FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
誤嚥性肺炎
2017年09月01日 (金) | 編集 |
7月~8月にかけて、なぜだか肺炎の症例が続いていました。




20170901tah01.jpg
青丸で囲んだ部分。白っぽくなっているところが肺炎を起こした部分。
右側のレントゲン写真は治療後のレントゲン写真。白くモヤがかかっていた部分が綺麗になっています。







こちらは別の症例。









20170901tah02.jpg
左が治療前。肺の右下部分(症例にとっては左肺)が白くぼやけています。
右が治療後。




これらの症例に共通しているのが・・・



「数時間前まではいつも通り元気にしていたのに、ゲホゲホとむせ返った後から急に咳をするようになって、元気がなくなってしまった」



ということです。



「誤嚥性肺炎」です。



誤嚥性肺炎というのは、食物や自分自身の吐物、唾液などを誤って肺に吸入してしまった際に起こる肺炎です。



若い症例に偶発的に起こることもありますが、多くは呑み込みの機能の衰えてきた中高齢の動物で起こることが多い病気です。



軽度の場合は抗生物質と消炎剤の投与で綺麗に治りますが・・・



呑み込みの機能の衰えが原因ですので、また繰り返す可能性があります。



こういった症例では、お食事を与えるときに小分けに与えたり、食器の位置を高くして飲みこみやすい状態にしてあげることも大切です。