FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
野生と歯周病
2018年01月30日 (火) | 編集 |
20160920tah02.jpg



このブログでもよくとりあげていますが、ペットのワンちゃん・猫ちゃんの多くで問題となる歯周病。


2~3歳以上のワンちゃん・猫ちゃんの実に80%がすでに歯周病に罹患していると言われています。


重度の歯周病では、炎症によって歯周組織が壊死・破壊され、歯根周辺の骨が溶けてしまうこともあります。



20160920tah08.jpg
口腔鼻腔ろう。重度の歯周病によって、犬歯歯根部周辺の組織が壊死。鼻の穴まで貫通した状態。




歯周病の原因は、歯肉周辺に蓄積した歯垢内に増殖する細菌です。


人間もそうですが、食後に歯を磨いて食べかすを除去しなければ、口腔内には歯垢がどんどんと蓄積し、歯周病が進行していってしまうのです。


野生の肉食動物では、獲物を噛み殺し、毛皮を噛み裂き、スジや骨をしゃぶりつくして食事をします。


そのため、歯の表面が適度に擦られるため、歯垢の蓄積は最小限となり、歯周病に罹患することは少ないとされています。


ペットのワンちゃん・猫ちゃんでは、缶詰やドライフードが主な食事となりますが、いずれも粉状の食べかすや、ベタベタとした糊状の食べかすが発生しやすく、そのため歯周病が非常に多くなっているのです。



ところで、昨年秋に病院をお休みさせていただいたときに、家族で道志の山奥にキャンプにいったのですが、キャンプ場の近くの木工所につながれていたワンちゃん(大型の雑種犬)の傍には、「鹿の死体」が無造作に転がっており、ワンちゃんが一生懸命かじっていました。


猟師さんがとってきたおこぼれにあずかっているのでしょうか?


一見すると何とも残酷な感じも致しますが、ワンちゃんの本来の性質から考えれば、最高の食事ですね。
(注:寄生虫感染などの問題がありますので、ペットのワンちゃん・猫ちゃんに推奨するものではありません。)


きっと、あのワンちゃんは歯周病で悩まされることもないのでしょう。

町田市 谷口動物病院


胸水
2018年01月27日 (土) | 編集 |
胸水・・・腹水・・・



といった言葉を耳にされたことがおありでしょうか?



心不全、肝不全、腫瘍性疾患、炎症性疾患などなど・・・


様々な理由で胸腔内や腹腔内に液体貯留が起きます。


胸腔内に液体貯留が起きれば「胸水」。


腹腔内に液体貯留が起きれば「腹水」。



20170127tah01.jpg



写真は、あるワンちゃんの胸水。



胸「水」と呼びますが、その見かけは写真のようにまるで血液のように真っ赤であったり、黄色っぽい液体であったり、白く白濁した液体であったり・・・胸水(もしくは腹水)貯留の原因によって様々です。


一般的に炎症や腫瘍がかかわって発生する胸水(腹水)は写真のように血液のようにドロッとした液体が溜まることが多いです。


炎症や腫瘍が存在することで、血液細胞や炎症細胞が多く含まれているからです。



一方、心不全などの循環不全によって貯留した液体は、炎症性・腫瘍性の胸水(腹水)に比べて液体中の細胞成分が少ないため、やや黄色味を帯びた透明の液体であることが多いです。

町田市 谷口動物病院

1月22日 午後休診のお知らせ
2018年01月22日 (月) | 編集 |
尿管結石
2018年01月13日 (土) | 編集 |
尿管結石・・・人医療でもよく耳にしますね。


腎臓内に形成された結石が、ある時突然、尿管に詰まり、激しい腹痛や嘔吐、血尿を引き起こす疾患です。



こちらは、急に血尿がでたということで来院された猫ちゃん。



20180113tah01.jpg




〇で囲ったところが腎結石および尿管結石です。



この症例は、左右両方の腎臓に結石がありますね。



超音波検査を行うと・・・


20180113tah02.jpg



右の腎臓の内部構造が、左腎に比べて黒く空洞になったように見えます。



これは、尿管結石により右側の腎臓からの尿の排泄が閉塞され、腎臓内に尿が蓄積してしまっていることを示します。(水腎症)



腎臓から尿が流れない状態が続けば、急性腎不全を起こし、命にかかわってしまいます。


閉塞の状態によって治療法は変わってきます。


今回の症例は、比較的軽症だったので、内科治療で経過観察としましたが、重症例では外科処置を検討する必要も出てきます。



とはいえ、人間に比べて小さな動物ですから、外科治療といってもそうそう簡単にできるわけではありません。



猫ちゃんの場合は、尿管結石になっても人間のように言葉で痛みを訴えることはできません。



血尿のように分かりやすい症状が出ていればよいですが、ただただ痛みをこらえてうずくまるだけの症例も多いようです。



「なんか元気ないけど2~3日様子見ようかな・・・」と思っていると、手遅れになることも少なくありません。



体の痛みや不調を言葉で表現することができない動物では、見た目以上に病状が悪いことも珍しくありません。


人間だって、周りの人が「あなた体調悪いんじゃない??」て見てわかるほどの時って、本人はかなり具合悪いですよね?


何かおかしいな・・・?と思った時には、早めに病院を受診していただくことが大切です。


町田市 谷口動物病院



本年もよろしくお願いいたします
2018年01月05日 (金) | 編集 |




     illust2489.png


本日より通常診療となります。

本年もスタッフ一同、力を合わせて、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助となれるよう努力いたします。

よろしくお願いいたします!

町田市 谷口動物病院