町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
突然の症状悪化 ~僧帽弁閉鎖不全症の一例~
2013年11月30日 (土) | 編集 |
老齢の小型犬に多くみられる病気に、「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓病があります。



12歳以上の小型犬の2~3割で発病が認められる、とても多い心疾患です。




初期の僧帽弁閉鎖不全症では、「心雑音」以外の目立った症状は認められませんが、病状が進行するとともに、咳や呼吸困難、不整脈などの症状が認められ、突然死を起こすこともあります。



僧帽弁閉鎖不全症の重症度を正確に把握するには、超音波検査が力を発揮します。



こちらは、2011年から治療をおこなっていた、あるワンちゃんの超音波画像。



20131130tah01.jpg


「左室流入血流速波形」といって、僧帽弁閉鎖不全症の重症度を調べるための測定値の一つです。



「左心房」から「左心室」に流入する血液の流速を測定しています。


左側の黄色でアンダーラインを引いている部分がそれ。



正常では1.0m/s未満とされています。このワンちゃんでは、1.08m/s(秒速1.08m)となっています。



このくらいであれば、まだまだ病状は軽く、投薬なども最小限で済みます。



この数字が、高くなれば高くなるほど、心不全の危険が高まっていきます。



続いて、同じ症例の3年後の数値。



20131130tah03.jpg



数値が1.21m/sまで上昇しています。



この数値が1.2m/sを超えると、肺水腫(心不全の症状の一つで、肺に水分が溜まり、呼吸困難を起こす)を起こす危険性があるとされています。



ワンちゃんの「僧帽弁閉鎖不全症」では、内科治療で症状をコントロールするのが一般的です。



内科治療で完治するわけではないので、心臓病の状況は徐々に悪くなっていきます。



このワンちゃんも、定期検診をしっかりと受けていただき、投薬も欠かさず続けていましたが、3年でずいぶんと進行してしまいました。



そして、こちらが、このワンちゃんが亡くなる数日前の検査数値。



20131130tah06.jpg



数値は1.5m/sを超えています。



いつ致命的な肺水腫を起こしてもおかしくない状況です。



このワンちゃんでは、まだ肺水腫は起きていませんでしたが、不整脈が頻発する危険な状態でした。



その後、いろいろと手を尽くしましたが、検査の二日後、残念ながらこちらのワンちゃんは重度の肺水腫を起こしてしまい、天に召されていきました・・・


このワンちゃんの飼い主様は、治療に大変積極的で、数カ月毎の定期検診も欠かさず受けていただき、毎日の投薬もしっかりと続けていただいていました。



それにも関らず、11歳と比較的若い年齢で別れの日を迎えることとなってしまいました。



初めにお話しした通り、「僧帽弁閉鎖不全症」は高齢犬では良く見かける病気であり、治療を続けながら15歳~18歳と長く生存する症例も多いのですが、中には今回ご紹介したワンちゃんのように、数年で病状が悪化し、若くして命を落とすケースもあるのです。




定期的な検診を受け、早期に治療を開始すれば、前述の通り長生きすることも可能な疾患です。




一見元気に見えても、定期検診を欠かさず、大切なワンちゃんの健康管理にご注意いただければと思います。



最後に、治療の力およばず、若くして天に召されたRちゃんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます・・・




本日のわんにゃんドック
2013年11月26日 (火) | 編集 |
今週はわんにゃんドックが続きました 




本日ご紹介するのは、ヨークシャーテリアの「ニコライ」君 




20131126tah01.jpg




ニコライ君のお名前は、漢字で「笑来」と書くそうです。



素敵なお名前ですよね



9月に1歳になったばかりの男の子です。



健康診断として、わんにゃんドックBを受けていただきました 




ところで、笑来君は、なんと山梨県からのご来院です 




当院では、循環器診療やわんにゃんドックでの健康診断に力を入れているため、ホームページをご覧になった患者様が、片道1時間以上かかるような遠方からご来院いただく事は度々あったのですが・・・



