町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
膀胱炎の原因色々
2017年02月28日 (火) | 編集 |
季節はすでに春ですが・・・


今日は冬場に多い疾患の一つ、膀胱炎についてです。


寒くなってくると、飲水量が減りがちになるため、尿が濃縮し、尿石症や膀胱炎などのトラブルが起きやすくなると考えられています。



特に、猫ちゃんに多いのですが、血尿や頻尿(トイレに何度も行く)、場合によっては尿道閉塞を起こすこともあります。






膀胱炎の原因として多いのは・・・



まずは、細菌感染による膀胱炎。



20170228tah01.jpg
青い小さなツブツブが細菌。
中央の大きな細胞は「好中球」。炎症が起きたときに出現する細胞です。







細菌感染による膀胱炎は高齢のネコちゃんに多い傾向があります。



次に多いのが、「尿結晶」による膀胱炎。



尿中のミネラル分が結晶化し、その刺激によって膀胱炎が起こります。



結晶は時間が経つと大きくなっていき、肉眼で見えるような「結石」にまで成長することもあります。



20170228tah02.jpg
シュウ酸カルシウム結晶





20170228tah03.jpg
リン酸アンモニウムマグネシウム



尿結晶は原料となるミネラル分によっていくつかの種類がありますが、ワンちゃん・猫ちゃんで多いのはカルシウム系の結晶である「シュウ酸カルシウム」と、マグネシウム系の結晶である「リン酸アンモニウムマグネシウム」です。



「リン酸アンモニウムマグネシウム」は「ストラバイト」という名前で呼ばれることが多いですね。



いずれの原因による膀胱炎でも、症状は共通です。


初めに述べたような血尿や頻尿、もしくは排尿中の痛み、気張っても尿がポタポタとしか出ない・・・といった症状です。


オス猫はペニス先端の尿道が狭くなっているため、単純な膀胱炎から尿道閉塞を起こすことも珍しくなく、放置すると命にかかわることもあります。



上記のような症状がみられた際には、元気・食欲に問題が無くても、なるべく早めに動物病院を受診されることをお勧めいたします。


涼しくなってくると・・・
2016年10月11日 (火) | 編集 |
朝晩すっかり涼しくなって、秋らしい気候になってきましたね。



冷え込みが厳しくなってくると増えてくる疾患が下部尿路疾患。


膀胱炎や、尿石症などです。



一般的には、涼しくなると飲水量が減ってくるために尿が濃縮するので、尿結晶ができやすくなり、下部尿路(膀胱~尿道)のトラブルが起きやすくなるといわれています。



20161011tah01.jpg
膀胱炎の症例の尿検査顕微鏡画像。
ストラバイト尿石の結晶と、細菌が出現。



尿石は、尿中のミネラル分が濃縮→結晶化することで発生します。



尿石の結晶化には食物中のミネラル分や、遺伝的な体質、飲水量、排尿回数など様々な要因があります。


ワンちゃん、猫ちゃんではシュウ酸カルシウムという結晶と、リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)と呼ばれるマグネシウム系の結晶が多くみられます。



ホウレンソウなどアクの強いお野菜にはシュウ酸が多く含まれるそうで、尿石の原因になる場合があります。



また、小魚はカルシウムもマグネシウムも含んでいるので、にぼしなどをオヤツ代わりに与えているワンちゃん・猫ちゃんでストラバイト結晶が出現することが良くあります。



ちょっと意外なのがお豆腐。お豆腐にはニガリ(マグネシウム)が含まれているので、ストラバイト結晶の原因になることがあります。




20161011tah02.jpg
尿石症の症例のレントゲン写真。丸で囲んだ部分が膀胱内の結石。
△印は尿道内の尿石。



顕微鏡レベルの小さな結晶の場合は、食事療法などで治りますが、数ミリ以上の大きな尿石になってしまうと手術が必要になります。(尿石の成分によっては、大きな尿石でも食事療法で溶ける場合もあります。)



20161011tah03.jpg
こんなに大量の尿石になると、すべてを取り除くのはす~~~~~っごく大変です。




膀胱炎や尿石症は、適切な食事管理や、こまめな飲水(ドライフードをふやかす、散歩中に積極的に水を与える等)、こまめな排尿(散歩回数を増やす、猫トイレ砂をこまめに掃除する)など日常の管理である程度は予防できる疾患ですから、ぜひ飼主様には気をつけていただきたいところです。




