町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
心雑音 ③
2011年03月31日 (木) | 編集 |
計画停電についてはこちら→CLICK



さて、前回・前々回と心雑音についてつらつらと書きましたが・・・


今日は、実際の症例の超音波画像を御紹介します。






心雑音の症例で、もっとも多いのが「僧帽弁閉鎖不全症」による「逆流性の雑音」です。

20110304逆流速

前々回にご説明しましたが、普段、我々が耳にしている心臓の音は、心臓内の弁が閉まる時の振動を「心音」として聞き取っています。

心臓内を流れる血液は、とてもスムーズに流れているので、血液が流れる音というのは通常の聴診では聞き取れません。

ただし、逆流などが生じて、血流に乱れが生じると、「雑音」として聞き取ることができます。

「ボワー・ボワー」という感じの音です。







次の症例。

こちらは、先天的な心臓の血管異常の症例。

「肺動脈狭窄症」という先天的な心奇形。
ワンちゃんの心奇形では一般的ですが、この症例は非常に珍しいネコちゃんの「肺動脈狭窄症」です。

2011 PS

⇔で示していますが、血管の太さが途中から急激に細くなっています。

この狭くなった部分を、血液が無理やりに押しとおるので、その時に乱流が生じて「駆出性の雑音」が発生します。

「ズワッ・ズワッ」という、いかにも無理やり血液が流れるような感じの音。





最後に、「心室中隔欠損症」という、こちらも先天的な心奇形。


20110331VSD.jpg

左右の心室を隔てる壁に穴があいてしまっています。

写真左側が「心室中隔欠損症」の症例の超音波画像。⇔の部分が隔壁に開いた穴です。
右の正常画像と比べると、ぽっかりと大きな穴があいているのがわかると思います。

心臓の内部に穴があいてしまっているので、心臓内の血液の流れが大きく変わってしまいます。

それによって、単純に「逆流性」「駆出性」と分類しづらい、複雑な心雑音が発生していました

ズボワー・ズボワー
という感じ。



一口に「心雑音」といっても、多種多様な疾患があるのです。


心雑音 ②
2011年03月29日 (火) | 編集 |
本日の計画停電は中止されました。
計画停電について、詳しくはこちら→click



さて、前回につづいて心雑音についてです。

前回、心雑音の「位置」「音質」「音量」「発生するタイミング」を聞き分けるといいましたが・・・

心臓の構造

まず「位置」について。
聴診器をあてて心雑音を聞き取るときに、血管の位置や、弁の位置関係をイメージしながら聴診することで、ある程度までは心雑音の発生している位置を推測することができます。




次に、「音質」。
心雑音は、「駆出性の雑音」と「逆流性の雑音」の二つの音質に分けられます。

雑音 音質
「駆出性の雑音」
心奇形などで、心臓内の血液の流れる通路が狭くなったりすることで発生します。
狭くなった通路を無理やり血液が流れるときに発生する音です。


「逆流性の雑音」
本来、心臓内の血液は多数の弁の働きによって一方向にしか流れないようにできています。
ところが、これらの弁の閉鎖に不具合が生じると、血液が弁の隙間を通って逆流してしまいます。
これが、「逆流性の雑音」です。




次に、「音量」。
心雑音は、音の大きさによって6段階に分類されます。
数字が大きい程、雑音の音量が大きいということになります。
雑音は音が大きいほど悪いような感じますが、そうとも限りません。
音は派手だけど、症状は軽いというケースもあります。
もちろん、音が大きければ大きいほど、状態が悪いケースもあります。



最後に、「雑音の発生するタイミング」。
心臓は、収縮と拡張を繰り返すことで、血液を送り出すポンプとして働きます。
心臓が収縮して血液を押し出すタイミングで雑音が発生するのか?
それとも、心臓が拡張して血液を取り込むタイミングで雑音が発生するのか?
これを聞き分けることも重要です。



実際には、小型犬やネコちゃん心臓なんかは、大粒のイチゴくらいの大きさしかないので、正確に雑音の位置などを把握するのが難しいこともありますが、この段階である程度のイメージを持っておくと、その後の超音波検査などがスムーズにおこなうことができます。

雑音から、「このあたりに異常があるかな~??」と思えば、そこを重点的にチェックすることができます。

かといって、あんまり先入観を持ちすぎても、他の部分の見落としにつながるので注意が必要です。


次回は、実際の症例の超音波画像をいくつかご紹介いたしますね。

心雑音 ①
2011年03月28日 (月) | 編集 |
計画停電について詳しくはこちら→click



今日は「心雑音」についてのお話し。

いままでに何度か心臓病についてとりあげてきましたが、心臓病の診断でポイントになるのが「心雑音」の有無。


一部、例外はあるものの、心臓病を患っている動物のほとんどで、「心雑音」が聴取されます。



20110326.jpg



正常な「心音」というのは、おそらく皆さまもイメージとして持っていらっしゃると思いますが、「ドックン・ドックン」という音。

さて、この音は心臓のどこから発生していると思いますか?






正解は、心臓の中で開閉している「弁が閉まる時の振動(=音)」なのです。



心臓内部の構造


心臓には僧帽弁・三尖弁・大動脈弁・肺動脈弁という4つの弁があります。(写真には大動脈弁・肺動脈弁は写っていません)


この4つの弁が正確なタイミングで開閉することで、心臓から全身に血液が送り出されるのです。


通常、我々が耳にする「心音」は、これらの弁が閉鎖する時に発生する振動(=音)であり、それ以外の音はすべて「雑音」ということになるのです。


こういった「雑音」の、「位置」・「音質」・「音量」・「発生するタイミング」を聞き分けることで、レントゲンや超音波検査をおこなわなくても、ある程度の診断を下すことができる場合もあります。

つづく・・・

放射線の影響は・・・?
2011年03月25日 (金) | 編集 |
本日の計画停電は、18:20?22:00となっております。
計画停電について詳しくはこちら→CLICK



東日本各地で、野菜や飲料水の放射性物質による汚染が問題になっています。


特に、町田市でも飲料水が一時的に汚染されたことで、心配されている方も多くいらっしゃると思います。


そうすると当然、「ワンちゃん・ネコちゃんにとってはどうなの??」という疑問が出てくると思います。


獣医療での被ばく問題というのは、ちょっと手持ちの資料では調べることができませんでした。


ガン治療のための、放射線治療時の被ばくによる副作用などのデータはあるのですが、この場合の被ばくは、いま問題になっている飲料水や食品からの被ばく量とはまったく「桁違い」なのであてになりません。


とりあえず、今のところは人間向けの情報から類推することになります。



こちらのサイトが詳しく・わかりやすくて良いようです

日本医学放射線学会 放射線被ばくに関するQ&A

でんきの情報広場



これらからすると、この状況が数か月~数年と続くのは困りものですが今のところはそれ程心配する必要はないようです。


もともとの基準値が非常に厳しいものなので、その基準値を多少オーバーしたとしても、健康に対しての心配はないということのようです。健康に被害が出るほどの「放射能漏れ」には、まだまだということのようですね。

昨日、NHKで専門家の方が話されていましたが、基準値をこえた水を飲んでいても、健康に影響が出るのは、その水を毎日飲んでいても数カ月先の話だそうです。

放射線の被害というのは、「一度にどれだけの量を浴びるか」ということと、「どれだけの期間にわたって浴びるか」に関係してきます。

たとえば、放射線治療の時も、同じ量の放射線量でも、「一度に放射した時」と「少量ずつ何度かに分割して放射した時」では、分割して放射したほうが副作用が出にくいのです。

少量の汚染された物質を、一時的に取り入れたくらいは問題ないということのようです。


ただ、健康にかかわることなので、政府としても「少しだから平気です」とだけは言えないので、「汚染された水は可能な限り避けてください。もし摂取してしまったとしても問題ありません」という言い方になるのでしょうね。


改めて結論。


原発の事故は心配だし、放射性物質の漏出はなるべく早くおさまってほしいが、今のところは政府の発表に従っていれば、人間もワンちゃん・ネコちゃんも心配はいりません!!

