町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
テフロン中毒??
2016年07月30日 (土) | 編集 |
私も最近はじめて知って驚いたのですが・・・




「テフロン中毒」があるそうです。



フライパンなどのくっつきを防止するための加工で、テフロン加工、フッ素加工などと呼ばれていますね。



このテフロンは、本来は熱に強い物質なのですが、加熱しすぎるとガスを発生させるそうです。



400度を超えるような高温になると熱分解されガスが発生するそうなのですが・・・



ある実験では、カセットコンロでテフロン加工されたフライパンを5分間熱しただけで375度に達したそうなので、日常的な使用でもうっかり火にかけたまま放置すると危険だということです。



テフロンが加熱された際に発生するガスは、人で呼吸困難、めまい、吐き気、頭痛、眠気を起こすことが分かっているそうです。
死亡例もあるそうで、恐ろしいことです。



このガスは色もなく、臭いもない為、知らず知らずのうちにガスを吸って体調を崩している方も多くいるようです。




動物医療でも中毒の報告が出ているようです。


特に鳥類はガス毒類に対して感受性が高い為、死亡例も多いようです。


中には、養鶏場でヒヨコが大量死するので調べてみたら、保温に使う電球にテフロンがコーティングされていたという報告もあるそうです。



国内でも、飼主様がテフロン加工されたフライパンを火にかけたまま外出し、翌朝帰宅したらワンちゃんの具合が悪くなっており、その後、残念ながら回復することなく亡くなってしまった事故があったそうです。




病理検査を行った獣医師の報告によると、肺組織に酷い損傷が起きていたそうです。



もちろん、これらの事故はテフロン加工された製品を加熱しすぎたために発生したものであるため、テフロン加工された調理器具が即危険と言うわけではありませんが・・・



ただ、うっかりフライパンを火にかけたまま・・・という失敗はどの御家庭にもあり得ることですので、注意が必要ですね!

合成カンナビノイド中毒
2016年05月31日 (火) | 編集 |
獣医師の医学誌を読んでいると・・・



「合成カンナビノイド中毒」




という見慣れない薬剤中毒の報告を発見。



一体何の薬なんだろう・・・と手元の専門書などを調べてみましたが・・・




該当するものは無し。





仕方ないので、試しにグーグルで調べてみると・・・





なるほど。。。




いわゆる違法(脱法)ドラッグに含まれる成分のようです。




報告の症例は、幸い一命は取り留めたものの、一時は呼吸停止を起こし非常に危険な状態だったようです。




今回の報告は海外の事例でしたが、今後は日本でもこのような報告がでてくるのかもしれませんね・・・






百合根
2016年04月08日 (金) | 編集 |
「百合根」という食材がありますね。


私自身は家庭で百合根を使った料理が出ることが無かったので、食材としてほとんど意識することがなかったのですが・・・



「百合根」。名前の通り、ユリの根です。


・・・で、これが猫ちゃんを飼ってらっしゃるご家庭では、非常に危険な「毒物」になるのです。



このブログでも何度かご紹介してきたかもしれませんが、ネコちゃんがユリ科の植物を摂取すると中毒を起こし、腎臓の尿細管と呼ばれる部分が壊死してしまいます。



ユリ科の植物であれば、花、葉、茎、根などすべてに毒性があるといわれており、葉っぱを2枚食べただけでも死にいたることもあるそうです。



不思議なことに、「ユリ」が毒となるのはねこちゃんだけで、ワンちゃんでは中毒は見られないそうです。
(ワンちゃんではブドウやレーズンで同じように腎臓に中毒を起こすことがあります。)



百合根の旬は晩秋から冬で、正月料理などに使われるそうです。



普段、百合根を食材として御使用になられるご家庭では、良くご注意くださいませ。



百合根に限らず、タマネギやネギ、チョコレート、キシリトールなど、人間では全く問題の無い食材が、ワンちゃんやネコちゃんでは中毒を起こすことがあります。


ヒトとイヌ、ネコと種族が違えば、体の代謝能力も異なってきます。


家族のように接しているワンちゃん、ねこちゃんでも、生物学上は別種の生き物であり、体のメカニズムには異なる部分があることをどうぞお忘れなく!


ブドウ中毒?
2015年04月24日 (金) | 編集 |
ワンちゃん・ネコちゃんが、ブドウで中毒をおこすって御存知でしたか?