流石に山梨県は新記録です 



それほどの遠方からお越しいただけるだけの価値を、当院のわんにゃんドックに感じていただけたことは、獣医師として大変嬉しく、ありがたいことです 




「また来年もぜひ



とのお言葉をいただけましたので、また来年、元気に成長した笑来君にお会いできるのが楽しみです


本日のわんにゃんドック
2013年11月25日 (月) | 編集 |
本日もわんにゃんドックの話題です。




先週の土曜日におこなった「わんにゃんドック」。MIX犬の福ちゃんです 




20131125tah01.jpg



今月末で6歳になる女の子です 



2010年から毎年継続してドックを受けていただいており、今年で3回目のわんにゃんドックであります 



以前から、少し心電図上での異常が認められていたり、肝臓の血液検査数値に軽度の異常があったりと経過観察が必要な点があるのですが・・・



それらの問題については、今年も大きな変化はなく、引き続きの経過観察で




・・・だったのですが・・・ 




今年は歯槽膿漏が見つかってしまいました 




20131125tah020.jpg


上の前歯。丸で囲った部分が歯槽膿漏で、すでに歯にグラつきが認められます。



その他の歯は、歯石は付いているものの、それほど歯周病は進行している様子はなく、この歯だけが極端に病状が進行してしまっています。



おそらく、食べ物のカスが挟まってしまい、その部分だけが他の部分よりも早く歯周病が進行したのでしょう。



歯周病が進行すると、その部分の歯茎がやせてしまい、ますます歯と歯茎に隙間ができてしまうので、また汚れが溜まりやすくなるという悪循環に陥ってしまったのかもしれません。