猫のトイレ
2016年09月30日 (金) | 編集 |
さて、いきなりこちらの写真・・・




20160930tah011.jpg



我が家の愛猫ピノのおトイレでございます。



上の穴から出入りするタイプのおトイレ。猫砂のとびちりが少なく、お掃除がしやすくてなかなかすぐれものなのですが・・・



おそらく、あと数年もしたら使えなくなるかもしれません・・・



というのは、我が家の愛猫ピノは今年で13歳。


あと数年すると、手足に関節痛が出始めて、このように段差を乗り降りしなければならないようなトイレの使用は難しくなるかも知れないのです。



高齢になって関節の節々に痛みが出てきたり、段差の乗り降りが大変になってくるのは人間も猫ちゃんも同じです。



よく、高齢の猫ちゃんの飼主様から


「我が家の猫が、最近おトイレを上手く使えないんだけど、なにか病気かしら・・・?」



と御相談いただくことがございます。



詳しく伺うと・・・


「トレイのそばまでは行くんだけど、トイレの外でしてしまう・・・」


「前足はトイレに入ってるんだけど、お尻がトイレに入りきらずにしてしまう・・・」


なんてことが良くあります。



このようなケースは、猫ちゃんが高齢になってトイレの段差を登りきれなくなってしまった可能性があります。



そんなときには、トイレの段差を低いものにしていただくと、あっという間に問題解決することがございます。

冬になると・・・
2015年12月11日 (金) | 編集 |
さて、この赤い液体。



いったいなんだと思いますか?



20151211tah01.jpg



これは、尿道閉塞で来院されたネコちゃんのおしっこです。



見事な血尿ですね。



この尿を顕微鏡で観察すると・・・



20151211tah02.jpg



多数の血液細胞と共に、尿石の結晶が出現しています。



膀胱炎による血尿と尿結晶です。



オス猫の尿道は1~2mm程度と非常に細い為、顕微鏡レベルの尿結晶や血液細胞でも、それらが塊状になって尿道閉塞を起こすことがあります。



ジャリジャリした尿結晶とネバネバした血液細胞が一体になって砂粒状の塊になったものが尿道に詰まってしまうのです。



尿道閉塞の状態が1日以上続くと、腎臓へ大きな負担がかかり、急性腎不全に陥る場合があります。



今回のネコちゃんは、尿道閉塞の症状が出てから半日程度で処置を行えたので腎臓へのダメージはありませんでしたが、場合によっては命にかかわる疾患です。



一般的に冬場は膀胱炎が増えるといわれています。



寒くなって飲水量が減るため、尿が濃縮し、尿結晶などが生じやすい為と言われているようです。



膀胱炎になると、「頻尿」や「血尿」といった症状がみられます。



「トイレに何度も行くんだけど、ポタポタしかおしっこが出ていない」というのが頻尿ですね。



ポタポタでも尿がでていて、食欲があるうちはまだ良いですが・・・



いくらトイレにいっても、「まったくおしっこが出ていない」、「1~2滴程度しかおしっこ出ない」、「食欲が無い」ような場合はすでに尿道閉塞を起こしている可能性が高いので、早急な治療が必要になります。

膀胱結石の症例
2015年06月22日 (月) | 編集 |
先月に手術をした症例です。



膀胱結石の症例。



今年の1月から膀胱結石だということで、別の病院さんで食事療法を続けていたワンちゃんです。



当院に来院されたのは4月の半ば。



4カ月間、何種類か食事を変更して経過観察していたそうですが、なかなか良くならないということで当院にいらっしゃいました。



20150620tah01.jpg


膀胱内に立派な尿石が・・・



尿石は、そのミネラル成分によって何種類かに分類されます。



ワンちゃん、ネコちゃんで多いのは、ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)というマグネシウム系の尿石と、シュウ酸カルシウムというカルシウム系の尿石です。



ストラバイトは、食事療法で溶解することができるのですが、シュウ酸カルシウムは食事療法や投薬で溶かすことはできませんので、手術で摘出することになります。



どのタイプの尿石かは、尿検査で解ることもありますが、尿検査では判断がつかない場合もあります。


その場合は、1か月ほど食事療法を試して、尿石が小さくなるかどうかを試してみます。


経験上、1か月食事療法を続けても、尿石に変化が無い場合は、その尿石は食事療法で溶けることはないと思います。



今回のワンちゃんは、すでに4か月も食事療法を続けても改善が無いようなので、手術での摘出に踏み切ったほうが良いでしょう。



20150620tah02.jpg



と言うわけで、膀胱結石摘出術。



今回の膀胱結石は、大きめの結石が7個と、細かな砂粒状のものが多数という感じでした。


大きな結石は器具でつまんで簡単に取り出せるのですが、細かな砂粒状の物をすべて摘出するのはなかなか大変です。



「小さなものなら、おしっこにでるんじゃないの?」と思うかもしれませんが・・・



人間と違い、雄犬のペニスには陰茎骨という骨が存在しており、そのせいで小さめの尿石でもひっかかり、詰まってしまうことが多いのです。



上の写真にも、ペニスのところに一本骨が写ってますね。これが陰茎骨。



20150620tah03.jpg



そんなわけで、何度も膀胱洗浄を繰り返して、小さな砂粒状のものも残さずに摘出いたしました。



摘出した尿石は、検査所で分析して成分を調べます。



結果はシュウ酸カルシウム結石でした。


やはり、これでは食事療法をいくら続けても改善は見込めません。


ただし、一度できてしまうと溶かすことができないシュウ酸カルシウム結石ですが、食事療法によって「予防」することはできます。



膀胱結石の症例では、摘出した尿石をしっかりと分析し、今後の再発を防ぐための食事療法を行うことが大切です。