町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
歯周病治療 Yちゃんのケース
2017年04月28日 (金) | 編集 |
先日行った歯周病治療の症例です。


12歳と高齢のワンちゃんですが、重度の歯周病。


歯茎に強い炎症が起きて、痛みが生じています。


20170428tah01.jpg
歯石が大量に付着。歯肉に強い炎症が起きています。




20170428tah02.jpg



歯周病は、初期の段階であれば歯石のクリーニングと、炎症を起こした歯肉への処置のみで済みますが・・・



ここまで重度になると抜歯治療が必要になります。



こちらのワンちゃんでは、なんと34本もの抜歯処置となってしまいました・・・



20170428tah03.jpg
※臼歯など歯根が分かれている歯はドリルで分割してから抜歯するため、破片が細かくなっているものもあります。



抜歯した歯を見ていただくと、根っこまで歯石が広がっている様子がよくわかると思います。


ちなみに、この歯は抜歯する前にある程度の歯石を取り除いています。


処置前には、重度の歯槽膿漏のため、ひどい腐敗臭がしていましたが・・・処置後にはそれもなくなり、口臭もほとんど感じないレベルになりました。


もちろん、歯肉の強い炎症も収まったため、歯はほとんどなくなってしまいましたが、本人は元気にご飯も食べれている様子です。


ワンちゃん・ネコちゃんの歯科処置では全身麻酔が必要になります。


犬歯や奥歯は歯根がかなり頑強で、抜歯をするには歯肉の切開や歯槽骨をドリルで削るなどの外科処置も必要になってきます。


今回のように大掛かりな歯科処置の場合、麻酔時間も3時間近くになり、本人への負担も大きくなります。


できれば、飼い主様方には、日ごろからブラッシングなどの日常ケアに力を入れていただいて、なるべく早い段階での歯周病治療を行っていただければ幸いです。