残念ながら、この歯は抜歯治療が必要です 



後日、あらためての歯科治療となってしまいました 



ただ、今回、この異常に気がつかなければ、あと数カ月後には歯槽膿漏が進行し、両隣の歯も抜かなければならなくなるところでした 



プラス思考で考えれば、今回気がついたことで、「両隣の歯は守れた」ということになりますね 





本日のわんにゃんドック
2013年11月23日 (土) | 編集 |
今日は久しぶりにわんにゃんドックの話題です 



わんにゃんドック当日がちょうどお誕生日で、4歳になったばかりの三毛猫のにゃにゃんちゃんです 




IMG_2665.jpg



ぱっちりお目々の美人さんです 




基本的な健康状態は問題ないのですが、以前から肝臓の血液検査数値にやや心配があり、定期検診を受けていただいています。



今回は、わんにゃんドックCで隅々まで検査させていただきました 




当院では、大切なワンちゃん・猫ちゃんの健康管理の一助として、定期的な検診「わんにゃんドック」をお勧めしています 




猫のアレルギー性皮膚炎
2013年11月22日 (金) | 編集 |
こちらは、アレルギー性皮膚炎を疑って治療している猫ちゃんです。




20131122tah01.jpg



このように、頭を自分で引っ掻いてしまい、傷になっています。




20131122tah02.jpg



猫ちゃんのアレルギーは、ノミアレルギーや食物アレルギー、環境中の物質に対するアレルギーなど原因によって様々。



症状の出方もいろいろです。




今回の猫ちゃんのように頭部や頸部中心に痒みがでるパターンもあれば、お腹や内股に症状が出るパターン、背中に症状が出るパターンなど様々です。




猫のアレルギー性皮膚炎は、そのほとんどが6カ月齢~3歳までと若いうちに発症が見られるといわれています。



猫ちゃんの舌はザラザラとしているので、痒みが生じた部分を舐めれば舐めるほど皮膚炎が悪化してしまいます。



もちろん、爪でひっかく場合も、尖った爪で何度も引っ掻くので、今回の猫ちゃんのようにひどい傷になってしまいます。



疑わしい症状がある猫ちゃんでは、積極的に痒みを抑える治療をおこなわなければいけません。



奥歯の平板破折
2013年11月19日 (火) | 編集 |
少し前に手術した症例ですが・・・




20131119tah01.jpg


黄色い丸で囲んだ部分。右上顎の奥歯なのですが、歯が欠けてしまっています。



白く変色している部分が欠けたところ。



さらに、その中心部に薄ピンクの部分が見えていますが、これは「歯髄」と言って、歯の中心部の神経や血管が存在する部分です。



このように、歯が縦に裂けるように割れることを、「平板破折」と言います。



ワンちゃんでは、この部位の「平板破折」の事故が非常に多いのですが、その原因のほとんどが「犬ガム」や「豚のミミ」と言った、歯磨き目的のオヤツ類。



固すぎるガムや乾燥肉を齧りすぎて、歯の方が根をあげて割れてしまうわけです。



表面が少し欠けたくらいならそのままでも大丈夫ですが、このように「歯髄」が露出してしまった歯は「抜歯」せざるを得ません。
※ワンちゃんでは、歯科処置のたびに全身麻酔が必要になるため、人間のように歯を温存する治療は難しいのです。



この部分の歯は、ワンちゃんの歯の中でも最も根っこが頑丈で、抜歯が困難な部分。



今までも歯科処置の話題のたびにお話ししていますが、歯肉を切開し、歯槽骨(アゴの骨の一部)をドリルで削って抜歯をおこないます。



20131119tah02.jpg




体重10kgに満たない小型犬でも、成人男性よりも大きいくらいの頑丈な歯です。






20131119tah03.jpg



抜歯した後は大きな穴があきます。



この部分の骨の出っ張りを整え、歯肉を縫い合わせて終了。



20131119tah04.jpg




ペットショップなどでは、「歯磨き効果」や「歯の健康」をうたった様々なガム・オヤツ類が販売されていますが、我々獣医師からすると、「固すぎる」ものがほとんどです。



飼い主様ご自身が「自分でかじっても平気か?」という目線で選んでいただくことが大切。



自分でかじったところ想像してみて・・・




「こりゃ、無理でしょ・・・」って思うようなものは、ワンちゃんにも与えないでくださいね。




ワンちゃんの歯って、根っこは人間に比べて頑丈なようですが、歯の強度そのものは、それほど違いが無いようですからね。

タマ一つ
2013年11月16日 (土) | 編集 |
※本日も手術中の画像がございます。苦手な方はご注意くださいませ。


こちらは、ある去勢手術のワンちゃんの様子。




20131116tah01.jpg



精巣(いわゆるタマタマ)が一つしかございません。




「潜在精巣」です。



ご存知の方も多いと思いますが、「精巣(睾丸)」は胎児の時には腹腔内にあります。



ワンちゃんでは、生後2~4カ月程度までには所定の位置に下降してくるのですが・・・




稀に、片側もしくは両側の精巣が腹腔内に残ってしまうことがあります。




これを、「潜在精巣」といいます。



「潜在精巣」は、腫瘍化する危険性が10倍にもなるといわれており、潜在精巣が見つかった場合は、去勢手術が強く勧められます。



さらに、「潜在精巣」は遺伝すると考えられていますので、次の世代に同じ病気を遺伝させないためにも、去勢手術をおこなうことが重要とされています。



さて、この「潜在精巣」は、完全に「お腹の中」に停留してしまう場合と、「陰のう(タマタマの袋)」には到達しなかったものの、「足の付け根の皮下」に存在する場合とがあります。



足の付け根まで下降している場合は、その部分の皮膚を切開すれば簡単に精巣を摘出することができるのですが、完全に腹腔内に停留している場合は、開腹手術で精巣を捜さなければなりません。



