町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
脾臓腫瘍
2012年11月30日 (金) | 編集 |
こちらは今年の2月から経過観察を続けていた症例の超音波画像です。




20121130tah01.jpg




もともとは下痢や嘔吐といった消化器症状でご来院いただいた症例なのですが、その検査過程で脾臓に腫瘍が見つかったワンちゃん(Tちゃん)です。




脾臓の腫瘍には、良性・悪性の両方がございますが、そのどちらにも共通するのが「突発的な出血の危険性」。




巨大化した脾臓腫瘍はもろく、前触れもなく大出血をおこすことがあります。




そのため、脾臓にある程度の大きさの腫瘍が見つかった場合、腫瘍が良性か悪性かにかかわらず、できる限り摘出手術をおこなうのが望ましいとされます。




Tちゃんでも大学病院での手術をご提案したのですが、すでに高齢であったことと、呼吸器疾患を併発していたことなど手術そのものの危険性も無視できないものがありました。




そのため、飼い主様とご相談の上、「突然の出血」の危険は覚悟しつつ、積極的な手術はおこなわず、経過観察としておりました。





それから9カ月の間、定期的に超音波で腫瘍の状態を観察。




2週間毎に超音波検査をおこなっていたのですが、毎回のようにサイズ・構造に変化がみられるなど、非常に活動的な経過をしめしていました。





20121130tah02.jpg




この写真は、初めての診療からちょうど9カ月がたった時点での超音波画像です。




初めは球形に近かった腫瘍の形状が、9か月の間にサイズを増し、楕円形に変形しております。




9か月のあいだ、腫瘍内での細かな内出血と思われる映像は時折観察されておりましたが、腫瘍外部への出血は観察されず、比較的安定した状態を保っておりました。
(腫瘍内部での内出血は少量で収まるが、腫瘍外部に向かって出血すると大出血に陥りやすい)




この時点でも、Tちゃん自身の元気・食欲など一般的な状態は落ち着いており、飼い主様にも「危険はあるものの、まだ落ち着いているようですね」とお話していたのですが・・・




この最後の検査の2日後には、恐れていた大量出血が発生。




腫瘍は腹腔内で出血するので、見た目に解るような出血は起きませんが、急激な血圧低下・貧血によって、ぐったりと脱力し、呼吸状態も不安定になってしまいます。




それこそ、たった半日の間に急激に状態が悪化してしまいます。




腹腔内腫瘍から大量出血が起きた場合、緊急手術で出血している腫瘍そのものを摘出するしか命を救う手立てはございません。




Tちゃんの飼い主様には、初めての検査の時点から、「いつこういうことが起こってもおかしくない」というお話をしており、飼い主様もご覚悟されていました。




それでも、出血多量で半日もしない間に具合が悪くなるTちゃんの姿を見るのは、さぞお辛いことだったでしょう。




こういった症例で、「初めの段階で、危険は覚悟の上で手術をする」のが正解だったのか、それとも今回のように「危険は承知しつつも、できる限り負担をかけずに経過観察をする」のが正解だったのか、われわれ獣医師にも解りません。




もしかしたら、初めに手術をしていれば、手術に耐えられずに亡くなっていたかもしれません。




もしかしたら、手術が無事成功し、今も元気にしていたかもしれません。




結果はだれにも解りません。




最終的に飼い主様に治療方針を選択していただくしかないのです。




我々獣医師にできることは、飼い主様が治療方針を選択するに当たって、できる限り正確な情報を中立な立場でご提供し、判断材料にしていただくこと。




そして、いざ、治療方針が定まったら、その治療方針の中でできる限り手を尽くし、最善の結果を目指すのみなのです。





こういった症例に出会うたびに、




「飼い主様・ワンちゃん・ネコちゃんにとって何が幸せなのか? 何が最善の治療法なのか?」 




それこそが、一番大切で、一番難しい課題だと感じさせられるのであります。



あらためて、今回ご紹介させいていただいたTちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

肛門嚢の異常
2012年11月27日 (火) | 編集 |
肛門嚢(こうもんのう)というと聞き慣れないと思いますが・・・



肛門腺(こうもんせん)と聞くとお解りになるでしょうか?



