町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
本日のわんにゃんドック
2009年02月28日 (土) | 編集 |
2009/02/28

本日のわんにゃんドックはチワワのソラ君です。

ソラちゃん

わんにゃんドックBですので、血液検査・糞尿検査・レントゲン・心電図をおこないました。

大きな問題はなかったのですが、身体検査でごく初期の白内障が見つかりました。

白内障

ちょっと写真ではわかりませんが、右目の黒目のところに薄くクモの巣が張ったような感じで白内障が認められます。

白内障は人間と同じように老化現象の一つです。(例外的に糖尿病や、若い年齢ででるものもあります)

ソラ君はまだ五歳なので、ちょっと早めに出た老齢性の白内障です。
ワンちゃんでも白内障の手術をすることはありますが、私は老齢性の白内障の場合はあまり手術はお勧めしていません。

老齢性の白内障は進行が緩やかなため、それほどすぐには視覚障害はでません。
また、ワンちゃんは人間のようにテレビをみたり、本を読む必要はないので、多少見えづらくても生活に支障が出ることは少ないようです。

もちろん、「すこしでも目が不自由になるのはこまる」となれば手術をするしかありませんが、大きな支障がなければ手術の費用・リスクを考えるとあまり積極的に進めることはしていません。

そのかわりにこれ
アイショット

目の健康に良いとされているサプリメントです。
ブルーベリーやアスタキサンチンといわれる成分を含んでいます。

サプリメントなので劇的な効果は期待できませんが、白内障の進行を抑える効果が期待できます。
過去にもこれを使用してから白内障が改善した症例も経験していますので、今回も飼主様にご説明して、使用を始めていただきました。

実習生
2009年02月28日 (土) | 編集 |
ヤマザキ学園の学生さんが実習にいらっしゃいました。
春休みを利用しての見学・実習です。
(右側のピンクの実習着の方です)
実習生


ヤマザキ学園というのは、動物看護士の短期大学・専門学校です。

動物看護士の方たちは、このような短期大学・専門学校で勉強をされてから、実際の現場に就職していきます。

当院では、こういった学生さんの実習に協力し、彼女・彼らが獣医療の現場を学び、経験を積む手伝いをしていくことも重要なことだと考えています。

今後も希望者があれば積極的に実習・見学に来ていただくつもりですので、ご来院の皆様方にも、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

桃の節句
2009年02月27日 (金) | 編集 |
2009/02/27
待合室に季節感を取り入れたいというスタッフのアイデアです。

桃の節句

可愛らしいお雛様と、桃の花を中心としたフラワーアレンジメントです。
駅前のマリポサというお花屋さんで、希望を伝えてアレンジしてもらいました。
桃の花を中心に、春らしい花々です。
桃の花はまだつぼみですので咲くのが楽しみですね。

とても感じのいい店員さんで、最後にこっそり「お花多めにしておきました♥」とサービスしてくれました。

これなんですか?
2009年02月26日 (木) | 編集 |
2009/02/26

これなんですか?

ホームセンタ?にて購入しました。
工業用のゴムホース。300円です。

れっきとした医療器具としての役割があります。
救急救命医療で使用するのですが・・・

想像つきますか?
[READ MORE...]
にゃんこ THE MOVIE 3 !
2009年02月24日 (火) | 編集 |
2009/02/24
にゃんこ The Movie

ご存知ですか?
「にゃんこ THE MOVIE 3」。ある方からいただきました。

ある方とは・・・
クリぼうず
『サッカー大好き「クリ」』君の飼い主様です。

実は、この「にゃんこ THE MOVIE 3」に出演している「クリ」君は、以前の勤め先の患者さんでした。
私の開院を知って、発売されたばかりのDVDと、お祝いのお手紙を送ってくださいました。
ありがとうございます!

この「クリ」君。DVDでも取り上げられていますが、糖尿病の治療で非常に苦しい思いをしたネコちゃんです。

飼主様の献身的な看病のおかげで、いまはすっかり元気になっています。
とても愛嬌のある子で、私はいつも「クリぼうず」と呼んでいました。

ぜひ、機会があればご覧になってください!