当院では、術前に触診と超音波検査で、正確な精巣の位置を確認してから手術に臨むようにしております。



こちらが正常な精巣の超音波画像。


20131116tah04.jpg


長径21.0mm×短径12.7mmの楕円形が精巣。中心に白くスジが写るのが精巣の特徴です。



続いて、腹腔内の精巣を捜します。


腹腔内の精巣は、普通なら腎臓から膀胱の間の位置に存在するはずです。


そのあたりを中心に、慎重に超音波で調べていくと・・・



20131116tah05.jpg


ありました。


長径13.6mm×短径9.1mm。潜在精巣は、正常な精巣よりも未発達で小さいことがほとんどです。


逆に、これが正常な精巣よりも大きくなっている場合は、腫瘍化している恐れがあります。


あとは、この位置で開腹手術をおこなえば、スムーズに摘出することができます。



20131116tah02.jpg
腹腔内の精巣を摘出する様子。




超音波検査で、事前に精巣の位置を把握しておくことで、スムーズに手術を進行させることができます。




20131116tah03.jpg


これが摘出した精巣。



超音波画像で確認した通り、腹腔内の潜在精巣は、正常のものよりもずいぶんと未発達なのが解りますね。



ねこ10匹
2013年11月11日 (月) | 編集 |
縁あって・・・





猫ちゃんを10匹引き取ることになりました・・・




















20131111tah01.jpg





可愛いでしょ 





通院中の猫ちゃんの飼い主様のお嬢様作 





20131111tah02.jpg





院内の・・・




20131111tah03.jpg





そこかしこにおりますので、ご来院時に探してみてください 




20131111tah04.jpg


カーペットの飾り紐 3
2013年11月08日 (金) | 編集 |
※手術中の画像がございます。苦手な方はご注意くださいませ。




さて、ギュ~ッとアコーディオン状に縮まってしまった消化管内から、紐状異物を取り出すわけですが・・・




2013年11月03日09時35分51秒




片側からスル~ンと引っ張って全部取り除くことができれば話は早いのですが、紐状異物は腸壁に食い込んでしまった状態ですので、無理に引っ張ると腸が裂けてしまう危険があります。




そこで、何箇所かに分けて腸を切開し、無理のない範囲で紐を引っ張りながら取り除いていきます。



まずは盲腸の手前の部分。



紐状異物の先頭部分ですね。



20131103tah03.jpg



20センチほど引っ張ったところで、動かなくなりました。



紐がピーンと張っており、これ以上無理に引っ張ると腸が裂けてしまいます。



とりあえずは、この部分で紐を切断。腸を縫合して、また別の場所でアプローチします。






20131103tah07.jpg





そんなこんなで、胃で一か所、腸で3か所の合計4か所の切開をおこないました。




胃からはこんな塊が・・・




20131103tah04.jpg




合計80センチ~100センチくらいはあるでしょうか?




20131103tah05.jpg





ご覧の通り、紐状・糸状異物が腸閉塞を起こしたケースというのは、何箇所も腸を切開することもあり、手術が大変になります。




こちらのワンちゃんでは、以前からウンチに紐が混ざっていることがあったり、肛門から紐が垂れているので、引っ張ってみたらズルズルと紐が出てきたということが何度かあったそうです。




その時点で、事態の深刻さに気がついていただいていれば、このような大変な手術になることもなかったのですが・・・




普段の診療でも、飼い主様とお話しをしていると、



「普段からタオルをかじって遊んでいて、たまに肛門から糸が出てくることがあるんですよ~(笑)」



なんて笑い話のようにおっしゃる方がいらっしゃるのですが、そのたびに、



「腸に詰まったら笑い事じゃなくなりますよ。気をつけてくださいね。」



とお話しはしているのですが・・・



もし、このブログをご覧いただいている飼い主様の中に、同じような経験をされた方がいらっしゃったら、



ウンチに紐が出てきたのは単なるラッキーだったと思っていただいて、これからは厳重にご注意くださいませ。

カーペットの飾り紐 2
2013年11月07日 (木) | 編集 |
※本日のブログは、手術中の画像がございます。苦手な方はご注意を!









