FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
耳洗浄
2018年07月27日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



こちら、あるワンちゃんの耳の中です。



20180727tah01.jpg



耳の中に茶色い汚れが大量に蓄積して、奥が全く見えません。



慢性外耳炎の症例です。



こんな風に耳道内に汚れが詰まってしまうと、通常の耳洗浄では取り切ることができません。



綿棒でのお掃除は論外。



綿棒を奥に進めると、このいっぱいになった汚れはどんどんと奥に押し込まれてしまって大変なことになります。



じゃあ、どうするかというと・・・



201807027tah02.jpg




注射器にカテーテルチューブを取り付けたもので、奥から徹底的にゆすぎ洗いをします。




すると・・・



20180727tah03.jpg




20180727tah04.jpg



洗浄液とともに、茶色い耳垢の塊がドバドバと流れ出てきます。




20180727tah05.jpg



何度か洗浄を繰り返すとこの通り。



ピントが合っていませんが、奥に白っぽく見えるのは鼓膜です。



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

耳毛と耳垢
2018年03月06日 (火) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院

こちらの写真。


ある大型犬の耳の中から出てきた耳垢なんですが・・・



20180306tah01.jpg



なんとも巨大な耳垢の塊です・・・


よく見てみると・・・汚れに毛が絡まっていますね・・・


ワンちゃんでは、耳の奥に毛が生えていることがよくあります。


20171021tah01.jpg


20170912tah01.jpg


この毛に絡まった汚れが排泄されずにどんどんと塊になっていくと・・・


初めの写真のような巨大な耳垢へと成長していくのです。


耳の穴をふさぐほどに巨大化することもあり、それによって重度の外耳炎を起こすケースもあるのです。




町田市 動物病院 谷口動物病院


肛門嚢の自壊
2018年02月17日 (土) | 編集 |
町田市 谷口動物病院ブログ

「肛門腺が破裂する!」


って聞いたことありますか?



肛門腺というのは、ワンちゃん・猫ちゃんの肛門の横に存在する肛門嚢から分泌されます。



臭い付けの役割があるわけですが・・・スカンクでは、この分泌腺の臭いが特別に強烈なのはよく知られた事実。


肛門腺は肛門横にある肛門嚢という袋にためられていて、必要に応じて分泌されるのですが・・・


この肛門嚢の部分に炎症が起きると、袋の中に膿が溜まります。


たまった溜まった膿はそのうちブチュツと肛門嚢の外へ排出されます。


20180217tah01.jpg


それを「肛門腺が破裂した!」とわかりやすく表現するわけですが・・・


けっこうビックリするような大穴がお尻の横に開いていしまいます。


こんな大穴あいて大丈夫なの??


って心配になりますが・・・



しっかりと消炎剤、抗生剤を投与すれば1~2週間で綺麗にふさがります。



肛門嚢炎を起こすと、


「お尻を気にして舐める」


「急に食欲がなくなる」


「お尻の近くを触ろうとすると(痛みから)嫌がる」


などの症状が出ます。


怪しそうな症状があったら、ちょっと尻尾を持ち上げて肛門の状態を確認してみてください。


町田市 谷口動物病院








耳洗浄
2017年10月21日 (土) | 編集 |
こちらは、トリミングショップ帰りのワンちゃんのお耳。


トリミングショップで「お耳の汚れが多いようなので、病院で診てもらった方がよさそうですよ」とアドバイスされていらっしゃいました。



20171021tah01.jpg


トリミングショップで耳洗浄を行った後にもかかわらず、耳の内部に汚れが残っています。


よく見ると、耳の中に生えた毛に汚れが絡まっているのがわかります。


これは、決してトリマーさんの耳洗浄の仕方が悪いわけではありません。



このように毛に絡まった耳垢は、通常の洗浄方法ではなかなかきれいにはならないのです。


こうして蓄積した汚れは、外耳炎の原因となります。



そこで、当院ではこのような器具を使用して洗浄いたします。



20171021tah02.jpg


洗浄液を吸った注射ポンプにカテーテルを取り付けます。


これを耳道内に挿入して、洗浄液の排出⇔吸入を数回繰り返すことで、耳道内の頑固な汚れもこの通り・・・!



20171021tah03.jpg




20171021tah04.jpg


これですっきり綺麗になります!


※この方法は、鼓膜を損傷する危険があるので、事前に耳鏡を用いた耳道内の診察が必要です。


耳道の個体差と外耳炎
2017年09月12日 (火) | 編集 |
ワンちゃんの来院理由で多いものの一つに「外耳炎」があります。


「耳がかゆそう」とか「赤く腫れている」といった主訴で来院されるわけですが・・・


そんなワンちゃんたちの耳の中を観察しているとあることに気づきます。


それは、外耳炎の発症と耳道(耳の穴)の個体差の関係。


外耳炎を起こすわんちゃんの多くが、正常なワンちゃんに比べて耳道(耳の穴)が細長く鼓膜が観察しづらかったり、耳道内に毛が生えていて汚れが溜まりやすくなっているのです。




20150426tah05.jpg



正常なワンちゃんでは、このように奥の鼓膜まではっきり観察できますが・・・





20160728tah06.jpg




外耳炎を起こしやすいワンちゃんでは、耳道が細く奥まっており、鼓膜の観察が困難です。
※写真の症例は外耳炎治療中のため、さらに耳道が腫れて狭くなってしまっています。



また、耳道内に毛が多い症例では・・・



20150426tah07.jpg
耳道内に大量の毛が生えているワンちゃん。トイプードルやミニチュア・シュナウザーに多い。



もう、何も見えません・・・



この毛を抜いてやると・・・




20160331tah02.jpg



こんなに汚れが絡まってこびりついてしまっています。




こちらは、毛の量は少ないですが・・・




20170912tah01.jpg




毛の根元に汚れが残ってしまっているのがよくわかりますね。




外耳炎の原因はアレルギーがかかわるなど様々な要因が複合して発症することが多いのですが・・・



御覧のように耳道が細く、奥まっているような症例や、耳道内に毛が大量に生えている症例では、それだけ耳道内に汚れが溜まりやすく、また通気性も悪くなるため、雑菌が繁殖しやすいと考えられます。



そして、このような症例では、投薬で一時的に症状が治まっても、根本的な原因が耳道の構造にかかわっているため、再発しやすく、難治性に陥りやすくなってしまいます。


外耳炎を繰り返す症例では、こういった耳道の個体差も考慮に入れた治療が必要になってくるのです。