「たまねぎ中毒」「チョコレート中毒」など、身近な食品でワンちゃん・ネコちゃんが中毒を起こすことはご存知の方も多いと思いますが、「ブドウ中毒」は、獣医師の間でも知られるようになったのはここ10年くらいですから、まだまだ飼い主様の中には御存じない方も多いかと思います。



ブドウで中毒を起こすと、まず嘔吐や下痢、食欲不振を呈し、摂取後48時間以内に急性腎不全を起こすといわれています。


ただ、まだまだ詳しい事はわかっておらず、どのくらいの量を食べれば中毒を起こすのか? ブドウの中の何の成分に中毒を起こしているのか? など、不明な点がまだ多いようです。



症例数はそれほど多くなく、私も実際に診療したことはなかったのですが、今回、初めて「ブドウ中毒」と思われる症例に遭遇いたしました。



症例は、体重10キロ前後の柴犬。


来院の前日に、レーズン入りのパンを食べてしまったとのこと。


その後、特に様子は変わりなかったそうですが、翌朝(来院当日の朝)になって吐き気がみられたとのことで来院されました。



身体検査では目立った異常は見られませんでしたが、「ブドウ中毒」が疑われたので、すぐに血液検査を行いました。



結果、腎臓の数値に関しては異常は認められませんでしたが、肝臓の数値が上昇。



レントゲン、超音波検査でも急性肝炎を示唆する所見が得られました。



口から摂取された中毒物質と言うのは、まず肝臓を通過してから、全身の血液循環にとりこまれます。



そのため、中毒を起こした時に、まず最初に負担がかかるのが肝臓なのであります。
過去のブドウ中毒の報告でも、急性腎不全だけではなく、肝臓の数値上昇も報告されています。




おそらく、この症例の場合は、このまま治療をしないで放置すれば、次に腎臓の数値の上昇がみられたはずです。




ブドウ中毒では、解毒薬のようなものはありません。




点滴治療を行い、できるだけ中毒物質が体内から排泄されるのを助けつつ、吐き気や下痢などの症状に対して対症療法を行うしかないのです。



そのため、ブドウを食べた量が余りに大量であった場合や、ブドウ摂取後から治療を開始するまでの時間が長く経ってしまった場合は、どんなに治療を行っても救命できないこともあるのです。



幸い、今回の症例では早い段階で治療を始めることができたので、腎臓の数値が上昇することなく、翌日には元気に退院することができましたが、来院されるのが後一日遅れていれば、急性腎不全を起こし、命にかかわっていた可能性もあります。




今回の症例を治療して思ったのは、ブドウ中毒の症例報告が少ないのは、珍しい病気だからではなく、飼い主様がブドウ中毒について御存じない為、急性腎不全に至るほどではない軽度の中毒(下痢と嘔吐のみの症状であるなど)の場合は、病院に来ないまま回復していたり・・・


もしくは病院に来意されたとしても、ブドウ(またはレーズン)を食べてしまったことに飼い主様が気が付いておらず、単なる急性胃炎・腸炎として治療されている場合が多いのかもしれません。


中には、病院に来るのが間に合わないまま亡くなってしまい、原因不明のままということもあるかも知れませんね。



ワンちゃん・ネコちゃんは人間とは全く別種の生物です。


食性や、薬物に対する反応など人間とは異なる点も多く、人間が食べて平気な食物でも中毒を起こすこともあれば、人間用のお薬を与えて中毒を起こす場合もあります。



飼い主様の心情としては、ワンちゃん・ネコちゃんも「家族の一員」というお気持ちだとは思いますが・・・



「そうはいっても別種の動物」であることは、決して忘れてはならないのです。



ブドウの他にも、身近な食品でキシリトール中毒なんてのもあります。


与えるつもりはなくても、「テーブルの上に置いてあったのを盗み食いした」「ゴミ箱をあさって食べてしまった」「カバンの中に入れていたら、顔を突っ込んで食べてしまった」なんて事故も頻発しておりますので、皆様どうぞご注意くださいませ。







エチレングリコール中毒のニュース
2014年08月22日 (金) | 編集 |
ご覧になられた方も多いと思いますが、東京都大田区内で猫の不審死が続く事件があったそうですね。



現場近くの公園に、エチレングリコールが混入された猫の餌のようなものが置かれていたそうで、どうやらそれが原因ではないかということです。



すでにニュースでも報道されていますが、エチレングリコールを摂取すると、運動失調、嘔吐、低血圧、痙攣、腎障害などの症状を引き起こし、死にいたることも多いとされています。



エチレングリコールには甘みがあるそうで、猫は好んで口にする習性があるといわれており、中毒を扱った書籍では、「車の不凍液に含まれているため、日常的に発生がみられる」というようなことが書いてあったりします。



私自身の経験では、過去に一例だけ、猫ちゃんで疑わしい症例がありました。



数日前から食欲がなく、ぐったりとしているということで来院された猫ちゃんです。



来院時には、すでに重度の腎不全を起こしており、様々な手を尽くしましたが、どうにも救命できなかった症例でした。



外出自由の猫ちゃんで、外でどのように過ごしているか全く解らないという状況でしたし、当院にいらっしゃるのは初めてだったので、もともとの健康状態が解らなかったため、確定診断には至りませんでしたが・・・


飼い主様のお話では、数日前までは全く健康にしていたのに、急に様子がおかしくなったということだったので、エチレングリコール中毒の可能性も疑った症例でした。



エチレングリコールは、車の不凍液の他に、一部の保冷剤や、インク、ペンキ、墨汁などにも含まれている場合があるそうなので、そういったものを常備されているご家庭では注意が必要ですね。



なんにせよ、今回は故意に混入された可能性が高いようですから、はやく犯人が捕まってほしいものです。