まずは、冷静になって、先ほどのリンクにあったように、信頼のおける情報源から的確な情報を得ることが大切です。

ただし、少量の放射性物質でも、長期にわたって摂取すれば健康被害が出るわけですから、なるべく早く、原発の事故については終息してほしいものです。

とりあえず、どのくらいで終息しそうかという見通しがたてばだいぶ安心できるんですがね~・・・

そろそろです
2011年03月22日 (火) | 編集 |
計画停電についてはこちら



昨日今日と、冷たい雨が続いてますが・・・

明日以降の天気予報を見ると、マークが続いているようです


そうなると、そろそろ出没し始めるのがノミやマダニ

マダニ


昨年も、この時期に病院の近くでもマダニが発生し始めていました


お家に持ち帰ってしまい、お家の中で繁殖を始めるとなかなか大変なことになってしまいます


早めに予防薬で対策を

「にがり」のせい・・・かな?
2011年03月21日 (月) | 編集 |
ストラバイト

先日、尿検査をおこなったワンちゃんで検出されたもの。


尿結晶です。

ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシム)という種類の尿結晶で、ワンちゃんでみられる尿結晶では、もっとも一般的なものです。


今回検出されたのは、顕微鏡でやっと見えるくらいの小さな結晶ですが、これが大きくなると数ミリ?数センチの大きさの尿結石になります。


このストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)という結晶、名前の通り、「リン」や「マグネシウム」が主成分。


この結晶の発生には、体質や食生活などが関わるのですが・・・


今回のワンちゃんの食生活を調べてみると・・・


一般的なドックフードのほかに、オヤツとして豆腐を食べているとのこと・・・


それも、1日に半丁とか一丁くらいというかなりの量で食べているとおっしゃっていました。


どうやらそれが怪しい・・・


豆腐の原料である大豆にもリンやマグネシウムが含まれていますが、豆腐を作る際に必要になる「にがり」は、マグネシウムをはじめとして様々な海のミネラルのエキス。

実際に豆腐として出来上がったときに、どれだけリンやマグネシウムが含まれているかは定かではありませんが、体重5kgそこそこの小型犬で、毎日豆腐半丁?1丁はちょっと食べすぎでしょう。


試しに、豆腐をやめていただいて2週間後に尿検査をしたら、やっぱり結晶は消えていました。


豆腐が悪いわけじゃないけど、なんでも適量が大切です。

栄養バランスが崩れがちの人間の食生活と違って、ワンちゃん・ネコちゃんは栄養バランスが整ったドッグフード・キャットフードを食べています。

そこに何かを加える(サプリメントやオヤツなど)ことは、かえって整っていた栄養バランスを崩すことになりかねないのです。

他に、煮干しなんかをオヤツで与えていても、マグネシウムが豊富なのでストラバイトが出たりします。



生まれたよ?
2011年03月19日 (土) | 編集 |
先日もちらっと写真を載せましたが・・・


生後1週間の身体検査


生まれました


以前に紹介した姿はこちら

20110207.jpg
約2.5cmの胎児が、1か月でここまでに

以前の記事 ?

以前の記事 ?


命ってやっぱすごいですね?


心音確認

生まれた直後は、一見元気そうに見えても、なんらかの先天的な奇形があることもあるので、しっかりと身体検査をおこないます。

私は、過去に生後1週間で調子が悪いとつれてこられたネコちゃんで、先天的な心奇形のため、何もできずに看取った経験があります

来院された時にはすでに心臓の機能不全から低酸素症をおこしており、なにもしてあげられないまま、手の中で息を引き取るのを見守るだけでした・・・

さて、この子たちはそんな問題は全くなかったわけですが・・・


うちの子になにすんの?
ちょっと、アタシのコになにすんのよ?

お母さんネコが母性本能200%の状態で、飼い主様に押さえていただいていないと、すぐに首をくわえて連れ戻そうとしてしまいます




本日のわんにゃんドック
2011年03月18日 (金) | 編集 |
計画停電についての情報はこちら




ちょうど1週間前におこなったわんにゃんドックのネコちゃんの紹介です

ミケちゃん


三毛猫のミケちゃん

6歳になる女の子です


当院にいらっしゃるのは初めてだったのですが、以前から血液検査で肝機能の数値に異常が出ていたとのことでしたので、わんにゃんドックBで詳しく調べさせていただくことになりました。


