FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
お知らせ
2022年11月13日 (日) | 編集 |
ぶどう中毒
2020年09月19日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院







最近は、SNSなど様々な情報収集ツールがあるため、だいぶ知られてきましたが・・・






ワンちゃん、猫ちゃんは「ぶどう」を食べると中毒をおこします。







20200920tah01.jpg







つい先日も、シャインマスカットを美味しくいただいたわんちゃんが、ぶどう中毒で入院治療となってしまいました。






「ぶどう」の何が原因になっているのかは今のところ不明で・・・






大量に食べてもなんの症状もない子もいれば、ほんの数粒で酷い中毒を起こした症例も報告されており、何らかの特異体質がかかわっているのではないか・・・?とも考えられています。






症状は下痢や嘔吐に加えて、重度になると急性腎不全で命にかかわる場合もあります。





当院の過去の症例では、レーズンパンを食べたワンちゃんで、肝障害を起こした症例もありました。






これから食卓にのぼる機会も増えてくると思いますから、どうぞご注意くださいね。





町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


ニコチン中毒
2020年09月12日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院






イタズラしてタバコを食べてしまったというワンちゃん。







20200912tah01.jpg






ニコチン中毒の症状は、まず摂取後すぐに嘔吐、涎などがみられます。





その後、体内に吸収されるにしたがって神経症状を発現し、最悪の場合は死に至ります。





家庭内でタバコの誤食に気が付いたとき、決してやってはいけないのは水分摂取。





水分を摂取すると、タバコの中のニコチンが溶出してしまい、より中毒症状が悪化する可能性があります。






水を飲ませないように注意して、すぐに病院へ。





病院では、催吐処置で胃内のタバコを出来る限り排出し、薬用活性炭の投与で、できる限りニコチンの吸収をおさえます。





今回のワンちゃんは、幸いタバコの摂取量が少なかったため、嘔吐程度の症状で済みましたが、小型犬では少量でも重篤な症状が出る場合がありますので、よく注意をしなければなりません。





町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院








外耳炎
2020年09月04日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院







耳が赤く腫れて、痒がっているというワンちゃん







20200904tah01.jpg






毛がモサモサしているので良く見えませんが、耳道入り口がかなり腫れています。






耳介表面もガサガサに肌荒れを起こしていますね。






柴犬は外耳炎を起こしやすい犬種です。






耳垢を採取して顕微鏡検査。







20200904tah02.jpg








グラム陽性球菌とマラセチア菌が検出されました。






検出された細菌に対して最適な点耳薬を処方します。






耳の中は閉鎖的な環境なので、一度細菌などが発生してしまうと、直るのには結構時間がかかります。





お薬をつけて良くなったように見えても、1カ月ほどはしっかりと点耳を続けることが大切です。








町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院