FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
消化管内異物
2012年06月22日 (金) | 編集 |
今月初めに、突然の嘔吐を主訴に来院したワンちゃん。




まだ生後6か月にも満たない中型犬の女の子だったのですが・・・




数日前まで元気食欲などまったく問題なかったのに、突然ひどい吐き気がはじまり、元気も食欲も無くなったとのこと。




こんな時に、まず頭に浮かぶのが消化管内異物ですが・・・





触診してみると・・・




やっぱり、何か糞便とは明らかに違う固形物を触ります。





飼い主様にお話をうかがうと、普段からロープで作った骨形のオモチャをかじって遊んでいて、ボロボロにして少しづつ食べてしまっているとのこと。





レントゲン検査、超音波検査の結果から、緊急での開腹手術が必要と判断し、その日の診療後に緊急手術。




お腹を開けてみると・・・




20120622tah01.jpg
拡大注意




腸がひどく捻じれてしまっています。




これは「ひも状異物」が腸に詰まってしまった時の特徴的な所見です。



ひも状・糸状の異物が腸に引っ掛かると、腸がそれを移動させようと一生懸命動くうちに、どんどんと手繰り寄せられるような状況になって、最終的には御覧のようにねじれたり、よじれたりしてしまいます。



これは非常に厄介で、危険な状態。よじれた部分に穴が開いてしまうこともあります。




これだけよじれていると、腸を開いて異物を取り出そうとしても、異物がよじれた部分に食い込んでしまって、いくら引っ張っても取れず、あまり無理をすると引っ張ったところから腸がさけてしまう危険もあります。





腸を開いてみると・・・




20120622tah02.jpg






案の定、ほぐれたロープの塊が出てきました。




さらに、最悪の事態。




ほぐれたロープがひも状につながっており、それががっちりと腸に絡まって、ある程度引っ張ったところでまったく動かなくなりました。





20120622tah03.jpg
この状態でまったく動かなくなってしまいました。




仕方がなく、できるだけ引っ張ったところで一度ロープを切断、大きな塊をまず除去します。




新たに別の部分に穴をあけて、そこから絡まった残りの部分を除去しようと試みますが・・・




これがなかなか上手くいきません。




一体どれだけのロープが絡まっているか全く分からないため、触診で探りながら取り除くのですが、全てとり切れたかどうか確認のしようがありません。



ロープのようなものはレントゲンには写りません。超音波でもよほど大きな塊でなければハッキリとは見えないのです。




さらに、最悪なのが、つまっているのが一か所ではなかったということ。




異物除去でお腹を開ける場合、確認のために胃から腸まですべて確認をし、他に何か異常がないかチェックをするのですが・・・



なんと腸にもう一か所と胃の中にも異物が・・・初めのものと合わせて合計3か所であります。




胃の中の物は、腸のように絡まったりすることがないので簡単に取り出せるのですが、もう一か所の腸の部分も、やはりひどく絡まってしまい、全部をとり切るのが難しい状況。




最終的に5か所も腸に穴をあけて処置をしましたが、おそらく細かなひも状の破片が残っていると思われる状態。




短いものなら、上手くすればウンチに流れてくれるでしょうが、ある程度の長さの物が残ってしまった場合は、それが再び絡まってしまう危険性があります。




そうは言っても、腸を上から下まで切り開いて確認することは不可能ですから、あとは無事を祈るのみです。




20120622tah04.jpg




これだけ詰まっていました。




飼い主様も、ロープを齧った破片を飲み込んでいることは御存じだったのですが、「細かな破片だし、ウンチにも出てきているので大丈夫だろう」と気にされてなかったそうです。




さらに、今までも何頭かワンちゃんを飼ってきて、こんなことは一度も起きたことがなかったので、「油断していました・・・」とおっしゃっていました。




幸い、このワンちゃんは術後の経過も良く、無事に一命を取り留めましたが、正直、手術中に「この子助けられないかもな・・・」と思うくらい、腸にひどく絡まっていました。





もちろん、あきらめはしませんが、「最大限の努力をして、あとは天に祈るのみ・・・」そんな心境でございました。




ところで、このワンちゃんとほぼ同時期に、別のワンちゃんでも異物閉塞事件がありました。




そのワンちゃんも、突然の吐き気と下痢で来院。



この子の場合は最終的にはウンチに出てくれたのですが・・・



何が出てきたかというと・・・




髪の毛の塊。




男性の親指ほどの太さがある塊でした。




普段からしょっちゅう床を舐めてるそうなのですが、おそらくそうして少しづつ飲み込んでいったゴミや髪の毛が絡まったものが一時的に腸に詰まってしまったようです。




糸状、ひも状の異物というのは、一つ一つは小さくても、胃の中でそれが絡まりあい、思いもよらぬ事故を起こすことがあります。




飼い主様がたには、よくよくご注意いただきたいと思います。