町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
最終日
2008年12月30日 (火) | 編集 |
ph_main.jpg


今日で谷口動物病院の2008年の診療が終了します。

開業してから今日まで2週間。
院内の整理整頓、細かい備品の発注などもあって忙しくしていましたが、ようやく落ち着いてきたところです。

まだ、診療の件数も少なく、スタッフの動きもぎこちない状態ですが、来年も院長含めスタッフ一同、努力を重ねて、質の高い医療サービスを提供していきたいと思います。

皆様、来年もよろしくお願いいたします。

キシリトールにご注意
2008年12月21日 (日) | 編集 |
今日は身近な中毒の危険についてです。
ペットの中毒で身近なものとしてはチョコレート中毒やたまねぎ中毒があります。

キシリトールとチョコ

これらについてはご存知の方も多いと思います。
チョコレート中毒は、チョコレートに含まれるテオブロミンという成分によって、嘔吐や下痢、神経症状が引き起こされます。

たまねぎ中毒では、赤色尿(血尿のようなもの)、貧血といった症状が引き起こされます。
たまねぎのなかの「アリルプロピルジスルファイド」という成分が原因といわれています。

チョコレートは、飼い主様があげるつもりがなくても、留守番中に盗み食いをするケースというのが良くあります。
たまねぎに関しては、たまねぎをそのまま食べるよりは、ハンバーグやすきやきを食べてしまったというケースがほとんどですね。
特に、アリルプロピルジスルファイドはたまねぎ以外にネギ・ニラ・ニンニクなどにも含まれるので注意が必要です。

この二つの中毒に関してはかなり知れ渡っていますが、いまだ飼い主様に十分に知れ渡っていないのがキシリトール中毒です。



[READ MORE...]
休診のお知らせ
2008年12月20日 (土) | 編集 |
肝臓腫瘍
2008年12月18日 (木) | 編集 |
今夜はY動物病院に手術の見学に行きました。

私ともかかわりの深いワンちゃんが肝臓腫瘍の手術をやるとのことで、診療終了後に行ってきました。

大きな手術だったので、Y院長以外に、大学に勤めていらっしゃる先生にも協力していただいての手術でした。
今夜のところは無事におわり、あとは明日以降の本人の回復が気になるところです。

今回手術された子は以前から腎臓病を患っており、腎臓の診察のために超音波検査をおこなったところ、たまたま肝臓に大きな腫瘍が見つかったとのことでした。
血液検査では腎臓の数値に異常が見られたのみで、肝臓の数値には異常がなかったとのこと。
本人の元気も食欲も特別いつもと変わらなかったため、検査を担当した先生もそうとう驚いたようです。

もともと、肝臓腫瘍というのは、かなり進行するまで明らかな症状が見られないことが多いのです。
私も過去に何度か肝臓腫瘍のワンちゃんを担当しました。
「どうも食欲がなくておかしい」とのことで来院されるケースがほとんどなのですが、どの症例もすでに進行しており、外科的な切除が難しい症例ばかりでした。
飼い主様と相談して、積極的な開腹手術はおこなわず、緩和療法をおこなうことが多かったのですが、だいたいの子が半年から1年くらいで天に召されていきました。

ワンちゃん・ネコちゃんでも、人間同様に長生きしていればガンにかかることがあります。
お腹の中にできる腫瘍を自宅で発見するのは困難ですが、皮膚の表面や、口の中にできる腫瘍は自宅でも十分に見つけることができます。

ただ、ワンちゃん・ネコちゃんの背中や頭をなでることはあっても、体の内側、つまりお腹や股やわきの下、口の中というのは見ていらっしゃらない飼い主様が結構多いものです。
できれば、定期的に体の隅々までさわって、できればお口の中まで見てあげてください。

そして、できれば内臓器などにも異常がないか定期的な診察、精密検査というのもお考えいただければと思います。



スタッフ紹介
2008年12月15日 (月) | 編集 |
いよいよ開院となりました。

ひとまずは、獣医師一人と、受付・事務担当、動物看護師の三名でスタートすることになります。

三人力を合わせて、地域獣医療に貢献していきたいと思っています。

スタッフ 新津

看護師として勤務する新津 麻里絵さんです。
彼女はまだ看護学生さんで、来春に卒業予定です。
ですので、来年3月いっぱいまでは研修生として働いていただいて、4月から正規の看護師として働いていただく予定です。

学校との両立になるので、常に病院に勤務するわけではないのですが、とてもよく気が利いて、動物に対しても大変優しく接してくれる彼女は、すぐに谷口動物病院の看護師として欠かせない存在になってくれることと思います。

スタッフ 竹澤

主に受付・事務を担当してくださる竹澤 未樹さんです。
動物病院での勤務経験はないため、動物医療に関してはまだまだ知識不足なのが現状です。
しかし、彼女は接客の仕事を多く経験してきている為、受付で皆様を迎えるには最高の人材だと考えています。
動物医療に関しては、慣れるまでしばらくの間は、皆様にご迷惑をかけてしまうこともあるかと思います。
ですが彼女もよく気が利き、人当たりもよく、もちろん動物が大好きな方なので、すぐに仕事を覚えて病院受付の顔になってくれることと思います。

院長1年目の私を含め、谷口動物病院スタッフ一同、誠心誠意、地域動物医療に貢献できるよう、努力していきたいと思います。
どうぞ、皆様よろしくお願いいたします。

内覧会
2008年12月14日 (日) | 編集 |
12月13日・14日と内覧会を行いました。

内覧会にあわせて、関連業者の皆様、友人・知人、お世話になった獣医師の先生方・・・たくさんの方からお花をいただきました。

受付お花  お花

お花3

たくさんの観葉植物やフラワーアレンジメントで病院が一気に華やぎました。
今回はとくに以前の患者様からお花をいただけたことや、学生時代のアルバイトの仲間たちからお花を贈ってもらったことが何よりもうれしい驚きでした。

もちろん、関連業者の皆様のお心遣いにも感謝の気持ちでいっぱいです。




[READ MORE...]
ようやく完成!
2008年12月10日 (水) | 編集 |
遅れていた看板工事がおわり、ようやく病院が完成しました。

この日は朝五時ごろから看板屋さんが作業をおこなってくれていました。

立て看板作成 立て看板作成 2

既存の看板の上に、巨大なシールを張っていくという作業です。
既存の看板にズレや歪みがあるようで、それを修正しながらの作業となりました。
不安定な足場にもかかわらず、ピッチリとずれなく張られていきます。

[READ MORE...]
スタッフ研修
2008年12月08日 (月) | 編集 |
開院まで一週間を切り、準備も大詰めです。
12月6日(土)7日(日)の二日間でスタッフの研修をおこないました。

研修中

左から主に受付・事務担当の竹澤さん。右側が看護師として働いていただく新津さんです。
(二人のご紹介はまたあらためておこないます。)


[READ MORE...]
機材搬入 2日目
2008年12月04日 (木) | 編集 |
機材搬入2日目です。

心電計やエコー、血液検査機器などが搬入されました。

心電図とレントゲン

まず、こちらはレントゲンと心電計です。
グレーのカバーがかかった機械が心電計で、その隣がレントゲンの操作盤です。
[READ MORE...]
機材搬入
2008年12月01日 (月) | 編集 |
今日から機材の搬入が始まりました。

搬入

朝一番でケージや診察台が運び込まれて、順次、組みつけられていきます。

ケージ組み立て     無影灯


[READ MORE...]