わんにゃん健康管理セミナー
2009年02月23日 (月) | 編集 |
2009/02/23

昨日、22日(日)は「わんにゃん健康管理セミナー」でした。

とても天気のよい外出日和の中、3名の方にご参加いただくことができました。

セミナー

セミナー自体は1時間30分程度で、ワンちゃん・ネコちゃんの日常の健康管理に必要な知識や、高齢期に代表的な病気についてを講義形式でおこないました。

その後は、参加していただいた皆さんの、日ごろのワンちゃん・ネコちゃんの健康に関する質問・ご相談タイム。
少人数での実施でしたので、飼主様同士でも「うちの子はこうなの・・・」「うちの子もこうで・・・」という感じで、とても和やかな雰囲気でおこなうことができました。
思っていた以上にたくさんのご質問・ご相談をいただい、気がつくと終了予定を1時間も超えていました。

そもそも、このセミナーをおこなおうと思ったのは、日々いろんな病気のワンちゃん・ネコちゃんを診察させていただいている中で、

「もう少し飼い主様に病気の知識があったらこの病気は防げたのに・・・」

「もうすこし飼い主様に病気の兆候についての知識があったらもっと早く治療を始めることができたのに・・・」

と思うことが多々あり、「だったら自分自身が飼主様のその知識をお伝えしていこう」と考えたのが始まりです。

ですので、今回のようにセミナーにご参加いただき、たくさんのご質問・ご相談をいただくことはとてもありがたく、嬉しいことです。

次回は4月に開催を予定しております。
ぜひ、皆様のご参加、ご質問・ご相談をお待ちしています!


本日のわんにゃんドック
2009年02月21日 (土) | 編集 |
2009/02/21

おかげさまで「わんにゃんドック」好評です。

昨日、今日と二日続けて「わんにゃんドック」が入りました。

本日の「わんにゃんドック」はヨーキーのなぎさちゃん。

なぎさちゃん

六歳になる子です。
近々、歯石クリーニングを予定しているので、その麻酔前の検査も兼ねての「わんにゃんドック」となりました。

麻酔前の検査としてならわんにゃんドックBで十分なのですが、せっかくの機会だからということで、腹部の超音波検査も含めた「わんにゃんドックC」を受けていただけることになりました。

心電図 身体検査・血液検査・糞尿検査が終わって心電図です。 

レントゲン レントゲンは胸部2方向・腹部2方向の計4枚撮影。

エコー わんにゃんドックCでは腹部内臓器のエコーもおこないます。

報告書 結果は報告書としてまとめてお渡ししています。

特に大きな異常はありませんでしたが、エコーで「胆のう」(胆汁という消化液をためる袋)に「胆泥」(消化液である胆汁がドロドロに固まった状態)が認められました。

胆泥
黄色で囲ったところが「胆のう」。
「胆のう」内の白く濁ったところが「胆泥」です。本来は、「胆のう」内には「胆汁」が充満しており、「胆汁」はエコーでは真黒に映ります。
このエコーでも、白く濁った「胆泥」と黒い「胆汁」が混ざり合っているのがわかると思います。

この「胆泥」は、中?高齢犬で見られることが多く、大抵の子が特に症状もなく、今回のようにエコーをおこなった際にたまたま見つかることがほとんどです。

この「胆泥」を治療するかどうかは意見の分かれるところです。
症状が特にないなら様子を見てもいいのでは? という考えもありますが、この「胆泥」が悪化して、ある日突然「胆のう」の排泄管を詰まらせてしまい、「胆のう」の破裂を引き起こす危険性も考えられます。

私としては、将来何か起きてから治療するよりは、せっかく見つけたんだから、今のうちから治療・予防策をとるべきだろうと考えていますので、そのようにご提案いたしました。