さて、緊急手術となったワンちゃんですが・・・



診療時間が終わってから、すぐに手術に入ります。



開腹し、まずは腸全体の様子を確認いたします。




腸を取り出してみてガックリ・・・




小腸の全域が、アコーディオン状に縮んだ状態になってしまっています。




20131103tah02.jpg




これは良くない徴候です。




紐状・糸状の異物が消化管内に詰まってしまうと、このように腸が折りたたまれてしまうことがあります。




解りやすく図解すると・・・



胃の中が絡まって塊になった紐状異物。



その一部は腸に流れていきます。





2013年11月03日09時36分14秒



ある程度進んだものの、胃のところで大きな塊が詰まってしまうと・・・




2013年11月03日09時35分51秒



何とか異物を送り出そうと、腸が懸命に運動を繰り返すうちに、どんどんとアコーディオン状にたたまれたようになってしまうのです。



このように、アコーディオン状にたたまれた腸では、血行不良が生じ、最悪の場合、「壊死」を起こしてしまうのです。







実際に、この症例も、腸に内出血が生じ、ひどく傷んだ状態になっていました。



20131103tah06.jpg
黄色線で囲った部分の腸が赤黒く変色しています。




手術があと1~2日遅れていれば、この部分は壊死していたかもしれません。




壊死した腸は切除しなければいけませんが、今回は大丈夫そうです。




さて、今度はこいつを取り出さなければならないのですが・・・



これがなかなかに大変な作業になります。




今回の症例では、胃から盲腸まで1m程度の長さにわたって、紐状の異物が連なり、腸がギュッと縮まったような状態になってしまっています。



胃の中にある大きな塊を引っ張って、全体をズル~~~~~~んと引っ張り出せれば簡単なのですが・・・



実際には、この紐は縮まった腸壁に食い込んでしまっているので、無理に引っ張ると腸が裂けてしまう危険があります。



そこでどうするかというと・・・



何箇所かに分けて、少しずつ紐を切断しながら除去していくのです。



つづく・・・

カーペットの飾り紐 1
2013年11月04日 (月) | 編集 |
2~3日前から吐き気が続くということでご来院いただいたワンちゃん。



初めに吐いた時には、カーペットの飾り紐が出てきたそうです。



その後、普通に元気にして食欲もあったので、様子を見ていたそうなのですが・・・



数日たっても吐き気がおさまらず、元気・食欲もなくなってきたので、これはおかしいということでご来院いただきました。




身体検査では明らかな異常は見当たりませんでしたが・・・




超音波検査をおこなったところ、




20131103tahecho.jpg
stomach=胃  duodenum=十二指腸



胃の出口から十二指腸につながる部分に白い謎の物体が・・・



角度によっては、細長く十二指腸の先にまでつながっているようにも見えます。



もしかしたら、カーペットの飾り紐かもしれません。



グシャグシャと塊になった部分が胃の出口にひっかかってしまっているように見えます。



さらに詳しく状況を把握するために、「造影剤」を使ったレントゲン撮影をおこないます。



20131103tah01.jpg



中央に写っているのが胃。



白く光っている部分が「造影剤」です。



正常なら、造影剤は、投与後30分程度で胃から腸に流れ始めるのですが・・・




このワンちゃんでは1時間待っても造影剤が胃から流出する様子はありません。




「カーペットの飾り紐」かどうかはともかく、やはり何かが胃の出口に詰まってしまっているようです。




残念ながら、試験開腹で胃内・腸内の状況を確認しなければならないようです。



診療後の緊急手術となりました。



つづく



カレンダーお配りいたします^^
2013年11月01日 (金) | 編集 |
2013年も、残すところあと2カ月。



月日が流れるのはあっという間ですね 




今年も、ご来院いただいた皆様に、カレンダーをお配りいたします 
※ワンちゃんかネコちゃんのどちらか一部





20131101b.jpg





当院の患者様でしたら、特に診察が無くても「カレンダーだけ」のご来院も大歓迎ですよ 





ワンちゃん・ネコちゃんの投薬スケジュール管理や、通院予定管理などにぜひお使いください