町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
冷え込みのせい・・・?
2017年11月21日 (火) | 編集 |
11月も半分が過ぎて、だいぶ朝晩冷え込んできましたね。


そのせいなのか・・・


今週は腰痛症状のワンちゃんが多いようです。


人間同様、ワンちゃんも突然、首や腰が「ピキッ」と痛くなってしまうことがあるようです。



そういったワンちゃんに共通なのが・・・


「数時間前まで元気にしていて、食欲も旺盛だったのに、急に元気がなくなってあまり動きたがらなくなったんです・・・」


我々の腰痛もそうですよね。


さっきまで何ともなかったのに、ちょっとかがんだ拍子とか、重いものを持ち上げようとした瞬間とか・・・


20171121tah001.jpg
椎間板疾患を疑う症例のレントゲン写真。
〇で囲った部分の椎間が、前後の椎間に比べて狭くなっています。
触診で痛みの反応が出る部位と一致しているので、この部分に軽度の椎間板ヘルニアがあるものと推察されます。
確定診断にはCT/MRI検査が必要。




こういったワンちゃんの診察をするときには、首から腰まで慎重に触診をします。


わかりやすいワンちゃんだと、痛いところを触るとキャン!とないたり、怒って咬みつこうとしてくるのですが・・・


中には、病院では必死にこらえて痛みを表に出さないワンちゃんもいます。


ですが、そんなワンちゃんでも慎重に触診をすれば、痛いところを触ったときに体に緊張が見られたり、かすかに息を止めるような様子があったり・・・


そんな様子から症状を判断し、痛み止めを投与すると、1~2時間もするとケロッと元気になってしまいます。


そうすると、やはり言葉で症状を訴えることはできないけど、頑張って痛みをこらえてたんだなぁと思うのであります。


腰痛の原因は、写真の症例のように椎間板ヘルニア(疑い)であったり、単純な筋肉の疲労などが考えられます。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
2017年10月31日 (火) | 編集 |
動物病院で診療していると、特に季節性がある病気でもないのに、なぜか同じような症例が続くことがあります。


今回は、そんななかから副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)という病気をご紹介いたします。

人間では難病指定されており、非常に稀な疾患だそうですが、ワンちゃんでは比較的多く遭遇する疾患です。


副腎皮質と呼ばれるホルモン分泌器官からホルモンが過剰に分泌される疾患で、脳下垂体の異常によってホルモン分泌が過剰になる「下垂体依存性副腎皮質機能亢進症」と、副腎そのものが腫瘍化して異常を起こす「副腎腫瘍性副腎皮質機能亢進症」があります。
・・・漢字が多くて読みにくいですね・・・


20171031tah03.jpg


副腎皮質から分泌されるホルモンは、ステロイドホルモンと呼ばれ、生体に様々な働きかけを行う、生命維持には不可欠のホルモンなのですが・・・


その分、これが過剰に分泌された際には、様々な臓器に影響を及ぼします。


副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)では、多飲多尿、腹部膨満、脱毛、パンティング(息が荒くなる)などといった症状が飼主様が初めに気づく変化ですが・・・


重度になると糖尿病や膵炎、肺血栓塞栓症、脳神経症状など、生命にかかわるような病気を合併することもあります。


診断は血液検査で副腎皮質ホルモンの濃度を測定することと・・・


超音波検査での副腎の観察で行います。
(症例によってはCT検査を必要とすることもあります。)



20171031tah01.jpg



黒く落花生のような形に移っているのが副腎です。


正常犬の副腎のサイズは厚み7mmまでとされていますが・・・写真の症例は9mmとなっていますね。


続いて、こちらは別の症例。


20171031tah02.jpg


副腎のサイズは厚み5.3mmと正常範囲のように見えますが・・・


ホルモンの数値は異常を示していました。


実はこのワンちゃんは体重5キロ以下の超小型犬であります。


小型犬、超小型犬の場合は、7mmに達していなくても異常な場合があります。


体格差の大きいワンちゃんの診療では、こういった点に注意しながら診療しなければなりません。



副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の治療には外科療法と内科療法、そして放射線療法があります。


副腎腫瘍性のクッシング症候群では、副腎腫瘍の外科的摘出が必要になります。


脳下垂体性のクッシング症候群の場合は、脳下垂体の状態によって内科療法、外科療法、放射線療法を選択いたします。


とはいえ、副腎の腫瘍は腹部の動脈を巻き込んでいることも少なくなく、手術が困難なことも少なくありません。


また、脳下垂体の外科治療は、脳外科ですから、どんな病院でもできるわけではありませんし、放射線療法も同様です。



そのため、一般的には内科療法で治療することが多いのではないでしょうか。


耳洗浄
2017年10月21日 (土) | 編集 |
こちらは、トリミングショップ帰りのワンちゃんのお耳。


トリミングショップで「お耳の汚れが多いようなので、病院で診てもらった方がよさそうですよ」とアドバイスされていらっしゃいました。



20171021tah01.jpg


トリミングショップで耳洗浄を行った後にもかかわらず、耳の内部に汚れが残っています。


よく見ると、耳の中に生えた毛に汚れが絡まっているのがわかります。


これは、決してトリマーさんの耳洗浄の仕方が悪いわけではありません。



このように毛に絡まった耳垢は、通常の洗浄方法ではなかなかきれいにはならないのです。


こうして蓄積した汚れは、外耳炎の原因となります。



そこで、当院ではこのような器具を使用して洗浄いたします。



20171021tah02.jpg


洗浄液を吸った注射ポンプにカテーテルを取り付けます。


これを耳道内に挿入して、洗浄液の排出⇔吸入を数回繰り返すことで、耳道内の頑固な汚れもこの通り・・・!



20171021tah03.jpg




20171021tah04.jpg


これですっきり綺麗になります!


※この方法は、鼓膜を損傷する危険があるので、事前に耳鏡を用いた耳道内の診察が必要です。


短頭種気道症候群
2017年10月06日 (金) | 編集 |
こちらは先日歯科処置をおこなったワンちゃんの処置中の写真です。



tan17100601.jpg



歯科処置中の写真ですが、今回、ご説明したいのは呼吸器の問題について。


写真の症例はチワワちゃん。写真を見ていただくと、小さなお口に対して舌がものすごく大きいのがお分かりいただけると思います。


tah17100602.jpg



御覧のように、大きな舌がのどの奥をふさいでいます。



tah17100603.jpg



処置をしていても、大きな舌が邪魔で大変です・・・



この大きな舌は、咽喉、気管の入り口を圧迫し、呼吸障害を引き起こします。


チワワや、パグ、ブルドックなど、鼻が潰れたようになっている犬種を、「短頭種」と呼びます。


短頭種では、頭蓋骨が成長異常を起こすために、あのような特徴的な顔立ちになるのですが・・・


成長異常を起こして短く・小さくなるのは骨格だけで、軟部組織と呼ばれる舌や咽喉周りの筋肉脂肪組織などは「成長異常を起こす前の本来の容量」のままとなります。


たとえて言うと、お弁当の中身の分量はそのままに、お弁当箱が小さくなった感じ。


当然、お弁当箱の中身はぎゅうぎゅう詰めになりますよね。


ぎゅうぎゅう詰めになった軟部組織は、鼻腔や咽頭などの空気の通り道を圧迫します。


そのため、呼吸障害が起こるのです。


こういった、短頭種特有の呼吸障害を「短頭種気道症候群」と呼びます。


パグやブルドックのような犬種が、普段から口を大きく開いて、ゼエゼエと呼吸している様子をご覧になったことはありませんか?


あれは、単に熱かったり興奮しているわけではなく、口を閉じると軟部組織の圧迫でうまく呼吸ができないからというのも一つの原因になっているのです。



鼻ぺちゃで可愛らしい犬種たちではありますが・・・実はこういった犬種は、生まれながらにして一生「息苦しい」生活を余儀なくされていたりするのです。

歯周プローブでの検査
2017年09月22日 (金) | 編集 |
先日歯科処置を行った症例です。


見るからにヒドイ状態ですが・・・



20170922tah01.jpg



歯石を除去してみると・・・お? 綺麗に掃除すれば大丈夫そうかな・・・?


一見すると洗浄だけで大丈夫そうに見えますが・・・


20170922tah02.jpg



歯周プローブ(歯周ポケットの深さを計測する器具)でちゃんと調べなければいけません。



20170922tah03.jpg




プローブがグサッと奥まで入ってしまいます。


つまり、歯の根っこはもうだめになっているということ。



このような歯を、見た目だけ綺麗に磨いても治療したことにはなりません。



残念ですが、抜歯処置となります。



20170922tah04.jpg




歯科処置で大切なのは、歯石を取り除いて見た目をきれいにするだけではなく、しっかりと歯周病の進行度合いを評価して、適切な治療を施すことが一番大切です。