ワンちゃん、ネコちゃんの肛門の両側には、肛門嚢という小さな袋状の器官があり、その内部に肛門のう液という液体をためています。



この液体を「肛門腺」と一般的に呼んでいるわけですが・・・とても臭い液体で、興奮した時やウンチをするときに分泌され、縄張りの主張などに役立っております。




この肛門嚢ですが・・・ときどき炎症をおこして、「破裂」することがあります。




20121127tah01.jpg



真ん中にお尻の穴がありますが、その右横に穴がぽっかり・・・



炎症を起こした肛門嚢内に膿がたまり膿袋のような状態になります。最終的にはその膿袋は外に向かってはじけて膿が流れ出ます。



原因ははっきりしませんが、肛門腺の溜まりすぎや、細菌感染などがきっかけのようです。



ぽっかりと大穴があくのでびっくりしますが、治療は比較的簡単。



傷口をしっかりと洗浄し、感染症がコントロールできる状態であれば傷口を縫合します。



20121127tah02.jpg
写真の症例は感染症がそれほどひどくなく、膿の出方も落ち着いている状態なのですぐに縫合。
感染症がひどかったり、膿がまだまだ出ている状態では、しばらく縫合せずに様子見です。




1週間ほどもすればすっかり奇麗な状態に。




20121127tah03.jpg




抜糸前なので縫合糸が残っていますが、傷口はキレイにふさがっています。




肛門腺は、通常は日常生活で自然に排出されるものですが、稀にこの排出が上手くいかないと、肛門周りがむず痒くなって、お尻を地面にこすりつけたり、やたらとお尻をなめるといった行動がみられるようになります。




こういった行動が目立つワンちゃんやネコちゃんでは、定期的にトリミングショップや動物病院で「肛門腺しぼり」をやってもらった方がよいかもしれません。

睾丸腫瘍
2012年11月23日 (金) | 編集 |
こちらの症例。




ペニスの横に大きなふくらみがあります。




20121123tah01.jpg




これは腫瘍化した停留睾丸であります。




睾丸はもともとは腹腔内に位置しているものが、出生までの発育段階で徐々に移動し、陰のう内(タマ袋です)に下降してくるのが正常です。



これが、先天的な発育異常で袋まで到達できなかったものを停留睾丸といいます。




写真の症例のようにペニスの横に位置していることもあれば、まるきりお腹の中に残っていることもあります。




このような停留睾丸は、正常な睾丸に比べて10~20倍も腫瘍化しやすいと言われています。



おそらく、本来の陰のう内の睾丸に比べて、高温環境におかれるからだと考えられています(陰のう内の睾丸は、通常の体温よりも低い温度に保たれます)。




写真の症例は、写真左側の睾丸が停留睾丸、右側は正常で陰のう内に位置しています。





20121123tah02.jpg




摘出した睾丸。



写真左が腫瘍化した睾丸。正常なものに比べて大きく、形がいびつです。




摘出した腫瘍は「悪性」でしたが、すべて摘出しているので、今後問題になることはないと思われます。

感電??
2012年11月19日 (月) | 編集 |
御近所の方が保護して連れてこられた子猫ちゃん。





20121120tah01.jpg




顔の左半分がひどく腫れあがり、頬の皮膚が壊死し、そこから膿が大量に排出されているような状態。




まだ生後2カ月程度の子猫ちゃんですが、ケンカ傷でしょうか??