ちょうど一週間前というと、震災の日です。

ミケちゃんの検査が一通り終わり、報告書をまとめ終わって「さてコーヒーでも・・・」と準備をしているときに地震がきました。


はじめは、グラグラと震度3程度の揺れかな?と思っていたら、そのうち過去に経験したことのないような揺れに強まりました。

幸い、本棚なども倒れることなく、それ程の被害が出ずに済んだので、ほっと一安心。

「さて改めてコーヒーを・・・」と思って電気ケトルのスイッチを入れようとしたら停電しているではないですか。

外を見ると病院の前の信号も消えてます。
スタッフ皆で、「すごい揺れだったね?。停電してるよ。」なんて言いながらも、30分もすれば回復するだろうと思っていたのですが、1時間たっても2時間たっても復旧しません。

おまけに、携帯電話や電話も不通。

午後の診療時間は予約でいっぱいだったのですが、どの患者様とも連絡が取れませんし、予約時間になってもどなたもいらっしゃいません。
ラジオもテレビも使えないので、何も情報が入らないまま時間が過ぎていきます。

そのうち、病院の上空を何台もの旅客機が着陸態勢と思われる状態で低空飛行していきます。

「ひょっとして成田や羽田が使えなくなるくらいの地震で、横田基地に緊急着陸しているのでは・・・?」

これは、ちょっとやそっとの地震ではなさそうだ・・・


薄暗くなってきた頃になって、新津さんが携帯電話でテレビを見れることに気がつき、急いで見てみると・・・

宮城・福島で巨大津波発生とのこと。


そこで、初めて事の重大さを知ることができました。


あれから1週間です。


まだまだ、福島原発の問題、被災地の方々が過酷な避難生活を強いられているなど、困難な状況が続いています。

日ごとに、震災の犠牲者の方の数も増えていますが、いまだ被害の全容がつかめないほどです。


改めて、震災の犠牲になられた方々および御遺族の方々に、深くお悔やみを申し上げるとともに、今現在、被災地で避難生活を送られている方々に心よりお見舞い申し上げます。






停電に備えて・・・
2011年03月17日 (木) | 編集 |
まだまだ震災後の混乱が続いており、被災地の方々が非常な不便を強いられている状況であります。

福島原発についても予断を許さない状況です。

比較的被害の少なかった東京近郊でも、ガソリンや食料品が不足し、混乱しております。

ですが、被害の少なかった我々こそが、一刻も早く平常心・日常生活を取り戻さなければ、被災地への十分な支援もままならなくなってしまいます。


先週の震災以降、当ブログでも日常診療についての話題は控えてきましたが、気持ちの面でも切り換えて、日常を取り戻す努力の一環として、今まで通りのブログ更新を再開したいと思います。


計画停電等、診療時間についての情報については、「お知らせ」で随時更新してまいりますので、そちらをご覧ください。



さて、タイトルにある「停電に備えて・・・」

支援物資

懐中電灯と電池を手配しました
病院にもともとあった懐中電灯では、光量に不安があるため、急いで取り寄せました。

計画停電中は、血液検査やレントゲンなど電気を使用する診療はおこなえませんが、電気が無くても目(視診)と手(触診)と耳(聴診)があればそれなりの診療はできるものです

「電気が無いから診れません」ではなくて、「電気が無くてもできることを最大限やる」という気持ちで備えております

もちろん急患以外は、停電時間中は避けていただいた方が良いに決まってますが




ところで、懐中電灯・電池は周辺のホームセンターなどでは、どこもかしこも品切れで手に入りませんでした



そこで、兵庫県の実家に電話をして、急いで送ってもらいましたが・・・
兵庫県のほうでも、防災用品はかなり品薄になっているようです。



支援物資??