飼主様も早めの対策を望まれたので、利胆剤(胆泥をサラサラにする作用がある)を投与しつつ経過観察となりました。

その他のわんにゃんドックの様子はこちら

学会 TOPICS No3 猫の多発性のう胞腎
2009年02月19日 (木) | 編集 |
2009/02/19

学会 TOPICS 最後は猫の多発性のう胞腎(PKD)です。

遺伝性の腎臓病でペルシャ系のネコちゃんの40?50%に発生が見られるとされています。

エルモ

生後しばらく経ってから、腎臓に「のう胞」とよばれる空洞がボコボコとでき始めます。
「のう胞」は正常な腎臓組織と入れ替わるように発生してくるので、当然、多数の「のう胞」が発生すれば、正常な腎臓組織は失われていきます。

そうして、ある程度進行して、正常な腎臓機能が維持できなくなると、腎不全として症状が出てくるという病気です。

この病気を完全に防ぐ、もしくは治療する方法はなく、大切なのは遺伝させないことです。
ですので、以前からペルシャ系猫のブリーダーさんの間では重要な病気として認識されていますが、一般の飼い主様にはまだ十分に知識が広まっていないのが現状です。

この病気の診断は主に超音波検査・遺伝子診断によっておこないます。
ブリーダーとして繁殖させる目的がなければ、生後間もないころから定期的に腎臓の超音波検査を受けるようにすれば十分かと思います。

そうして、なるべく早い段階で病気の有無・進行状態を把握した上で日常管理(腎臓の保護を目的とした)を行っていくことが重要となります。

学会 TOPICS No 2 シャンプーとストレス
2009年02月17日 (火) | 編集 |
2009/02/17

TOPICS No2 はシャンプーとストレスについてです。

プレゼンテーション1

このグラフは、シャンプー中とシャンプー後のホルモンの変動を表わしたものです。

ホルモンというのは、男性ホルモンや女性ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなど様々な種類があり、体内で分泌され、体内の働きに作用を及ぼす物質のことです。

このグラフで計測しているホルモンは「副腎皮質ホルモン」のことです。

[READ MORE...]
クレジットカード使えます
2009年02月17日 (火) | 編集 |
クレジット


クレジットカード使えるようになりました。

一括払いのみの、お取扱いとさせていただいております。



学会 TOPICS No 1 猫のフィラリア症
2009年02月16日 (月) | 編集 |
2009/02/16

学会トピックスの一つ目はネコちゃんのフィラリア症です。

P1000227.jpg 中央が心臓。両側が肺です。血管の中の白いのがフィラリア。

フィラリアというと、ワンちゃんを飼ってらっしゃる飼い主様にはピンと来ると思いますが、素麺のように白く細い寄生虫で、心臓血管系に寄生する虫です。

写真のように心臓から肺にかけての血管周辺に寄生します。

こんな虫が心臓に寄生すれば、心臓の働きに異常が生じて、心臓病の症状が出てきます。
この虫は血液の中に子虫を生むのですが、それを蚊が血液といっしょに吸って、別の犬を吸血した時に移すようになります。

[READ MORE...]
学会トピックス番外編
2009年02月15日 (日) | 編集 |
2009/02/15

いきなり番外編から始まります。

循環器関連の講演で休憩中に紹介されたYOU TUBEの動画です(^^)
立ち見が出るくらいの人気の講演で、かなりの熱気あふれる会場でしたが、この動画でめちゃめちゃに和んでました。

ぜひ「だるまさんが転んにゃ!」といいながら見てください。




獣医内科学アカデミー
2009年02月15日 (日) | 編集 |
2009/02/15

14日(土)15日(日)と2日間の臨時休診をさせていただき、獣医内科学アカデミーに参加してまいりました。

京王プラザホテル  会場案内

新宿京王プラザホテルでの開催でした。
このアカデミーは、私の所属する獣医循環器学会はもちろん、多数の獣医学会・研究会が合同でおこなう内科系の総合学会となっています。

