町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
ボルト
2013年01月31日 (木) | 編集 |
昨日、娘と二人で「ボルト」を見ていました。



ちょっと前の映画なのですが、ご存知でしょうか?



ディズニーのCGアニメーションで、日本では2009年夏に公開。



30000000002811_l.jpg
「ボルト」 ディズニー映画

あらすじ・・・

ボルトは、驚異のスーパーパワーで少女ペニーを守る使命を負ったスーパー・ドッグ。
人気TVドラマのヒーローであるボルトは、ドラマの世界を現実だと信じ込んでいる。
ある日、ドラマの中でさらわれてしまったペニーを助けようと、生まれて初めてスタジオの外に出たボルト。ノラ猫のミトンズやハムスターのライノに出会い、とうとう衝撃の真実を知る・・・。
(ウォルトディズニースタジオジャパン ホームページより)





外の世界を全く知らずに育ち、自分自身をスーパードックだと信じ切っている主人公「ボルト」が、外の世界で突拍子もないふるまいをしたり、パニックになったりする様子が面白おかしく描かれるのですが・・・




そのワンシーンで、外に飛び出たボルトが、「普通の犬」達とうまくコミュニケーションをとれない様子が描かれています。



あいさつ代わりにお尻の臭いを嗅がれて驚いたり、「遊ぼう」というポーズで遊びに誘われているのに、どう応えてよいか解らずに戸惑ったり。



こういったボルトの世間知らずな様子というのは、この映画の面白さの一つでもあるのですが・・・




そこには、「笑えないもう一つの現実」が隠されていたりするのです。





実は問題行動で困るワンちゃんの多くが、この「ボルト」と同じような境遇にあるのです。





一人暮らしや、共働きのご家庭に迎えられた仔犬ちゃん。




飼い主さんは、朝は8時には家を出て、帰宅は夜5時以降。



その間は、一人でサークルの中でお留守番。



飼い主様が帰ってきても、仕事で疲れていて、すぐお散歩というわけにはいかず。
「小型犬だし、お家の中で走り回っていれば、運動は足りてるよね・・・」




週末にたまに家に誰か来ても、限られた友人や家族のみ。




お家に来て数ヶ月たったところで、「そうだ、ドッグランにつれていこう!」ということになって、出かけてみたものの・・・




普段、一人で留守番するばかりのワンちゃんにとっては、自分の世界は「アパートのリビング」に「数人の限られた人間」という極めて限られた小さな世界。




そのワンちゃんが、いきなり大勢の人、そして普段、出会ったこともないような「犬」達に囲まれて、はたして正常にふるまえるでしょうか?




せっかくドッグランにいっても、怖がって飼い主様のそばで震えるばかり。



友好的なワンちゃんが近づいてきてくれても、ワンちゃん同士の挨拶の仕方も解らずに、唸ったり、場合によっては、パニックのあまり、身を守ろうと相手に噛みついてしまったり・・・



困った飼い主さんは、動物病院やドッグトレーナーに「この子、他のワンちゃんと上手く遊べないんです・・・」
とご相談にいらっしゃったりするわけです。




今までも、何度かお話してきましたが、ワンちゃんというのは社会性を持つ動物です。




正常な心の発育には、幼少期から様々な人や犬と出会い、社会性を身につける必要があります。




社会性を身につけるには、特に「生後5カ月までをいかに過ごすか」が重要だといわれています。



ワンちゃんをお家に迎える際には、こういったことをしっかりと考えておかなければなりません。



それぞれのご家庭の状況が、ワンちゃんを迎え入れ、社会性を学ばせるために、しっかりと時間をとることができる状況なのか?