懐中電灯にまぎれてこんなものが・・・


ばあちゃんから孫娘に支援物資のようです

計画停電に関わる情報 3月15日(火)?3月18日(金)
2011年03月15日 (火) | 編集 |
当院は計画停電中も、通常通りに診療をおこなっております。



ようやく細かな計画停電の区画についての情報が出てきたようです。

町田市の計画停電に関わる情報はこちら


これによると、当院の所在する木曽西5丁目は第2グループに所属しております。
第2グループの停電時間について、3月18日までの情報が掲載されております。



<3月15日(火曜日)の停電時間>
午後6時20分?午後10時

<3月16日(水曜日)の停電時間>  (休診日)
午後3時20分?午後7時

<3月17日(木曜日)の停電時間>
午後0時20分?午後4時

<3月18日(金曜日)の停電時間>
午前9時20分?午後1時

3月15日午後0時現在の情報です。今後、変更になる恐れもございます。

上記停電時間も、当院は通常通りに診療をおこなっておりますが、停電中は十分な検査・治療をおこなうことができなくなる恐れがございます。

また、電話もつながりにくくなる恐れもございますので、御愛犬・御愛猫の体調に変化があった際には、なるべく早めに受診いただくことをお勧めいたします。



生まれたよ^^


何かと、今回の計画停電については批難されることの多い東京電力さんですが、未曾有のこの大震災に際して、過去に例を見ない計画停電という特殊な業務を、ぶっつけ本番で、それこそ不眠不休の体制でこなしていらっしゃることと思います。

批難して、改善を求めることも大切ですが、今は「批難の前に、まず応援!」
それぞれの人々が、自分のできる精いっぱいの努力をしつつ、お互いを支えあうことが何より重要なんじゃないかな?と思うこの頃です・・・


3月15日の計画停電について(午前10:30更新)
2011年03月14日 (月) | 編集 |
3月15日の計画停電について町田市ホームページに詳細が掲載されております


こちらによりますと、当院の所在す木曽西は第5グループに所属すると思われ停電は午後0時20分?午後4時の間におきるものと予測されます。

当院の所在する木曽西5丁目は第2グループに所属しているようです。
第2グループの停電予定時刻は午後6時20分?午後10時となっております。

(15日午前10時現在の情報)


当院は、計画停電中も通常通りに診療をおこなっておりますが、停電中は十分な検査・治療をおこなうことができなくなる恐れがございます。
また、停電中は電話もつながりにくくなる恐れがございますので、御愛犬・御愛猫の体調に不安を感じた際には、なるべくお早めに受診いただくことをお勧めいたします。


なお、当院では節電のため、院内の照明・暖房器具の使用を最小限にしておりますので、ご来院時にはなるべく暖かな服装でおこし頂くようお願い申しあげます。

重要なお知らせ ? 処方食・内服薬の物流について
2011年03月14日 (月) | 編集 |
このたびの、東日本大震災により、処方食・医薬品等の物流にも影響が出るもようです。

当院が取引しております複数の業者様でも、「物流センターと連絡がつかない」「配送車のガソリン確保ができない」等の理由により、配送の遅延が見込まれております。


各社様ともに、様々な手段で物流を確保するようにご尽力されておりますが、なにぶん、この非常時のため、どこまで通常の配送業務を維持できるか不明とのことです。


そのため、処方食などをご注文いただく際は、なるべく早めにゆとりを持ってご連絡いただきますようお願い申し上げます


計画停電時の病院業務について
2011年03月13日 (日) | 編集 |
重要なお知らせです


東京電力より、「東日本大震災の被害による電力供給能力の低下を補うための、計画停電」が3月14日より実施されるとの発表がございました。


当院の所在地である町田市は、停電予定地域の第2グループ・第4グループおよび第5グループに所属しております。

第2・第4・第5のどちらのグループに当院が含まれるかは現段階では不明ですが、それぞれ下記の時間帯で停電が発生するもようです。


第2グループであった場合
9:20?13:00  18:20?22:00

第4グループであった場合
13:50?17:30

第5グループであった場合
15:20?19:00


上記停電の時間帯は、血液検査・レントゲン等の検査機器を使用することができず、また当院では光電話を使用しているため、停電時には通話に支障をきたす可能性もございます。

また、懐中電灯なども現在、ごく簡単なものしか準備が無いため、日没後の診療も困難な状況が予測されます。


診療そのものは平常通りにおこないますが、停電時など十分な対応ができない恐れがございますので、御愛犬・御愛猫の体調に異常がみられた場合は、なるべく早めに受診いただくことをお勧めいたします。


なお、避妊・去勢手術・わんにゃんドック等の不急の手術・検査につきましては、電力供給が安定するまでは、安全の確保および検査機器の動作確保が十分におこなえないため、申し訳ございませんが延期をさせていただきます。



平成23年3月14日 更新                                 
谷口動物病院 院長 谷口 雅治

皆さまお怪我はございませんでしたか?
2011年03月12日 (土) | 編集 |
大変な大地震になってしまいましたね


病院も、地震直後から停電で、すべての機能がストップ ( ̄□ ̄;)!!


