町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
東洋眼虫
2016年06月24日 (金) | 編集 |
6月は狂犬病ワクチン接種とフィラリア予防検査が重なる時期なので、動物病院が一年で最も忙しい一カ月になります。



ということで、更新がだいぶ空いてしまいました・・・ 




今日ご紹介するのは、東洋眼虫と呼ばれる寄生虫であります。




東洋眼虫
※ホルマリンで保管している東洋眼虫。開業以来のコレクションであります。




もともとは神奈川県以西に見られていた寄生虫で、犬や猫、その他家畜や野生動物、さらには人間の目にも寄生する寄生虫です。



寄生された動物は、虫の刺激によって眼脂が涙がでます。失明などの大きな問題を起こすことはありません。


眼虫はまぶたの裏側に寄生し、宿主の涙を摂取して生きているそうです。



前述のように、もともとは神奈川県以西に見られた寄生虫で、首都圏で見られることはなかったのですが・・・


温暖化の影響か、私が獣医師になってからの十数年で、徐々に東京近郊でも見つかることが増えてきたようです。



この寄生虫の感染には、ハエが大きな役割を果たしています。


動物の目に寄生した眼虫は、そこで成虫になり卵を産みます。


産み落とされた卵は、ハエが動物の目にとまって涙液を吸ったときに一緒にハエの体内に取り込まれます。



ハエの体内に取り込まれた虫卵はそこで発育し、感染幼虫になります。



感染幼虫は、ハエが次の動物のとまったときに、ハエの口から飛び出して動物の眼に感染するのです。



と言うことで、ハエがワンちゃん、ネコちゃんの顔の周りに飛んできたときは、なるべく素早く追い払ってあげて下さいね。


もちろん、人間にも寄生しますので、飼い主さま御自身もご注意くださいませ。

本日のわんにゃんドック
2016年06月10日 (金) | 編集 |
本日ご紹介するのは


まずはロシアンブルーの青空(ソラ)ちゃん 



20160610tah01.jpg


ちょっと警戒心が強い4歳の女の子です 




そして、こちらはシャルトリューの海(ウミ)ちゃん  




20160610tah02.jpg



海ちゃんも今年で4歳になる女の子です。



名前からも推測されるように、この2頭は同じお家のネコちゃん。



シャルトリューとロシアンブルーと、良く似ていますが別のネコ種であります。



ロシアンの方が細身でキリッとした顔立ちで、瞳の色はエメラルドグリーン。


シャルトリューは大柄でややふっくらとした体型に、瞳の色は黄色。



慣れれば簡単に見分けはつきますが、初めて見ると同じ種類のネコちゃんに見えますね。




青空ちゃんも、海ちゃんも定期的に健康診断を受けていただいております。



いつも書いていることですが、わんにゃんドックは若い時から定期的に受けていただくことが大切 



若い時からのデータの蓄積が、万が一病気になったときに助けになるのです。



当院では、皆様の大切な愛犬・愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております 

仔猫のお世話
2016年06月06日 (月) | 編集 |
年に何度かは、生後2~3日といった状態の子猫ちゃんの治療を行うことがあります。



だいたいは、野良ネコの赤ちゃんで、保護された方がどうやって面倒を見ればよいかわからずにつれていらっしゃるわけですが・・・



生後数日の仔猫が哺乳瓶から上手にミルクを飲むことはなかなかできませんので、ある程度体力がついて人工哺乳に慣れるまでは付きっきりで看護してあげる必要があります。



20160606tah01.jpg
おトイレのお世話。
寝起きやミルクを上げる前に、ティッシュ等で母猫が舐めてあげるような感覚で刺激してあげます。





ミルクは4~6時間程度の間隔で与えます。



20160606tah02.jpg



保護された子猫ちゃんは、軽い脱水症状であることが多く、初めから哺乳瓶でしっかりと飲めることはほとんどありません。



初めのうちはカテーテルを食道に通して強制的にミルクを与えます。




20160606tah03.jpg




2~3日して体力がついてくれば、少しずつ哺乳瓶でミルクを飲めるようになりますが、それでも4時間ごとにミルクを上げなければいけない状態は当分続くのでなかなか大変であります。



まあ、日に日に成長する姿はとても可愛らしくて、そんな苦労も和らぐのですがね。

本日のわんにゃんドック
2016年06月04日 (土) | 編集 |
本日ご紹介するのは、キャバリア犬のアロハちゃん 



5月で3歳になったばかりの女の子です 



20160604tah01.jpg



お誕生日に合わせての健康診断で、昨年に引き続き2度目のわんにゃんドックです 




いつもお話しすることですが、健康診断は毎年定期的に受けていただくことが大切です 




言葉をしゃべることのできないワンちゃん、ネコちゃんでは日頃の健康状態のデータを蓄積しておくことがとても重要なのです。



当院では、皆様の大切な御愛犬・御愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしています!