FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
健康診断で見つかった僧帽弁閉鎖不全症の一例
2019年01月11日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




昨年のわんにゃんドックで「心雑音」が見つかったワンちゃん。



9歳になったばかりの男の子です。



まだ明らかな症状はないようでしたが、日を改めて心臓の精密検査です。



ワンちゃんの心雑音の原因は、「僧帽弁閉鎖不全症」であることがほとんど。



心臓内で血流をコントロールする「僧帽弁」が劣化し、弁が「閉鎖不全」を起こす病気です。


弁が上手く働かなくなることで、心臓内の血流に不具合が生じ、「心拡大」や「循環不全」といった問題が出てきます。


病状を正確に把握するには超音波検査が欠かせません。



20190111tah01.jpg


「左室流入血流速波形」。


「僧帽弁閉鎖不全症」の重症度を評価するのに欠かせない検査です。


黄色〇で囲んだ部分の数値(1.31)が測定値。


正常値は1.0前後。僧帽弁閉鎖不全症が重症化するほどこの数値は高くなります。


1.31という数値はそこそこ悪い状態。


この数値が高い状態では、肺に負担がかかり、「肺水腫」という状態に陥りやすくなっていると考えられます。


改めて飼主様に確認すると、「そういえば、最近になって咳をすることが増えてきたかも・・・」


とのこと。これは怪しいですね。


20190111tah02.jpg


こちらは「心拡大」の程度を調べている画像です。


まるで囲った部分、1.87となっていますが、正常では1.0~1.6程度です。


この数値が大きいということは、「心拡大」が起きているという事。


これも「僧帽弁閉鎖不全症」の重症度を評価する一つの指標になります。


これらの計測値と、「最近咳が増えてきた」といいう飼主様のお話から、この症例は一見すると元気そうに見えましたが、治療を開始するべき状態と判断。


内服薬での治療を開始しました。
(僧帽弁閉鎖不全症の治療は内服薬での治療が中心になります)



治療開始後の検査値。


20190111tah03.jpg




20190111tah04.jpg



「左室流入血流速波形」も「心拡大」の指標も改善しているのがわかりますね。


飼主様のお話では、投薬を始めてから咳もでなくなり、散歩も以前よりも元気に行くようになったということでした。


おそらく、本人は息苦しさや運動時の疲れなどの症状を感じていたのでしょうね。


「僧帽弁閉鎖不全症」は命にかかわる疾患ですが、ほとんどの症例で明確に「心雑音」が聴取されるため、一般的な健康診断で早期発見が容易な疾患です。


高齢期の小型犬では、20~30%近くのワンちゃんが発症するとも言われています。


一見元気なように見えても、定期的な健康診断を受けていただくことが大切ですね。



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院





本日のわんにゃんドック
2018年11月16日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


わんにゃんドックのご紹介です 



本日ご紹介するのは、トイプードルのウッディ君 



今月で6歳になったばかりの男の子です 




20181116tah01.jpg



とても人懐っこいワンちゃんで、写真もカメラ目線バッチリですね 


肝心の検診結果は、大きな問題なし 



ただ、年齢的に歯石の付着が進行していましたので、歯石クリーニングをご提案いたしました。



当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしています 



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



心臓腫瘍と胸水
2018年09月29日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



心臓病ということで治療をしていたが、経過が思わしくないということで来院されたわんちゃんです。




本人の状態や、病歴を聞いていると、どうも腑に落ちない点がいくつか・・・



一般的な心臓病にしては様子がおかしいな・・・と思いつつ詳しく調べると・・・



超音波検査で心臓に腫瘍が見つかりました。



20180927tah04.jpg



大動脈の付け根の当たりに3~4cmほどの大きさの腫瘍です。



20180927tah05.jpg



超音波検査だけでこの腫瘍を正確に診断することはできませんが、腫瘍の位置からすると「大動脈小体腫」の可能性が高いと考えられます。



「大動脈小体腫」は転移したりすることは稀ですが、徐々に大きくなり、心臓を圧迫することで心不全を引き起こします。



このワンちゃんも、腫瘍の圧迫による心臓循環不全から胸水の貯留が起きていました。



20180927tah02.jpg




胸に溜まった「胸水」は呼吸を圧迫するため、すぐに抜いてあげなければなりません。




20180927tah03.jpg




このタイプの腫瘍は、外科手術で摘出することは困難で、抗がん剤なども効果的ではないため、対症療法で症状を緩和してあげることしかできません。



こちらのワンちゃんでも、胸水を抜いて、病状に合わせた投薬に変更することしかできませんでしたが、それでもお薬が上手く効いているようで、当院に来院される前よりはだいぶ具合が良くなったようです。




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

高血圧の原因は・・・?
2018年06月12日 (火) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




こちらは、ある猫ちゃんの血圧測定の結果



20180609tah04.jpg


BPと記載しているのが血圧。


当院では、診療時の猫ちゃんの血圧は上(収縮期血圧)が100~160、下(拡張期血圧)が60~100を正常値として判断しているのですが・・・


御覧の通り、上(収縮期血圧)180~190、下(拡張期血圧)100~116とだいぶ高くなっています。



もちろん、病院に来たワンちゃん・ねこちゃんは、症例によっては極度の緊張状態になっている場合もありますので、この一回の測定だけで病的な高血圧と判断するわけにはいきません。


日を改めて、何度か測定します。


・・・ということで、後日改めて測定・・・



20180609tah03.jpg



御覧の通り、かなり血圧が改善しています。



・・・で、ここで注目していただきたいのが血圧結果の上のメモ。



「お子さん一時保育」


そうなんです。


いつもはこの猫ちゃんの診察の時には、小さなお嬢様が一緒なんですが・・・


とってもおしゃべりで活発なお嬢様で・・・


お嬢様がおしゃべりしたりバタバタ動くたびに猫ちゃんはビクビク・・・



そのお嬢様が一時保育で一緒にいないときに血圧を測ると・・・見事に血圧が下がったのです・・・



病院にくる事よりも、お嬢さんの方がストレスになっていたとは・・・



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




心エコー検査
2018年05月07日 (月) | 編集 |
町田市 動物病院 谷口動物病院


聴診の際に心雑音が気になった中高齢の小型犬・・・



10歳前後の小型犬の20~30%程度に僧帽弁閉鎖不全症が見られるといわれています。



心臓内の血流をコントロールする「僧帽弁」の不具合により、心臓内で血液の逆流が起きてしまう病気です。



確定診断を行うには、心エコー検査が必要です。



20180507tah01.jpg
緑色の部分が逆流した血液。



心エコーで僧帽弁周囲の血流を観察すると、弁の隙間から逆流する血液が確認できました。


僧帽弁の不具合は、多くは加齢とともに生じます。


10歳近くなったら定期的な検診で心音を確認し、必要に応じて超音波検査などで詳しく調べることが大切です。



町田市 動物病院 谷口動物病院