それにしてはどうも様子がおかしい・・・



詳しく調べていくと・・・




20121120tah02.jpg




左側の奥歯の部分。歯茎の肉が大きく欠損し、白くアゴの骨が露出しています。




ケンカ傷でこんなふうになることはちょっと考えにくいですね。




もしかしたら、「感電」かもしれません。




私も、自分自身で診療したことはないのですが・・・



教科書によると、ネコちゃんやワンちゃんが電気のコードをかじって感電した際には、奥歯や頬周辺がひどく傷害を受けるそうです。




「感電」すると、体内を通過した電流によって組織がダメージを受けます。




この子猫ちゃんでは、おそらく奥歯で電線を齧り、電流が左顔面を通過したものと思われます。



電流によって障害を受けた組織が壊死し、それが膿となって排出されていると考えられます。




もし「感電」であれば、眼球や視神経にもダメージが及ぶはずですが、このネコちゃんでは幸い、眼球や視神経に目立った障害は出ていないようでした。




このネコちゃんは、1週間以上も大量の膿が排出される状態が続き、一時は骨組織もダメージを受けているのではないかと心配される状態でしたが・・・




保護された方が毎日包帯交換に通って下さったおかげで、すっかり元気に回復いたしました。




電気コードをかじっての感電事故。




ありそうでなかなかお目にかからない症例です。





今回のネコちゃんも、野良ネコちゃんなので、本当に感電事故だったかどうかは不明ですが、何にせよ眼球や視神経が無事で何より。




ネコちゃんはひも状のものをかじって遊ぶのがとっても大好き。




谷口家の愛猫ピノも電気コードを齧る癖があるので、我が家では電化製品のコード類はすべて家具の裏に隠したり、プラスチックのカバーを取り付けて対策済みであります。



あらためて、皆さんもご注意くださいませ。









スポーツ羊羹
2012年11月15日 (木) | 編集 |
えー。。。本日は獣医療とはまったく関係のないお話であります。





今までにも何度かブログにとりあげてきましたが、





私の趣味の一つにサイクリングがございます。




昨日は入院症例がありませんでしたので、午前中はのんびりと宮が瀬湖までサイクリング~




20121115tah01.jpg





木々が色づき、枯葉が舞い散る中、紅葉を眺めながら気持ちよくペダルを回します。




20121115tah02.jpg




自転車で宮が瀬湖までと聞くと、自転車(ロードバイク)を御存じない方からするとびっくりだと思いますが、競わず・焦らず・無理せずマイペースでペダルを回せば、思いのほか簡単にいけるんですよ。




で、町田の自宅から宮が瀬湖まで往復60km程度。



2時間半ほどの運動になるのですが、それだけ連続して有酸素運動を続けると、エネルギー切れが問題になってきます。





自転車は思いのほか筋肉や関節に負担が少ない運動で(競技レベルの走りでなければ)、運動後に筋肉痛になったり、関節を痛めることはほとんどありません。




ですが、長時間の有酸素運動になるので、途中でエネルギー補給をしないと、エネルギー不足から「ハンガーノック」という状態になってしまいます。




「ハンガーノック」になると、集中力も途切れ、体も思うように動かせなくなってしまいます。




そこで、20~30分毎にジェル状や固形のエネルギー食や、パンやおにぎりなどを走りながら、休憩を取りながら食べるわけですが・・・





今回はこんなの試してみました。




20121115tah03.jpg




「スポーツ羊羹」であります。





あずきバーで有名な井村屋さんから発売されております。





普通の羊羹よりも、塩分などのミネラル分が多く、運動で失ったエネルギー・塩分補給にもってこいだそうです。




たべてみると・・・たしかに、普通の羊羹より塩分を感じますね~




一時期流行した塩キャラメルのような味でした。




上天気の中、気持ちよく気分転換できましたので、今日からまた集中して診療してまいります!

ニキビダニ
2012年11月12日 (月) | 編集 |
今までにも何度かご紹介したことがあるのですが・・・




20121112tah01.jpg




ニキビダニ(毛包虫)であります。





名前の通り、哺乳類の毛穴に住みつくダニの一種で、人間を含めてほとんどすべての哺乳類の皮膚に、その種族特有のニキビダニが寄生していると考えられております。





生後間もない時期に、母親との接触で感染すると考えられており、通常は無害。
(各種族固有のニキビダニが感染するため、人から動物へ、動物から人へ感染することはありません)




仔犬の時期に、一時的に増殖し皮膚炎をおこす場合もありますが、ほとんどが自然治癒し、問題になることは少ない寄生虫です。





・・・が・・・




極まれに、このニキビダニが異常増殖し、全身に激しい皮膚症状をおこす場合があります。




老犬や、何らかの内臓疾患(肝臓病や腫瘍など)を患っており、体の免疫力が低下したようなワンちゃんでこのような症状がみられることがあります。




全身の皮膚が黒く変色し、ガサガサとしたカサブタが大量に発生したりします。同時に細菌感染も起こし、激しい痒みを伴うこともあります。




この場合、そもそもベースになる病気があり、それによって免疫力が落ちることで、ニキビダニが異常増殖し皮膚炎が発生します。そのため、ニキビダニの駆除だけではなく、全身の精密検査をおこない、原因となった病気を診断・治療する必要があります。