しっかりと、考えたうえでワンちゃんをお迎えいただきたいものです。




ところで、肝心の映画ですが・・・




大人も子供も楽しめる、とても良い映画でしたよ ^^






手に咬みついて来て困る ②
2011年06月04日 (土) | 編集 |
さて、昨日の続き・・・


子犬が手に咬みついてきて困るというしつけ上のお悩み。


昨日もお話ししたように、基本的には飼い主様が「手に咬みつく行動」を助長していることがほとんどです。


「手に咬みつく行動」を防ぐには、

① そもそも手であやして遊ばないこと

② 咬みつく力を抑制する事を学ばせること

が重要になります。


① そもそも手であやして遊ばないこと

これが最も重要です。

「手に咬みついて困る」とおっしゃる方のほとんどが、日常的に手を子犬ちゃんの前でヒラヒラと動かして遊ぶ遊びをやっていらっしゃいます。

子犬にとっては手に咬みついて遊ぶことが習慣になっているのです。

それを、ある日突然、咬む力が強くなったからやめさせたいと思ってもなかなか上手くいきません。

ですので、そもそも手を使って遊ばないこと。

ただし、子犬にとっては、兄弟犬や人間の手に飛びついたり、咬みついたりするプロレスごっこは重要な遊びです。

子犬を数匹一緒に育てていれば問題ありませんが、そうでなければボールやロープのオモチャなど咬みついて遊ぶオモチャを用意しておく必要があります。
(このオモチャの選び方にも重要なポイントがありますが、それについてはまたいずれ)




② 咬みつく力を抑制することを学ばせること

昨日も書きましたが、子犬は兄弟同士で取っ組み合いのプロレスごっこをする中で、お互いどれだけの力で咬むと相手を傷つけてしまうのかということを自然に学びとります。

強く咬みすぎると、相手が怒って本気のケンカになるかもしれません。もしくは、嫌がった相手が遠ざかってしまい遊びが中断してしまうかもしれません。

そんな経験を繰り返す中で、子犬は「咬む力を抑制すること」を学ぶのです。

本来ならば兄弟同士が遊びの中で学ぶことを、飼い主様がしつけの中で学ばせなければなりません。



方法はいろいろありますが・・・

現在、一般的に推奨されているのが・・・


遊びの中で、子犬が興奮して咬みついてきた時には、「痛い!」と声をあげて、遊びを中断してその場から立ち去ります。

または、飼い主様の気をひこうとして「あまがみ」をするような場合は、一切相手にせず(目も合わせず、声も出さずに)無視し、その場から立ち去ることです。

こういったことを繰り返すことで、「咬みついたら、遊びが中断されたり、無視されたり何もいいことがない」といこと学ばせます。


よく、咬みついてきたら「子犬の鼻をつかんで強く叱る」方法が良いとおっしゃる方もいらっしゃいます。

その方法も間違いではないのですが、子犬が悪いことをしてから、叱るまでのタイミングが素早くなければ効果が出ません。

適切なタイミングで叱ることができなければ、子犬にとってはなぜ叱られているかがわからず、ただ人間に対しての恐怖心だけが残ってしまう場合があります。


ですので、よっぽど犬の扱いに慣れていらっしゃる方でなければ勧められない方法です。



いつもセミナーの時にお話しするのですが、「犬のしつけ」というのは子犬が家にきたその瞬間から始まります。


子犬のしつけにとって、一番重要な時期は生後5カ月までの間といわれています。

子犬の成長は非常に早く、1年で成犬に成長します。

人間で考えていただければわかりやすいと思いますが、人間の基本的な「しつけ」や「人格形成」は小学校や中学校に入る前にある程度できていますよね?

人間では6~12年の時間をかけて、そこまで成長します。

そして、子犬にとっては生後5~6か月が人間でいう小学生~中学生くらいの成長段階なのです。


人間で、中学校入るまでわがままし放題に育って、社会のルールを学ぶ機会の無かった子供が、中学校に行って上手く適応できるでしょうか?

そんな子を、中学校に入ってから団体生活がおくれるように教育するのにはかなりの困難をともなうのではないでしょうか?


