FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
本日のわんにゃんドック
2018年11月26日 (月) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


わんにゃんドックのご紹介です 



本日ご紹介するのは、MIX犬のラルゴちゃん 



20181126tah01.jpg


来月で11歳になる男の子です 




そして、同じくMIX犬のエレンちゃん 



20181126tah02.jpg


エレンちゃんは12歳の女の子 




二人ともいいお顔ですね 



二人とも保護団体出身で、今の飼主様のもとに引き取られてきたわんちゃんです。



とても躾がしっかりとされていて、検査中もとてもイイ子なんですよ 




二人とも、10歳を超えて、中型犬としては高齢期に入ってきます。



基本的な体調には問題ありませんが、検査をすると気になる数値がチラホラ・・・



今後も注意深い経過観察が必要です。



当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしています 




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




本日のわんにゃんドック
2018年11月05日 (月) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



本日ご紹介するのは、トイプードルのここちゃんです 




10月に9歳になったばかりの女の子 




看護師さんに抱っこされてますが、ちょっと緊張気味の表情ですね 




20181105tah01.jpg



9歳というとワンちゃんにとってはちょうど人生(犬生)の折り返し地点。


そろそろ、いろいろな病気の兆候が表れるころでもあります。


我々人間と同じように、肝臓関連の数値がひっかかったりすることも・・・


ここちゃんも、ちょっとコレステロールの値が高めでしたので、食生活など注意が必要かもしれませんね 



当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしています 


町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


本日のわんにゃんドック
2018年11月02日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


本日ご紹介するのは大きな目が印象的なピース君です 



20181029tah02.jpg



ゴールドの毛並みがとてもきれいですね 



9月に10歳になったばかりのピース君、わんにゃんドックCでしっかりと健康診断です。



実はピース君、脾臓に腫瘤があって、数年前から経過観察を続けているのですが、そちらも大きな変化はないようです。



20181102tah01.jpg



脾臓というのは、結構デキモノができやすい部分。


多くは「結節性過形成」と呼ばれる良性のデキモノですが、中には悪性の場合もありますので油断はできません。


特に、脾臓の腫瘍は出血を起こしやすく、急に状態が悪くなる症例もあるので注意が必要です。



ピース君の場合は、腫瘤の画像上の特徴や、経過から良性の「結節性過形成」の可能性が高いと考えていますが、今後も注意深く経過を見守る必要があります。


当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております 




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



本日のわんにゃんドック
2018年10月29日 (月) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


わんにゃんドックのご紹介です 



まずご紹介するのはトイプードルのラッキーちゃん 


20181029tah01.jpg


10月で6歳になったばかりの男の子です。


子犬のころから当院で定期的な健康診断と歯石クリーニングを受けていただいているワンちゃんです。


とても甘えん坊さんで、スタッフにもよくなついています。お写真もとても良いお顔ですね 


肝心の健康診断の結果ですが・・・すこし肝臓の数値に異常値がでていました 


深刻なものではありませんが、食生活の注意などしながら経過観察、再検査となりました 



我々人間も中高齢になると健康診断で肝臓の数値などひっかかることがよく話題になりますが、ワンちゃんや猫ちゃんも5~6歳を過ぎたころから(人間の年齢に換算すると30代に入ったくらいの感覚でしょうか)肝臓の数値に異常値がみられることが良くあります。

こういった検診で見つかる軽度の異常が深刻な問題につながることは少ないですが


肝臓はよく「沈黙の臓器」などというように、はっきりとした症状がないまま進行し、症状が出始めたころにはかなり酷い状態に・・・ということも少なくありません。


特に自分自身で体調を訴えることのできないワンちゃん・ネコちゃんでは対応が遅れがちです。


定期的な検診で、しっかりとチェックし、経過観察を続けることが大切です 



当院では、皆様の大切なご愛犬、ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしています 



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



本日のわんにゃんドック
2018年10月02日 (火) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

わんにゃんドックのご紹介です 


本日ご紹介するのは、トイプードルのくりまる君です 



181002tah01.jpg




9月でちょうど10歳になったばかりの男の子です 




もともとコレステロールの値が高く出やすい傾向にあり、毎年健康診断を欠かさずに受けていただいています 




今年も多少数値上はひっかかるところはありましたが、基本的には大きな問題は無し 




自分で体調の変化を訴えることのできないわんちゃん・ねこちゃんは、日ごろから定期的に検診をおこなって、体の状態をチェックしておくこと大切です 




当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております 


町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院