩序になります。


20180209tah03.jpg




細胞の「核」の大きさにバラツキがでたり・・・



20180209tah04.jpg



一つの細胞の中に複数の「核」が存在していたり・・・



「良性腫瘍」はエージェント・スミスが異常増殖するものの、それぞれのクローンの見た目は整っており、皆そろって秩序をもって行動している感じ。


「悪性腫瘍」は異常増殖したエージェント・スミスが大暴走して、それぞれの見た目にも違いが出てしまい、無秩序に行動している感じ。


映画を見ていない方には通じないかもしれませんが、そんなイメージです。



そんなことを考えながら、採取された細胞を観察し、早急に手術を行うべきか診断していくのです。

町田市 谷口動物病院