ワンちゃんも一緒です。


衝動的に子犬を買ってきて、はじめは「かわいい!かわいい!」の毎日。
その後、数カ月たってから「無駄吠え」や「咬みつき」に困って、「まずい、しつけしなきゃ」と思っても遅いのです。


子犬を飼うためには、「子犬が家に来てから」もしくは「しつけに困ってから」しつけの勉強をしたのでは遅いのです。


「子犬を飼う前に」十分なしつけについての知識を身につけておくことが、ワンちゃんとの楽しい生活を送る上でもっとも重要なポイントになるのです。



手に咬みついて来て困る①
2011年06月03日 (金) | 編集 |
当院では「動物をこれから飼おうと思っていらっしゃる方」もしくは、「飼い始めて1~2か月の方」を対象にした無料相談セミナーを毎月開催しております


次回は6月26日(日)に開催予定。詳しくはホームページをご覧ください。



で、このセミナーで皆さまからよく御相談をいただくのが・・・
「ワンちゃんが手に咬みついて来て困る
というお悩み。


生後数か月のワンちゃんが、遊びの一環として飼い主様の手に咬みついて来て、興奮してくると咬む力が強くなって痛くて困るとのお悩みが多いのですが・・・



さてさて・・・


これはワンちゃんが悪いのでしょうか


興奮しやすい性格のワンちゃんなのでしょうか


凶暴な性格のワンちゃんなのでしょうか


ある程度は、そのワンちゃんのもともとの気質が関わっていますが、実際にはこの問題の原因は飼い主様にあることがほとんどです。



成長期のワンちゃんは、通常は兄弟犬と一緒に過ごすなかで、お互い取っ組み合いをして咬んだり・咬まれたりのプロレスごっこみたいなことをよくおこないます。

そういった遊びを通じて、運動能力を発達させ、将来、自立した時に獲物を自力でとらえる能力を身につけるのです

また、遊びの中で、お互い咬みつきあうことで、「どこまで強く咬んでも大丈夫か?」という力加減を学ぶことになります。


ある程度以上強く相手を咬んでしまうと、相手はキャインとないて嫌がって離れて行ってしまいます。
もしくは、自分が咬まれて痛い思いをすることもあります。


そうすると、「ここまで強く咬んだら相手が嫌がるんだ」ということを学び、「咬む力の抑制」を学ぶことになります。

こういった、遊びを通じた学習というのは幼少期のワンちゃんの成長には非常に重要になるのですが・・・




大抵の子犬は、生後2カ月程度で母犬や兄弟犬から離され、飼い主となる方の御家庭に引き取られます。

そこでは、一緒になって取っ組み合いをする子犬がいないことがほとんどですから、当然、遊び相手は飼い主様になります。

目の前でひらひらと動く手のひらは恰好の遊び相手になります。

はじめのうちは、咬む力が強くないので飼い主様も好きなように手を咬ませていたり、さらに興奮させるように激しく手を動かして遊んだりします。



そんな日々が1~2か月続くと、徐々にワンちゃんの咬む力も強くなってきて・・・

「手に咬みついて来て困る

となるわけです。



これを、ワンちゃんの立場から考えてみると・・・


ある日突然、母犬や兄弟犬と引き離されて見知らぬお家で独りぼっちに・・・


一緒に楽しく遊ぶ兄弟は周りにいない・・・


でも、目の前には何だか楽しそうにひらひら動く手のひらが・・・


「エイッ」と飛びついてみると飼い主さんが「かわいい~」と大喜び

さらに手を動かして遊びを誘ってくる。

そうか!こうやって手のひらに咬みついて遊ぶのは楽しいことなんだ!

激しく飛びついたり、咬みついたりすればするほど皆大騒ぎで楽しそう!

ボク(アタシ)もとっても楽し~!


で・・・1~2か月して咬む力が強くなってきた途端に・・・


「この子、手に咬みついて来て困るんです!咬む力が強くて痛いんです!興奮し出すと手に負えないんです!」なんて言われてしまう。


それまで、さんざん手で遊ぶのをあおっておいて、ある日、然都合が悪くなると凶暴犬扱いです。


これじゃあワンちゃんはたまったもんじゃありません。


この問題には二つポイントがあります。


まず、そもそも手を咬まれていやなら「手で遊ばせない」こと


次に、もっと早い段階で「咬みつきの強さを抑制させるしつけ」をおこなわなければならないということ


ちょっと長くなってしまったので、明日に続きます・・・