FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
ケンネルコフ
2017年12月14日 (木) | 編集 |
「ケンネルコフ」という病気があります。


正確には病名ではなくて、人間で「風邪」と呼ぶのと同じように、各種細菌やウイルス感染によっておこる発熱、発咳などの症状を総称して「ケンネルコフ」と呼んでいます。


「ケンネル」とは犬舎のこと。「コフ」は咳のこと。


ブリーダーやペットショップのような多頭飼育の環境で発症することが多いために、このような呼び名になっているんですね。


特に、ペットショップやブリーダーから新しい家族のもとに引き渡されたころに発症する事が多いようです。


新しい環境・家族とともに過ごすことで、どうしてもストレスがかかってしまうわけですが・・・

そんなストレスの中で免疫力が下がった時に、すでにペットショップやブリーダーのもとで感染していたウイルスや細菌による呼吸器症状が発症してしまうわけです。


tah171214.jpg
ケンネルコフを発症した子犬ちゃん。生後4か月。
ペットショップから引き取ってから咳が続いているとのこと。
〇で囲んだ部分が白くモヤがかかっていますが、この部分が気管支肺炎を起こした部位。



きちんと治療すれば大事になることはありませんが、こじらせて重度の肺炎になってしまう場合もありますので、早めに受診していただくことが大切です。

町田市 谷口動物病院