本学会では、自身の所属学会はもちろん、その他の学会・研究会の発表・講演にも自由に参加できるので、最新の獣医学情報を学ぶ絶好の機会となっています。

展示会

また、企業による展示会もおこなわれるので、こちらも重要な情報収集の場となります。

[READ MORE...]
ペット保険・ペット貯金のお勧め
2009年02月11日 (水) | 編集 |
2009/02/11

急患
火曜の夜、スタッフが帰った後に電話があり、急患がありました。

普段のかかりつけの獣医さんに連絡が取れなかったとのことで、当院での緊急入院となりました。

おそらく子宮蓄膿症と思われ、早急に手術をしなければ命にかかわる状態でした。
しかし来院時のワンちゃんの状態があまりにも悪く(敗血症からのショック状態)、麻酔に耐えられる状態ではないため(それどころか治療しなければ一晩持つかどうかという状態でした)、一晩当院で集中治療をおこない、状態が改善したところでかかりつけの獣医さんのもとに搬送されていきました。
[READ MORE...]
雑誌の山
2009年02月10日 (火) | 編集 |
2009/02/10

今日は新津・竹澤の両名が出勤の日なので、受付・事務仕事は二人に任せて、資料の整理をしています。

雑誌の山 
最新情報を学ぶための獣医学雑誌も数年分たまると場所を取って仕方ありません。
かといって、捨てるわけにもいかない大切な資料なので・・・

雑誌の分解
1ページずつ切り離して・・・

スキャニング  取り込み終了


スキャニング! すぐれものです。あっという間に裏表きれいに読み取っていきます。
皮膚科・腫瘍科・消化器科・・・ 各科目ごとに分類整理して終了。
便利です!

おすすめフード
2009年02月09日 (月) | 編集 |
2009/02/09

ブログの模様替えをいたしました。

さわやかな春の新緑のイメージです。
まだまだ寒い日が続いていますが、梅の花が咲き始めているところもあり、春の訪れを感じますね。

サイエンスダイエット プロ

当院お勧めのフード。Hills社の「サイエンスダイエット プロ」です。

動物病院、一部のペットショップのみで取り扱うことのできる高品質フードで、一般の量販店等では手に入りません。

病気から動物を守る免疫力の強化、健康な歯・健康な皮膚を保つための栄養素の配合など愛犬・愛猫が長く健康で過ごすための配慮がなされています。

谷口家の愛猫ピノも大好きです(^^)

ドライフード1kg 1500円?

1軍・2軍・3軍
2009年02月06日 (金) | 編集 |
聴診器のことです。

聴診器

真中が1軍。左の黒いのが2軍。右端が3軍です。

クラシック? こちら3軍選手のリットマン クラシック?(新生児用)

これは学生時代に実習用に購入したものです。性能は一番落ちますが、チェストピース(胸に当てる部分)が小さくできているので、子犬・子猫の診察にたまに使います。


[READ MORE...]
研修日誌 09年2月4日
2009年02月05日 (木) | 編集 |
休診日ですが、JARMeC(日本動物高度医療センター)に研修に行ってきました。

南武線久地駅でおりて・・・ 久地駅

川沿いの道をあるき・・・   川

途中で猫に出会いました。おそらく、野良でしょうが、実はこの写真を撮る数秒前までカラスがすぐ横にいました。
くちばしが触れそうなくらいにすぐそばにいるのに、この子は全く無関心・・・
                      猫


[READ MORE...]
動物の認知障害(痴呆)
2009年02月02日 (月) | 編集 |
先日の漫画家たらさわみちさんとの対談で話題に上ったのが、動物の認知障害(痴呆)についてでした。

siba2.jpg

ある研究では1992年頃より症例が増え始め、特に1999年から2000年にかけて急増しているという報告があります。

実際に診療していても、ここ数年でワンちゃんの認知症(痴呆)についてご質問いただくケース、もしくは実際に認知症(痴呆)と診断するケースは増えてきているように感じます。
[READ MORE...]