わんにゃんドックのネコちゃんが1件入っていたのですが、ちょうど検査も終わり、報告書も作成終了し、ちょっとコーヒーで一息という時でした。



幸いにも手術の予定はありませんでしたが、ちょうど、時間帯としては普段手術をしている時間でした。


麻酔器・呼吸器などは非常用のバッテリーがついていますが、それだって何十分も持つわけではありませんので、昨日のように何時間も続く停電の時は大変です

実際には、麻酔器や点滴の機械は電気が無くても動かすことはできるので(かなり不便ですが・・・)、手術の続行は可能ですが、困るのが照明と動物の保温です。

こればっかりは電気が無いことにはどうにもなりません

人間の大きな病院ならともかく、個人の動物病院では自家発電等の設備を持っているところは皆無に等しいのではないでしょうか?

にもかかわらず、命にかかわる入院や手術が日常的にありますので、こういった災害時には非常に不安があります



今回の地震、かなりの規模のようですね。
今後、さらに被害にあわれた方の数はどんどんと増えていきそうです。


私の兄の職場(栃木県)でも、天井が落下し、命を落とされた方がいらっしゃるそうです。


都心部でも、交通が麻痺し、ご自宅に戻れない方がいまだに多数いらっしゃるようです。

当院に通われている方のご家族も、影響を受けた方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


皆さまのご無事をお祈りするとともに、すでに被害にあわれた方のご冥福をお祈り申し上げます。

歯槽膿漏
2011年03月11日 (金) | 編集 |
3月13日(日) 学会出席のため臨時休診とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。




先日、手術をおこなった重度の歯槽膿漏のワンちゃんです。


20110310.jpg


まだ5歳と、それほど高齢ではないのですが、かなりひどい歯槽膿漏です



同じ年齢でも歯の健康状態は、そのワンちゃんの体質・食生活・日ごろの予防ケアによって大きく違いが出ます。


どちらかというと、小型犬のほうが歯周病は多いようです。特に、私の経験上、ヨークシャーテリアが特にひどい歯周病を患うケースが多いように感じます。



20110310 (2)
すでに、半数以上の前歯が抜け落ちてしまっています。





20110310 (3)
20110310 (4)
抜歯した歯。歯石が歯の根元にまで達しています。





全部で13本もの歯を抜かなければなりませんでした


ワンちゃんの歯は、上下あわせて合計42本あるのですが、このワンちゃんは、今回抜いた歯以外にも、すでに歯周病で抜け落ちてしまった歯が多数ありましたので、のこりは15本しか残っていません。


5歳というと、人間の年齢に換算すると、おおよそ30代半ばといったところでしょうか・・・
30代半ばで半分以上の歯を失ったことになります。


歯周病で大切なことは、治療より予防です。

歯石がつきにくいお食事や、歯磨きガムなど様々な予防グッズが出ていますが、一番重要で効果が高いのがブラッシング。

ご自宅での歯磨きに勝る予防はありません

「歯磨きガム」や「歯磨きジェル」のようなものも、効果が無いわけではないのですが、あくまでブラッシングの補助だとお考えください

突然の咳と呼吸困難 ③
2011年03月10日 (木) | 編集 |
「僧帽弁閉鎖不全症」の診断で、「逆流する血液のスピードを計測することで、重症度を判断する」というお話を前回いたしました。



20110304逆流速
こちらは先日とりあげた、肺水腫をおこした症例の測定値。秒速3.32mと出ています。




20110308逆流
こちらは別の症例の測定値。なんと秒速6.26mものスピードで逆流しています。



水鉄砲を思い浮かべてみるとお分かりいただけると思いますが、「一秒間で水(血液)が6mも噴出されるような勢い」・・・って結構な勢いですよね


そう考えると、逆流のスピードが速ければ速いほど、重症な気がしてきますが・・・



実際には、「流速が遅いほど重症」なのです




先ほどの、秒速6mを超える逆流の症例は、実際には初期の僧帽弁閉鎖不全症で、本人はまったく自覚症状がない様子で、元気も食欲もいっぱいです(もちろん、放置しておいて良いわけではありませんよ)