今回、ニキビダニが検出されたワンちゃんは、元気も食欲も問題なく、皮膚炎も一部の皮膚に限定した症状のため、駆虫薬を投与して経過観察をしていますが・・・





これで回復が思わしくない場合は、精密検査をおこない、何か身体検査だけでは解らないような病気が隠れていないか詳しく調べる必要があります。



耐性菌の問題
2012年11月06日 (火) | 編集 |
「耐性菌」という言葉。ときどきニュースなどで耳にされると思います。




正確には、「多剤耐性菌」と言います。



突然変異をおこし、多くの抗生物質に対して抵抗力をもってしまった細菌のことです。




人医療では、ずいぶんと以前から問題になっており、ニュース等でもとりあげられておりますが・・・




獣医療でも、近年問題になることが増えてきています。




特に、慢性化した外耳炎で耐性菌が検出されることが増えてきています。



20121106tah02.jpg






上の写真は、ある慢性外耳炎のワンちゃんの検査結果。





炎症を起こした耳から採取された細菌を検査所に送り、ワンちゃんで一般的に使用される10種類の抗生剤に対する反応を調べました。





結果、すべての抗生剤が無効。こうなってしまうと、完治は難しくなります。




抗生剤以外の洗浄治療や酵素剤を使用した治療などを根気よく続けて、少しでも症状が改善するのを期待するしかありません。




ワンちゃんでは外耳炎はよくある病気の一つですが、



①耳道内に発生した細菌を確実に治療するには最低でも1か月の投薬・点耳治療が必要。




②外耳炎をおこすワンちゃんは、もともとの耳の構造や、耳垢の分泌、体質(アトピーなど)といった要因によって、外耳炎を再発しやすい。






③耳道内は閉鎖的な環境のため、細菌などが繁殖しやすい。




④外耳炎が長期におよぶと、耳道内の皮膚が変形し穴が狭まってしまったり、分泌腺が増加するなどし、ますます細菌が増殖しやすい環境になってしまい、さらに外耳炎の長期化を招いてしまう。





こういったことから、外耳炎は常に慢性化する危険をはらんでおり、多剤耐性菌が発生するケースが増えてしまうのです。





慢性化し、多剤耐性菌が発生した外耳炎に対する有効な治療法はありません。





洗浄治療や酵素剤で姑息的に治療していくしかありませんし、場合によっては感染をおこした耳・外耳道を手術で「すべて切除」するなんて方法をとることもあります。




このように、一歩間違えれば非常に厄介なことになる外耳炎。




我々獣医師も、飼い主様も、「単に耳が痒いだけ」なんて思わずに、慎重に治療に臨む必要がある疾患なのです。


夜鳴きがヒドイ
2012年11月03日 (土) | 編集 |
こちら、あるネコちゃんの血液検査の結果です。




20121103tah01.jpg



T4という項目。正常値の4倍とかなり高い値を示しています。




T4というのは、甲状腺から分泌されるホルモンで、甲状腺機能を調べるときに計測する数値であります。




こちらのネコちゃんは、現在18歳の高齢ネコちゃんで、夜鳴きがヒドイということでご来院いただきました。





「夜鳴き」の原因は、しつけの問題、認知症などいくつか考えられますが、老ネコちゃんの場合は「甲状腺機能亢進症」が原因になることが多いようです。






「甲状腺機能亢進症」は、体中の代謝や自律神経の働きに係わる「甲状腺ホルモン」のバランスが崩れ、通常よりも多くホルモンが分泌される病気です。





「甲状腺ホルモン」は体の「活動性」に係わるホルモンなので、これが多量に分泌されることで、「興奮しやすくなる」、「食欲が増す」、「食べてるのに痩せていく」、「活動性が増す(特に夜間)」といった症状がみられるのです。





「甲状腺機能亢進症」では、基本的には「元気で食欲がある」ように見えるので、飼い主様からすると病気として認識しにくいのですが・・・





過剰に分泌されるホルモンは心臓機能などにも悪影響を与えますので、なるべく早く診断し、治療をおこなうことが大切です。





治療には甲状腺ホルモンの分泌を抑えるお薬を使用します。





8歳以上の老ネコちゃんに比較的多い疾患で、定期的な健康診断、血液検査を受けていただいていれば、それほど発見・治療の難しい病気ではありません。






2013年 カレンダー
2012年11月01日 (木) | 編集 |
気が付いたらもう11月 




夏が終わったばかりと思っていましたが、今年もあと2カ月です。




さて、今年もご来院いただいた皆様に、カレンダーをお配りいたします 




IMG_1216.jpg



ワンちゃんかネコちゃんかどちらか一部 




当院の患者様でしたら、カレンダーだけ取りに来ていただいてもかまいませんよ 


フィラリア予防のお知らせ
2012年11月01日 (木) | 編集 |
ワンちゃん・ネコちゃんでは6月末から11月末は
フィラリアの予防期間になります。



6月中は混雑が予測されますので、お早めにご相談くださいませ。

予防薬投与前の血液検査(ワンちゃんのみ)、お薬の処方は4月よりおこなっております。


    フィラリア予防 12年度



    猫フィラリア予防12年