なぜ、流速が遅いほうが症状が重いのか・・・


それは、心臓内の圧力が関わっています。



僧帽弁閉鎖不全症により、血液が逆流をおこすと・・・



左心房圧上昇


逆流してきた血液と、肺から流入する血液(これは正常な血液の流れ)によって、左心房の内圧が高まっていきます


「逆流がひどければひどいほど、左心房の内圧は上がっていく」ことになり、「左心房の圧が上がれば上がるほど、そこへ向かう血液の流れは遅くなる」ということになるのです(圧力の高い左心房に無理やり血液を押し込むことになるため)。


いいかえれば、初期の症例は、まだそれ程に左心房の内圧が上がっていないため、容易に勢いよく逆流することができるのです。


ま、実際にはもっと様々な要因がからんではいるのですが、こういった情報を的確に収集し、その重症度に応じた治療薬の選択をすることが、僧帽弁閉鎖不全症の症例の管理では重要になってきます。

3月13日(日) 臨時休診
2011年03月09日 (水) | 編集 |
ブログでのおしらせをすっかり忘れていました

3月13日(日) 

学会出席のため臨時休診とさせていただきます。



ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

突然の咳と呼吸困難 ②
2011年03月08日 (火) | 編集 |
さて、昨日の続きです。


「僧帽弁閉鎖不全症」ですが、昨日お話ししたように、初期?中期ではなかなか飼い主様が気がつかれるような症状がみられません。
※「僧帽弁閉鎖不全症」について詳しくは、ホームページの「心臓病について」をご覧ください。



そのため、今回の症例のように明らかな異常(咳・呼吸困難)を示した時には、かなり病状は進行してしまっていることがほとんどです。


ご自宅ではなかなか早期発見の難しい病気ですが、実は病院での早期発見はそれ程難しくありません。



症状がまったく見られないような初期の僧帽弁閉鎖不全症でも、聴診器で心臓の音を聴診すれば、かなり高い確率で「雑音」が聴取されるのです。


そのため、狂犬病ワクチンの時や、フィラリ予防の時など、年に数回は動物病院を受診していただくことが重要です。


心臓の超音波画像
20110304弁尖肥厚
○で囲んだ部分が、変形・肥厚した僧帽弁。正常な僧帽弁と比べると、分厚く表面がガタガタになっています。
僧帽弁が変形し、ガタガタになることで「閉鎖不全」がおこります。

20110304弁尖
正常な僧帽弁。




こちらは「逆流」する血液の流速を調べています。
20110304逆流速
秒速3.32mのスピードで、血液が逆流しています。


この「逆流する血液の流速」が遅いか、速いかを調べることで、僧帽弁閉鎖不全症の重症度や、肺水腫をおこす可能性が高いかどうかを読み取ることができます。


さて、「血液の流速」ですが、「速い」のと「遅い」のと、どっちがより重症だと思います??

続きは後日・・・

突然の咳と呼吸困難 ①
2011年03月07日 (月) | 編集 |
「2?3日前から食欲が落ち始め、来院当日の朝からは咳がひどく、なおかつ咳と当時に血液が混ざったピンク色の泡が出る」

ということで、来院されたワンちゃん。


20110304 肺水腫
咳をしている様子。タオルにピンク色のシミがあります。


20110304 肺水腫 (2)
咳とともに、ピンク色の液体が排出されました。


このような咳と、排出液は「肺水腫」に特徴的な所見です。


以前にもとりあげましたが、「肺水腫」は「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓病の症状としてよくみられます。


咳とともに排出されたピンクの液体は、肺の中に浸み出してきた血液中の水分です。





20110304 肺水腫 (3)
肺水腫をおこしたワンちゃんのレントゲン。肺の下半分が白くなっています。
この白い部分が、水分が浸み出した部分です。




肺水腫 治療後
こちらは以前の症例ですが、肺水腫を治療した後のレントゲンです。
肺が黒くくっきりと写し出されています。


「僧帽弁閉鎖不全症」は小型犬に多くみられる心臓病で、10歳を超えたワンちゃんの2?3割で発症がみられるというほどです。


加齢とともに徐々に進行していくことが一般的です。
初期?中期の段階では、あまり目立った症状はなく、健康診断等で偶発的に見つかることがほとんどです。

そのため、明らかな食欲不振や、咳、呼吸の異常など、飼い主様にわかるような症状が出た時には、かなり進行していることがほとんどです。


今回の症例も、1週間ほど前までは特に変わった様子もなく過ごしていたそうですが、来院時には呼吸困難がかなりひどい状態で、即入院治療となりました。

つづく・・・

季節のもの??
2011年03月05日 (土) | 編集 |
この季節になると、糞便検査や尿検査の際に、このようなものが観察されます。

20110304_20110304182948.jpg



なんだか、寄生虫の卵みたいですが・・・



これなんだかわかります


ヒントは「今の季節というと・・・」


正解は↓

















正解は・・・

「スギ花粉」です



糞便検査や尿検査用の検体は、お散歩中にとってきていただくことが一般的なのですが、この季節になると、とってきた便や尿に花粉が付着してくるのです。


新人の獣医さんは大抵これをみてパニックになります


「こんな寄生虫の卵、教科書にのってない なんだこれ???」ってなことになるわけです


変形性関節症
2011年03月04日 (金) | 編集 |
「変形性関節症」という病気をご存知でしょうか

簡単にいえば、お年寄りの方が悩まれている膝や股関節の関節炎・関節痛のことです


お年寄りに限ったことではないのですが、「体重の負荷」や「運動による関節への持続的な障害」などによって、徐々に関節軟骨がダメージを負っていき、発症する病気です


20110304.jpg
変形性関節症を患っているわんちゃんの肘のレントゲン


○で囲んだところに、ピョコッと刺のように骨が出っ張っています。


20110304 2
正常な肘関節には上記のような「刺」は観察されません。


この「骨の刺」は「骨棘(こつきょく)」と呼びます。


変形性関節症では、軟骨の変形や、このような骨棘の発生が特徴的です。


動物の体は、関節の軟骨にダメージが及ぶと、なんとかそれを修復しようとします。
ですが、この変形性関節症では、このダメージの修復がうまくいかずに、軟骨が変形してしまったり、骨棘が形成されてしまいます


こうなると、関節に持続的な痛みが発生したり、関節の動き自体が悪くなってしまい、「散歩に行きたがらない」「歩いているときにびっこをひく」「階段の上り下りがつらそう」といった症状がみられるようになります


肥満傾向の中?大型犬の老犬に多く見られます。



少しづつ進行する病気なので、「年だから散歩に行きたがらないのかな?」「年だし、多少ビッコをひいても仕方がないのかな?」と見過ごされがちな病気でもあります。


ですが、関節に痛みを負っているわんちゃん自身にとっては、非常な苦痛に耐えながら日々を過ごすことになります。


痛み止めの内服薬の使用と、日ごろのリハビリでかなり改善できる病気ですから、気になる症状があったら早めにご相談くださいね

本日のわんにゃんドック
2011年03月03日 (木) | 編集 |
3月1日(火)にわんにゃんドックをおこなった「きなこ」ちゃん




きなこちゃん



歯石クリーニングをご希望されており、その麻酔前の検査をかねてのわんにゃんドックでした。


基本的な体調は問題ないのですが、いくつか気になる点があったので追加検査になってしまいました



でも、歯のクリーニングとはいえ、全身麻酔を必要とする処置ですから、万全の状態でのぞむ必要があります


大切な命がかかっていることですから、「念には念を入れて」の心がけが大切です

正解は・・・
2011年03月01日 (火) | 編集 |
昨日の「桜吹雪の中にあるものが隠れている・・・」の正解ですが・・・

皆さん、見つけられました



正解はこちら



正解


正解2


小さな白ネコちゃんが桜吹雪を見上げているのです


何とも愛らしい・・・



こういう「ニャンコもの」「ワンコもの」ってついつい増えてしまいませんか